There Is No Spoon

        対訳 奇跡のコース      奇跡のコース( 奇跡講座  A Course in Miracles ACIM )テキスト、ワークブック、マニュアルの和訳(日本語翻訳)

レッスン25「私は、何であれ物事が何のためにあるのか分かっていない」

0   0

レッスン25です。

今日のテーマは「私は、何であれ物事が何のためにあるのかわかっていない」です。




昨日のレッスンの自分にとっての最善の利益知覚していないというテーマの続きです。


現在のところ、エゴの観点から私たちが世界に割り当てている「個人的な」利益のせいで、私たちには、世界世界の中の物事が何のためにあるのかわからなくなってしまっているということです。

そこで、このエゴの観点を自分がエゴと一体化してしまっているせいで、取り入れてしまっていることに気づき、世界の一切は自分自身の最善の利益のためにあるということに気づく必要があるとのことです。

今日のレッスンの意味をよく理解するうえで、物事の表面的な意味(電話が遠方の人と通話するため)を超えて、何のためにその物事があるのか(何のためにその人と連絡を取ろうとするのか)を考察することが有益だといいます。

そして、エゴの観点で設定した物事の目標について、それが良いとか悪いという観点でなく、意味がないと気づいて放棄することが肝要ということです。


Workbook Lesson 25

I do not know what anything is for.
私は、何であれ物事が何のためにあるのかわかっていない。






I do not know what anything is for.
私は、何であれ物事が何のためにあるのかわかっていない。


1. Purpose is meaning.
 目的とは意味のことです。

 Today's idea explains why nothing you see means anything.
 今日の考えは、なぜ、あなたの目にするものに何の意味もないのか説明するものです。

 You do not know what it is for.
 あなたは、自分の目にするものが何のためにあるのかわかっていません

 Therefore, it is meaningless to you.
 それゆえ、それはあなたにとって無意味なのです。

 Everything is for your own best interests.
 あらゆるものは、あなた自身の最善の利益のためにあります。

 That is what it is for; that is its purpose; that is what it means.
 あなたの最善の利益のためにあらゆるものがあるのです。あなたの最善の利益こそ、一切の物事が存在する目的です。あなたの最善の利益こそが、すべてのものが意味することです。

 It is in recognizing this that your goals become unified.
 このことに気づくことによって、あなたのいくつもの目標が統合されることになります。

 It is in recognizing this that what you see is given meaning.
 このことに気づくことで、あなたの見ているものに意味が与えられます。




2. You perceive the world and everything in it as meaningful in terms of ego goals.
 あなたは、世界世界の中にあるすべてのものを、エゴの目標の観点から意味のあるものとして知覚しています。

 These goals have nothing to do with your own best interests, because the ego is not you.
 このエゴの目標は、あなたの最善の利益とはまったく何の関わりも持ちません。なぜなら、エゴはあなたではないからです。

 This false identification makes you incapable of understanding what anything is for.
 自分がエゴだと間違って同一化していることで、あなたは物事が何のためにあるのか理解することができなくなってしまっています。

 As a result, you are bound to misuse it.
 その結果、あなたは何であれ、物事を誤用する羽目に陥ってしまっています。

 When you believe this, you will try to withdraw the goals you have assigned to the world, instead of attempting to reinforce them.
 あなたがこのことを信じるなら、あなたは自分が世界に割り当てた目標をより確固たるものにしようとする代わりに、そんな目標を取り下げようとすることでしょう。




3. Another way of describing the goals you now perceive is to say that they are all concerned with "personal" interests.
 あなたが今知覚している目標を違う表現で描写するならば、それらはすべて「個人的な」利益に関するものだと言うことができます。

 Since you have no personal interests, your goals are really concerned with nothing.
 しかし、あなたには個人的な利益など何もないので、あなたの目標は実際のところ、に関わるものでしかありません。

 In cherishing them, therefore, you have no goals at all.
 それゆえ、を大切にしようとすることで、あなたはまったく何の目標も持てないでいるのです。

 And thus you do not know what anything is for.
 こうして、あなたは、物事が何のためにあるのかわからなくなります。



4. Before you can make any sense out of the exercises for today, one more thought is necessary.
 今日の実習についてあなたが少しでも意味を見出せるようになるためには、もう一つ考えてみることが必要です。

 At the most superficial levels, you do recognize purpose.
 最も表面的なレベルにおいては、確かに、あなたは目的に気づいています。

 Yet purpose cannot be understood at these levels.
 しかし、この表面的なレベルでは、目的を理解することはできません。

 For example, you do understand that a telephone is for the purpose of talking to someone who is not physically in your immediate vicinity.
 例えば、あなたは、電話というものが、物理的にあなたのすぐ近くに居ない誰かと話をすることを目的としていると確かに理解してはいます。

 What you do not understand is what you want to reach him for.
 しかし、あなたが理解していないのは、自分が何のために、その人と連絡を取りたいのかということです。

 And it is this that makes your contact with him meaningful or not.
 そして、何のために連絡を取るのかということこそが、あなたがその人と連絡を取ることを意味のあるものにするか無意味なものにするかを決めるのです。




5. It is crucial to your learning to be willing to give up the goals you have established for everything.
 あなたがすべての物事について設定してきた目標を喜んで手放す気になることが、あなたの学びのためにはきわめて重要なことです。

 The recognition that they are meaningless, rather than "good" or "bad," is the only way to accomplish this.
 それらの目標が「よい」とか「悪い」というよりも、無意味であると気づくことこそが、これに成功する唯一の方法です。

 The idea for today is a step in this direction.
 今日の考えは、この方向に向けての一歩です。




6. Six practice periods, each of two-minutes duration, are required.
 6回の実習をしてください。1回あたり、2分間は続けることが必要です。

 Each practice period should begin with a slow repetition of the idea for today, followed by looking about you and letting your glance rest on whatever happens to catch your eye, near or far, "important" or "unimportant," "human" or "nonhuman."
 それぞれの実習時間は、今日の考えをゆっくりと繰り返すことからはじめてください。それから、自分の周囲を見回し、近くであろうと遠くであろうと、「重要」であろうと「取るに足りないもの」であろうと、「人」であろうと「人でないもの」であろうと、あなたの視線を偶然捉えたものであれば何にでも目を留めてください。

 With your eyes resting on each subject you so select, say, for example:
 それぞれの対象物に目を留めながら、例えば、次のように言ってください。


I do not know what this chair is for.
私は、この椅子が何のためにあるのかわかっていない。

I do not know what this pencil is for.
私は、この鉛筆が何のためにあるのかわかっていない。

I do not know what this hand is for.
私は、この手が何のためにあるのかわかっていない。



 Say this quite slowly, without shifting your eyes from the subject until you have completed the statement about it.
 努めてゆっくりとこのように言って、自分がその対象物についての言葉を言い終えるまでは、あなたの目をその対象物から移さないようにしてください。

 Then move on to the next subject, and apply today's idea as before.
 それから、次の対象物へと移ってください。そして、前と同じように今日の考えをあてはめてください。



名称未設定




いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://thereisnospoon.jp/tb.php/88-51fbe7c8
該当の記事は見つかりませんでした。