FC2ブログ

レッスン25「私には、物事が何のためにあるのかわからない」

2013年07月08日
レッスン21〜30 0

レッスン25です。

今日のテーマは「私には、物事が何のためにあるのかわからない」です。




昨日のレッスンの私たちは自分にとっての最善の利益がわかっていないというテーマの続きです。



私たちは、現在のところ、エゴの観点から私たちが世界に割り当てている「個人的な」利益を図ることが物事が存在する意味だと考えています。

そして、この考えのせいで、私たちには、世界世界の中の物事が何のためにあるのかわからなくなってしまっています。

そこで、自分がエゴと一体化してしまっているせいで、このエゴの観点を取り入れてしまっていることに気づき、世界の一切は自分自身の最善の利益のためにあるということに気づく必要があります。

今日のレッスンの意味をよく理解するうえで、物事の表面的な意味(電話が遠方の人と通話するため)を超えて、何のためにその物事があるのか(何のためにその人と連絡を取ろうとするのか)を考察することが有益だといいます。

昨日の、はたらく細胞の観点でいうなら、私たちが「自分」として捉えるのは、人体内での一細胞、世界の中で自分だと思っている一人間、エゴ・身体というアバターです。

この観点から眺めるかぎり、足の小指の細胞にとっては、脳が繁栄しようが眼球が没落しようが自分とは遠くかけ離れた「お上」のお偉いさんの世界の出来事だし、赤血球にとっては、自分が酸素の配達に訪問することがあるかもしれない客先ではあっても、自分とは関わりのないことです。

私たちも、エゴに従うかぎり、個人としての自分や家族や友人さえ安全で裕福に暮らせるなら、ほかの国や自分の知らない他者がどれだけ不幸になろうと関係ないと思い、むしろ、他者は自分たちが幸せになるよう犠牲を払うために存在するとすら考えたりします。

しかし、これがエゴは錯覚で神の子が本当の自分だとすれば、すべては本当の自分である神の子のために存在するのであり、それまで自分だと信じていた小さな自己も、自分の狭い了見で自分を満たすことではなく、万物の一部として神の子のために役立つことが本当の幸せになるということになります。


Workbook Lesson 25

I do not know what anything is for.
私には、物事が何のためにあるのかわからない。





I do not know what anything is for.
私には、物事が何のためにあるのかわからない。



1. Purpose is meaning.
 目的とは意味のことです。

 Today's idea explains why nothing you see means anything.
 今日の考えは、なぜあなたの目にするものが何も意味しないのかそのわけを明らかにします。

 You do not know what it is for.
 あなたは、自分の目にするものが何のためにあるのかわかっていません

 Therefore, it is meaningless to you.
 それゆえ、それはあなたにとって無意味なのです。

 Everything is for your own best interests.
 万物は、まさにあなたの最善の利益のためにあります。

 That is what it is for; that is its purpose; that is what it means.
 あなたの最善の利益のために万物があるのです。あなたの最善の利益に資することこそ、万物が存在する目的です。あなたが最善の利益を得ることに万物の意味があります。

 It is in recognizing this that your goals become unified.
 このことに気づくことによって、あなたのさまざまな目標がひとつに統合されます。

 It is in recognizing this that what you see is given meaning.
 このことを認識することで、あなたの見ているものに意味が与えられます。



2. You perceive the world and everything in it as meaningful in terms of ego goals.
 あなたは、世界世界の中にあるすべてのものについて、エゴの目標という観点から意味を見出しています。

 These goals have nothing to do with your own best interests, because the ego is not you.
 このエゴの目標は、あなたの最善の利益とはまったく関係です。なぜなら、エゴはあなたではないからです。

 This false identification makes you incapable of understanding what anything is for.
 自分がエゴだと間違って同一化しているせいで、あなたは物事が何のためにあるのか理解できなくなっています。

 As a result, you are bound to misuse it.
 その結果、あなたは何であれ、物事を誤用する羽目に陥っているのです。

 When you believe this, you will try to withdraw the goals you have assigned to the world, instead of attempting to reinforce them.
 あなたがこのことを信じるなら、あなたは自分が世界に割り当てた目標を補強しようとする代わりに、そんな目標を掲げるのを取りやめようとするはずです。



3. Another way of describing the goals you now perceive is to say that they are all concerned with "personal" interests.
 あなたが今知覚している目標を違ったふうに描写するなら、それらはすべて「個人的な」利益を求めるものだと言えます。

 Since you have no personal interests, your goals are really concerned with nothing.
 しかし、あなたは個人的な利益を一切持たないので、個人的利益を求めるあなたの目標は、実はを求めていることになります。

 In cherishing them, therefore, you have no goals at all.
 したがって、を大切にすることで、あなたはまったく何の目標も持っていないことになります。

 And thus you do not know what anything is for.
 こうしてあなたは、物事が何のためにあるのかわからなくなります。



4. Before you can make any sense out of the exercises for today, one more thought is necessary.
 今日の実習についてあなたが少しでも意味を見出せるようになるためには、その前に、もうひとつ考えてみることが必要です。

 At the most superficial levels, you do recognize purpose.
 最も表面的なレベルにおいては、あなたは確かに目的を認識しています。

 Yet purpose cannot be understood at these levels.
 しかし、この表面的なレベルでは、目的を理解することはできません。

 For example, you do understand that a telephone is for the purpose of talking to someone who is not physically in your immediate vicinity.
 たとえば、あなたはたしかに、電話というものが、物理的にあなたのすぐ近くにいない誰かと話をすることを目的としていると理解してはいます。

 What you do not understand is what you want to reach him for.
 しかし、あなたがわかっていないのは、自分は何のためにその人と連絡を取りたいのかということです。

 And it is this that makes your contact with him meaningful or not.
 そして、あなたがその人と連絡を取ることを意味のあるものにするか無意味なものにするかを決めるのは、何のためにその人に連絡を取るのかということにほかなりません。



5. It is crucial to your learning to be willing to give up the goals you have established for everything.
 あなたがすべての物事について設定してきた目標を喜んで手放す気になることが、あなたが学ぶためにきわめて重要です。

 The recognition that they are meaningless, rather than "good" or "bad," is the only way to accomplish this.
 それらの目標が「良い」とか「悪い」というよりも、無意味であると認めることが、これに成功する唯一の方法です。

 The idea for today is a step in this direction.
 今日の考えは、この方向に進む一歩です。



6. Six practice periods, each of two-minutes duration, are required.
 6回の実習をしてください。1回あたり、2分間は続けることが必要です。

 Each practice period should begin with a slow repetition of the idea for today, followed by looking about you and letting your glance rest on whatever happens to catch your eye, near or far, "important" or "unimportant," "human" or "nonhuman."
 それぞれの実習時間は、「私には、物事が何のためにあるのかわからない」と、今日の考えをゆっくりと繰り返すことから始めてください。それから、自分の周囲を見回し、近くであろうと遠くであろうと、「重要」であろうと「取るに足らないもの」であろうと、「人」であろうと「人でないもの」であろうと、あなたの視線を偶然捉えたものであれば何にでも目を留めてください。

 With your eyes resting on each subject you so select, say, for example:
 それぞれの対象物に目を留めたまま、たとえば、次のように言ってください。


I do not know what this chair is for.
私は、この椅子が何のためにあるのかわからない。

I do not know what this pencil is for.
私は、この鉛筆が何のためにあるのかわからない。

I do not know what this hand is for.
私は、この手が何のためにあるのかわからない。


 Say this quite slowly, without shifting your eyes from the subject until you have completed the statement about it.
 努めてゆっくりとこのように言って、自分がその対象物についての言葉を言い終えるまでは、あなたの目をその対象物から移さないようにしてください。

 Then move on to the next subject, and apply today's idea as before.
 それから、次の対象物へと移ってください。そして、前と同じように今日の考えをあてはめてください。


名称未設定



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Ken Matsuyama
この記事を書いた人:  松山 健 Ken Matsuyama

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)