There Is No Spoon

ARTICLE PAGE

レッスン26「私の攻撃的な思いが、私の傷つきようのない性質を攻撃している」

レッスン26です。

今日のテーマは、「私の攻撃的な思いが、私のつきようのない性質を攻撃している。」です。





今日のレッスンは、私たちが攻撃によってつきうる存在なのか、それとも、攻撃によってもつきようのない存在なのかを決めるのは、私たち自身の思いの結果であるということを理解することを目標にします。

他者を攻撃することが可能であると信じると、自分を通して影響を及ぼせるものは、逆に、自分に対しても影響を及ぼせるに違いないという法則によって、攻撃する者は、投影によって、自分が攻撃されることを恐れるようになります。

こうして、攻撃できると信じることは、自分のことを攻撃によってつくことが可能な存在と見ることと連動します。

したがって、攻撃的な思いは、自分がつきうる存在だと信じることにつながります。

つまり、攻撃的な思いによって、本来の神の子としてつくことなど不可能な大いなる自己を忘れ、エゴ・身体としての矮小で傷つきやすい自己イメージを抱いて、そのとおりの存在に成り下がってしまうということです。


 このように本来の状態よりも劣った状態だと誤信して、本当であればできることができなくなってしまっている状況について、その誤解を解いて本来の状態を回復させようとするのがコースの神髄であると「世界の終焉」でお話ししたことがあります。

改めて、この点に関するテキストを抜粋しておきます。

「10. あなたがありえない状況の中にいるのは、ただあなたが自分で、そんな状況の中にいることが可能だと思っているからでしかありません。

 もし神があなたの完全さを見せておきながら、その上で、あなたは不完全であったと証明するとすれば、それこそあなたは到底ありえない状況にいることになるでしょう。

 このことは、いかに完全である者であろうとも、自らの完全さを自覚するためには、その完全性だけでは不十分であるということを実証しています。したがって、たとえ全てを持っている者たちであったとしても、助けを必要であり、それゆえに、自分は無力な存在であると信じてしまうことが支持されることになります。

 これが、エゴが操ることに没頭する「理由づけ」の仕方です。」(テキスト 第六章 四 唯一の答え)



つまり、完全な力を持つ神の子は、自分が無力であると信じ込む力も当然備えているので、もしそんなふうに思ってしまったら最後、そのようになってしまうということです。

単に思いを変えるだけのことと言ってしまえば簡単に聞こえます。

しかし、ここから抜け出すのは、容易ではありません。コースが取り組むのがこの課題です。

では、レッスンに入りましょう。



Workbook Lesson 26

My attack thoughts are attacking my invulnerability.
私の攻撃的な思いが、私のつきようのない性質を攻撃している。






My attack thoughts are attacking my invulnerability.
私の攻撃的な思いが、私のつきようのない性質を攻撃している。


1. It is surely obvious that if you can be attacked you are not invulnerable.
 もしあなたが攻撃されうるとしたら、あなたがつきようのない存在ではないことはきわめて明白なことです。

 You see attack as a real threat.
 あなたは攻撃のことを真の脅威として見なしています。

 That is because you believe that you can really attack.
 それは、あなたが、自分は本当に攻撃することができると信じているからです。

 And what would have effects through you must also have effects on you.
 そして、あなたを通して影響を及ぼせるものは、反対に、あなたに対しても影響を及ぼせるに違いありません。

 It is this law that will ultimately save you, but you are misusing it now.
 究極的には、あなたを救うのはこの法則なのですが、今のところは、あなたはこの法則を間違って使ってしまっています。

 You must therefore learn how it can be used for your own best interests, rather than against them.
 だから、あなたは、この法則を、自分の利益に反するようにではなく、自分の最善の利益になるように用いるにはどうすべきなのかを学ばねばなりません。




2. Because your attack thoughts will be projected, you will fear attack.
 あなたの攻撃的な思いが投影されるために、あなたは攻撃を恐れるようになってしまいます。

 And if you fear attack, you must believe that you are not invulnerable.
 そして、もしあなたが攻撃を恐れるなら、あなたは、自分がつかない存在ではないと信じているに違いありません。

 Attack thoughts therefore make you vulnerable in your own mind, which is where the attack thoughts are.
 それゆえ、攻撃的な思いは、攻撃的な思いが存在するあなたの心の中で、あなたのことをつきうるものにしてしまいます。

 Attack thoughts and invulnerability cannot be accepted together.
 攻撃的な思いとつかないことは、一緒に受け入れることはできません。

 They contradict each other.
 攻撃的な思いと傷つかないことは互いに矛盾するのです。




3. The idea for today introduces the thought that you always attack yourself first.
 今日の考えは、あなたは必ず自分自身を先に攻撃しているという考えを導入します。

 If attack thoughts must entail the belief that you are vulnerable, their effect is to weaken you in your own eyes.
 もし攻撃的な思いが、あなたが傷つきうるという信念を導くなら、あなたの目には、自分が傷つきうるという信念の結果があなたを弱めるのが映ることでしょう。

 Thus they have attacked your perception of yourself.
 こうして、攻撃的な思いは、自分自身についてのあなたの認識を攻撃したのです。

 And because you believe in them, you can no longer believe in yourself.
 そして、あなたは自分が傷つきうるものだと信じているので、あなたはもはや自分自身を信じられなくなってしまいます。

 A false image of yourself has come to take the place of what you are.
 あなた自身の間違った自己イメージがやってきてあなたの本当の姿に取って代わったのです。




4. Practice with today's idea will help you to understand that vulnerability or invulnerability is the result of your own thoughts.
 今日の考えを実践することは、あなたが傷つきうるか傷つきえないかはあなた自身の思考の結果であるということを理解するうえで役に立つはずです。

 Nothing except your thoughts can attack you.
 あなたの思い以外の何ものも、あなたのことを攻撃することはできません。

 Nothing except your thoughts can make you think you are vulnerable.
 あなたの思い以外の何ものも、あなたにあなたが傷つきうるものだと思わせることなどできないのです。

 And nothing except your thoughts can prove to you this is not so.
 そして、あなたの思い以外の何ものも、あなたに、これがその通りであることを証明することはできません。




5. Six practice periods are required in applying today's idea.
 今日の考えを適用するには、6回の練習時間が必要です。

 A full two minutes should be attempted for each of them, although the time may be reduced to a minute if the discomfort is too great.
 それぞれにつき、丸2分の練習を試みてください。もっとも、もし不快感が著しいようなら、練習時間は1分程度に省いてもかまいません。

 Do not reduce it further.
 ただし、1分以下には短縮しないようにしてください。




6. The practice period should begin with repeating the idea for today, then closing your eyes and reviewing the unresolved questions whose outcomes are causing you concern.
 実習時間は、今日の考えを繰り返すことから始めてください。それから、目を閉じて、その成り行きについてあなたが気にかけている未解決の問題を再検討してみてください。

 The concern may take the form of depression, worry, anger, a sense of imposition, fear, foreboding or preoccupation.
 その気がかりは、落胆や心配だったり、怒りや義務感であったり、恐れであるとか、嫌な予感であったり、問題に心が奪われてしまうことのような、いろんな形をとるかもしれません。

 Any problem as yet unsettled that tends to recur in your thoughts during the day is a suitable subject.
 1日の内に、あなたの思いに浮かび上がってこようとする未解決な問題であれば、どんなものでも、それは実習の対象としてふさわしいといえます。

 You will not be able to use very many for any one practice period, because a longer time than usual should be spent with each one.
 あなたは、それぞれの実習時間のために、あまり多くの問題を用いることはできないでしょう。なぜなら、一つひとつの実習には、いつもよりも長い時間をかけるべきだからです。

 Today's idea should be applied as follows:
 今日の考えは、次のように適用してください。



7. First, name the situation:
 まず、その状況に名前をつけてください。


I am concerned about ______.
私は、(   )について気にしている。


 Then go over every possible outcome that has occurred to you in that connection and which has caused you concern, referring to each one quite specifically, saying:
 それから、その状況に関連したことで、あなたを心配させている、起こりうる一つひとつの成り行きを自分の心に浮かび上がるかぎり調べて、一つひとつをきわめて具体的に描写するようにして、次のように言ってください。


I am afraid ______ will happen.
私は、(   )が起こるのではないかと恐れている。


8. If you are doing the exercises properly, you should have some five or six distressing possibilities available for each situation you use, and quite possibly more.
 もしあなたがこの練習を適切に行っているなら、あなたは、自分が練習に用いたそれぞれの状況について、想定できる5つか6つの苦痛を味わうような成り行きの可能性を思い浮かべたであろうし、ひょっとしたら、もっとたくさん思い浮かべているかもしれません。

 It is much more helpful to cover a few situations thoroughly than to touch on a larger number.
 たくさんの数をこなすよりも、少数の状況を徹底的に取り上げるほうがずっと有益です。

 As the list of anticipated outcomes for each situation continues, you will probably find some of them, especially those that occur to you toward the end, less acceptable to you.
 それぞれの状況についての想定できる成り行きのリスト作りが続くにつれ、あなたはたぶん、とくにリスト作りの終盤にあなたの心に浮かんだ成り行きは自分にとってより受け入れがたいものだということに気づくでしょう。

 Try, however, to treat them all alike to whatever extent you can.
 とはいえ、あなたにできる範囲でよいので、それらの成り行きをすべて同じように扱うように努めてください。




9. After you have named each outcome of which you are afraid, tell yourself:
 あなたが恐れている一つひとつの成り行きに名前をつけたあと、次のように自分に言い聞かせてください。


That thought is an attack upon myself.
あの思いは、私自身に対する攻撃だ。


 Conclude each practice period by repeating today's idea to yourself once more.
 それぞれの実習時間は、今日の考えを自分にもう一度繰り返して締めくくってください。



名称未設定





いつも読んでいただき、ありがとうございます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへ
ポチリよろしく!


ポチッとお願いします!
関連記事
義務感自己イメージ攻撃法則利益

Comments 0

Leave a reply