1. T17-3 過去からの影たち

    T17-3 過去からの影たち

    Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation.ほとんどの人々は、実はその人とは別の人間である。彼らの思考はほかの誰かの意見であり、彼らの人生は誰かの人生の模倣で、彼らの情熱は他者の情熱を引用したものだからだ。Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wildeオスカー・ワイルドもしも自分自身の生き方を観察するなら、あなたは人に従う以外の...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン272「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」

    レッスン272「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」

    権威は、それが信念や伝統の権威であろうと、あるいは道徳と呼ばれている習慣によるものであろうと、どれも邪悪なのである。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティよい人と一生安らかにいたとて、一生この世の栄耀をつくしたとて、所詮は旅立する身の上だもの、すべて一場の夢さ、一生に何を見たとて。(第20詩)オマル・ハイヤーム 「ルバイヤート」Weak? 弱さだって?Oh, I am sick of hearing that phrase. ああ、私はそ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン271〜280 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T11-3 闇から光へ

    T11-3 闇から光へ

    It is one of the most beautiful compensations of this life that no man can sincerely try to help another without helping himself.誰であれ、真摯に他人を助けようとすれば、必ず自分自身をも助けることになるというのは、人生の最も美しい報酬のひとつである。Ralph Waldo Emersonラルフ・ウォルドー・エマソンBe humble for you are made of earth. 謙虚でありなさい。なぜなら、あなたは土から作られたのだから。Be nobl...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T7-9 王国の拡張

    T7-9 王国の拡張

    Selfishness is not living as one wishes to live, it is asking others to live as one wishes to live.利己主義とは自分が生きたいと望む通りに生きることではない。それは、自分の望み通りに生きるように、他者に強制することなのだ。Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wildeオスカー・ワイルド自分自身に対する愛が愛することの基本です。自分への愛なしに他人を愛そうとしても失敗に終わります。自分に愛を与えることで、私た...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第7章(王国の贈り物) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T16-1 真の共感とは?

    T16-1 真の共感とは?

    Anybody can sympathize with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathize with a friend’s success.誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし、友人の成功に共感を寄せるには、優れた資質が大いに必要だ。Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wildeオスカー・ワイルド 共感とは、相手の視点に立ってみることである。相手の目で物事を眺め、相手の見ている世界を見ることである。Step...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第16章(幻想を赦す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    Honesty is the first chapter in the book of wisdom. 正直さは、英知の書の第一章である。Thomas Jeffersonトマス・ジェファーソンThe liar’s punishment is, not in the least that he is not believed, but that he cannot believe anyone else嘘つきが、人から信じてもらえなくなることは、彼の受ける罰としてはささやかなものだ。むしろ、ほかの誰のことも信じられなくなってしまうことこそが彼の受ける真の罰なのだ。George...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿