1. T6-5C 神と神の王国にのみ注意を向ける

    T6-5C 神と神の王国にのみ注意を向ける

    注意力とは明澄さであり、あらゆる思考をはさまない澄んだ直覚に他ならない。思考は常に死んだ過去に根ざしているから、決してそのような明澄さをもたらすことはできない。それゆえ思考は無明の闇の中の行為なのである。そしてこのことに気づくことが注意力の働きである。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティThe 'kingdom of God' is not something one waits for; it has no yesterday or tomorrow, it does not come...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第6章(愛のレッスン) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    Since no man is excluded from calling upon God the gate of salvation is open to all. 神に助けを求めることから誰ひとり除外されてはいないのだから、すべての人に救済の門は開かれている。There is nothing else to hinder us from entering, but our own unbelief.私たちがその門の中に入るのを妨げるものは、何ひとつ存在しない。あるとすれば、それは私たちの自己不信だけだ。John Calvinジャン・カルヴァンレッスン18...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T10-Intro すべてはあなた次第!

    T10-Intro すべてはあなた次第!

    There is not one blade of grass, there is no color in this world that is not intended to make us rejoice.この世界には、一枚の草の葉、一色の色として、私たちを喜ばせるために作られていないようなものは何も存在しない。John Calvinジャン・カルヴァン今回は、テキスト第十章の序論をご紹介します。神の法を免れることはできない1.「You can violate God's laws in your imagination, but you cannot escape from them. ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第10章(病の偶像) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿