1. W2ST-6.キリストってなに?

    W2ST-6.キリストってなに?

    God sent Jesus as an example to see if we could retain and maintain the Holy Spirit in human flesh. 神がイエスを遣わしたのは、模範となって、私たちが人間の肉体の中でも聖霊を失わずに維持し続けられることを示すためだったのだ。Benny Hinnベニー・ヒンワークブックパート2から6「キリストとは何か」をご紹介します。キリストとはあなたのことです!が参考になると思います。キリストとは?キリストとは神の子のことで...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T27-5 癒しの手本

    T27-5 癒しの手本

    It has been said that time heals all wounds. 時が傷を癒すというふうに言われる。The truth is that time does not heal anything. 真実は、時間は何ものをも癒すことはない。It merely passes. 時間は単に経過するだけだ。It is what we do during the passing of time that helps or hinders the healing process.時間が経過する間に私たちがなすことが癒しをもたらすのだが、時間の経過は癒しの過程を助けることでこのことが...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第27章(夢を癒す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T4-4 そうである必要はない

    T4-4 そうである必要はない

    Life is a series of thousands of tiny little miracles.人生は、無数の小さな奇跡が連なって成り立っている。Be mindful of them. 小さな奇跡を見逃さないようにしなさい。Jeremiah Sayジェレミア・セイ朝起きた時から順を追って、今日一日にあったことをすべて思い出します。一つひとつの出会い、出来事をもう一度見つめ直してください。この時、自分自身や誰かを責めることなく、客観的な第三者の目で見つめることが大切です。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T19-4D 平安への障害4

    T19-4D 平安への障害4

    I’m an atheist and I thank God for it.私は無神論者だが、自分が無神論者でいられることについて神に感謝している。George Bernard Shawジョージ・バーナード・ショー苦しい修行の末に賢人ナーラダはヴィシュヌ神に次のように言った。「私は錯覚を克服できるようになりました。」ヴィシュヌ神はナーラダに錯覚の真の力(ヴィシュヌ神の持つマーヤーという不思議な力)を見せてやろうと約束した。朝、目覚めると男性のナーラダは...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン269「私の視覚は、キリストの顔を見るようになる」

    レッスン269「私の視覚は、キリストの顔を見るようになる」

    あなた自身の本当の〈顔〉は、絶対的に何もないスクリーンであり、絵の描かれていないキャンバスであり、ガラスのない鏡であり、絶え間なく続く人間や動物の顔を、跡形もなく取り込んでは瞬間的に捨てる用意ができていないだろうか。また、驚くほどの見事さで、最も細部に至るまで、順番にそれぞれの顔になる準備が常にできていないだろうか。あなた自身の〈顔〉は、かつて一度でも、幼児の顔として生まれ、大人の顔に成長するとい...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン261〜270 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン223「神は私の生命だ。私は神の生命しか持っていない」

    レッスン223「神は私の生命だ。私は神の生命しか持っていない」

    人生に執着する理由がなければないほど、人は人生にしがみつくものだ。デジデリウス・エラスムス山川の末に流るる橡殻(とちがら)も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ空也上人レッスン223です。「神は私の生命だ。私は神の生命しか持っていない」が今日のテーマです。レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。実在と実在の不在この世界で対立する二極は、天国で実在する一極が障害に阻まれることで影...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T26-4 天国の門

    T26-4 天国の門

    God does not require a perfect, sinless life to have fellowship with Him, but He does require that we be serious about holiness, that we grieve over sin in our lives instead of justifying it, and that we earnestly pursue holiness as a way of life.神は、神との友好関係を持つために完璧で潔白に生きることを要求したりしない。ただし、私たちが本気で神聖であろうとすることを神が求めているのは確かだ。そうす...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン169「神の慈悲によって私は生きる。慈悲によって私は解放される」

    レッスン169「神の慈悲によって私は生きる。慈悲によって私は解放される」

    When you hold resentment toward another, you are bound to that person or condition by an emotional link that is stronger than steel.あなたが他者に恨みの気持ちを抱くと、あなたは、鉄よりも強固な感情的な絆によって、その人物や状況に束縛されてしまいます。Forgiveness is the only way to dissolve that link and get free.赦すことだけがその絆を溶かして自由になれる方法です。Catherine Ponderキャサリン・ポンダ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン161〜170 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン157「神の臨在の中へと、私は今こそ入ってゆく」

    レッスン157「神の臨在の中へと、私は今こそ入ってゆく」

    Each of us has an inner room where we can visit to be cleansed of fear-based thoughts and feelings.私たち一人ひとりが、恐れに基盤を置いた思考や感情の穢れを洗い清めるために訪れることのできる内なる部屋を持っています。This room, the holy of holies, is a sanctuary of light. 神聖さの中の神聖さと言えるこの部屋こそ、光の聖域です。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン157です。「神の臨在の...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン151「すべての物事は、神に代わって語る声のこだまだ」

    レッスン151「すべての物事は、神に代わって語る声のこだまだ」

    God lets everything happen for a reason. 神がすべてのことを起こるに任せているのは、ゆえあってのことだ。It's all a learning process, and you have to go from one level to another.それは、すべては学びのプロセスであり、あなたはあるレベルからつぎのレベルへと進まなければならないということだ。Mike Tysonマイク・タイソン災難に遭う時節には災難に遭うがよく候。死ぬる時節には死ぬがよく候。これはこれ災難を逃る...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿