1. S2-1 自分自身を赦す

    S2-1 自分自身を赦す

    鏡を見ないかぎり、人は一生自分の目を見ることはできない。つまりそれは鏡を見なければ自分自身の本当の姿は一切わからないという、この世のシステムを表しているんだ。ROSSCO(「すべてを幸せにする鏡の奇跡 この世はミラーワールド」29ページ)ゆるしとは加害者が悔恨の情を示す、示さないにかかわらず、自ずとなされるものなのです。実際もし、あなたが「彼らをゆるしている」と言ったならそれは、かえって逆効果です――相手は...

    祈りの歌 このカテゴリ一覧を見る
    祈りの歌 第2章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. S1-4 他者とともに祈る

    S1-4 他者とともに祈る

    あらゆる誘惑のなかでいちばん強い誘惑は、要するに本来の自分とはまるで異なったものでありたいと望み、かつ自分の到達できない、また到達してはならないような規範や理想を追うことです。Hermann Hesseヘルマン・ヘッセBe — don't try to become在るのだ。なろうとしてはならない。OSHOIt is better to be hated for what you are than to be loved for what you are not.本当の自分ではない偽りの自分であることによって愛され...

    祈りの歌 このカテゴリ一覧を見る
    祈りの歌 第1章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T27-1 磔刑の絵

    T27-1 磔刑の絵

    芸術家や詩人の課題は、デーモンや暗闇の経験を十分に書き、名付けることだというのが私の意見です。どっちみち、私はグリューネヴァルトやヒエロニムス・ボッシュやゴヤの絵を断念したくありません。私がとりわけ高く評価する著者に、ゲーテとヘルダーリンだけでなく、カフカとベケットも入ります。Michael Endeミヒャエル・エンデたとえば、あなたの個人的な使命を果たすには、虐待行為のはびこる家庭に生まれ、身をもって虐待を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第27章(夢を癒す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T23-4 戦場の上空へ

    T23-4 戦場の上空へ

    怒りに固執するのは、薪の燃えさしを相手に投げつけようとして握りしめるようなものだ。結局、それによってやけどを負うのは自分自身なのだ。仏陀怒りなどの感情をコントロールしようとするのは無駄である。感情は「排泄物」なのだ。「排泄物」を操作しても何も変わらないだろう。Alfred Adlerアルフレッド・アドラー人々が怒りを手放したり、解放したりすることについて話すときはいつでも、実際にはそれを排除しようという意味で...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T22-3 誤りの形

    T22-3 誤りの形

    We can always find something to be thankful for, and there may be reasons why we ought to be thankful for even those dispensations which appear dark and frowning.私たちはつねに感謝すべき何かを見つけることができる。だから、たとえ天の施しが眉を顰(ひそ)めるべき災厄のようにしか見えなくても、そこには、私たちがそれに感謝すべき理由がきっとあるはずなのだ。Albert C. Barnesアルバート・バーンズThe Fates gu...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  6. T24-5 あなたの中にいるキリスト

    T24-5 あなたの中にいるキリスト

    平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが、すなわち非凡なのである。アンドレ・ジッド自分自身の中にキリストを見ること投影のメカニズムは、私たちの影の部分だけが投影されるわけではないと認識するのは重要なことです。私たちは、自分自身について気に入って入るものの、なかなか受け入れられない部分も他者に投影します。こうして、私たちは投影した相手のなかに、自分自身の内なる美しさ、創造的な才能、知性などを見出...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T28-6 秘密の誓約

    T28-6 秘密の誓約

    トゥイードルダムとトゥイードルディーが一戦交えるごとに「同意」したときのように、「白と黒」のゲームに不可欠なトリックというのは、パートナーたちにその一体性を隠し、可能なかぎり別もののように見せかけるための、極秘の申し合わせである。それはちょうど、観客たちがほんとうの喧嘩だと信じ込みかねないほどうまく演じられる、ステージ上での喧嘩のようなものだ。外見上の明らかな差異の裏に隠されているのは、ヴェーダー...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン242「今日は神の日だ。今日という日は、神に捧げる私からの贈り物だ」

    レッスン242「今日は神の日だ。今日という日は、神に捧げる私からの贈り物だ」

    He is a wise man who does not grieve for the things which he has not, but rejoices for those which he has.自分が持っていないものを嘆くことなく、持っているものを喜ぶことができるのは賢者である。Epictetusエピクテトス現実という鏡あなたは常に自分のちっぽけな意図を使って、物事に直接働きかけています。人に愛してもらいたい、尊敬してもらいたい、助けてもらいたい、何かを与えてもらいたいと思っている場合、まる...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン241〜250 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある」

    レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある」

    誰かに腹を立てたときはいつでも、ゆるす機会だと認識していなければなりません。あなたを怒らせる相手は、あなたの中にある癒されるべき何かに共鳴しているかもしれず、その場合、そう考えることを選択すれば、つまり自分の見方を変えたいと思えば、相手からの贈り物をもらえるのです。その状況はまた、誰かに似たようなことをされた過去の出来事を再現している可能性もあります。もしそうであるなら、今相手にしている人物は、そ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    Without self knowledge, without understanding the working and functions of his machine, man cannot be free, he cannot govern himself and he will always remain a slave.” 自己を知ることなしに、自分の機械の働きや機能を理解することなしに、人は自由にはなれないし、人は自分自身を支配できず、人は奴隷であり続ける。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフ「人間としての自我」は自分と他人との違いを明らかにし、さ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. T2-1 分離の起源

    T2-1 分離の起源

    人を相手にせず、天を相手にせよ。西郷隆盛There is nothing more ancient than the truth.真理よりも古くからあるものはほかに何もない。René Descartesルネ・デカルトIn the stillness of your presence, you can feel your own formless and timeless reality as the unmanifested life that animates your physical form. あなたの存在という静寂の中で、あなたは形もなく時間も超越した本当の自分自身を感じることができます...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. 無条件の愛

    無条件の愛

    A day wasted on others is not wasted on one’s self.他者のために消費した一日は、自分のためだけに浪費した一日とはわけが違う。Charles John Huffam Dickensチャールズ・ディケンズ・恋愛がうまくいけば自分を愛せるのに。・成功したら自分を愛せるのに。・痩せたら自分を愛せるのに。・もっとお金を稼げたら自分を愛せるのに。・あの学位がとれたら自分を愛せるのに。・あの新車が手に入れば、またはあの新しい家に住めたら、...

    未分類 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

    T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

    Guilt’s just your ego’s way of tricking you into thinking that you’re making moral progress. 罪悪感を抱かせることは、あなたに自分がより道徳的になれたように思い込ませるために、あなたのエゴがあなたを騙すために使う方法なの。Don’t fall for it, my dear.親愛なるあなたには覚えておいてほしい。そんなエゴの手に引っかかっちゃだめよ。Elizabeth Gilbertエリザベス・ギルバートテキストから、エゴが罪悪感をどのよう...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだけだ」

    レッスン65「私の唯一の役目は、神が私に与えたものだけだ」

    Each of you should use whatever gift you have received to serve others, as faithful stewards of God’s grace in its various forms.あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのですから、神のさまざまな恵みの善き管理者として、その賜物を生かして互いに奉仕しなさい。The First Epistle of Peter 4:10ペテロの手紙 第4章10節身体の各器官は全部が全部同じ機能(はたらき)をするものではないが、いずれも同一身体のもの...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン61〜70 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」

    レッスン31「私は、自分の見ている世界の被害者ではない」

    It is something to be able to paint a particular picture, or to carve a statue , and so to make a few objects beautiful; but it is far more glorious to carve and paint the very atmosphere and medium through which we look.独特の絵を描いたり、彫刻したりというように、いくらかの対象物を美しく仕上げる工芸の才能があるというのはすばらしいことだ。しかし、自分の生きる環境や自分自身そのものを彫り、描くこと...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン31〜40 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿
  16. T4-5 悪名高きエゴですが、打ち倒すべき強敵なのでしょうか?

    T4-5 悪名高きエゴですが、打ち倒すべき強敵なのでしょうか?

    人生におけるすべての失敗の原因は、自分のことしか考えていないことにある。Alfred Adlerアルフレッド・アドラービジネスで成功する一番の秘訣は、人からいくら取れるかをいつも考えるのではなく、人にどれだけのことをしてあげられるかを考えることだ。Dale Carnegieデール・カーネギーIf there is any one secret of success, it lies in the ability to get the other person’s point of view and see things from that person...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  17. M19 正義とは何か

    M19 正義とは何か

    私は正義を信条としていますが正義よりも母を先に守ります。Albert Camusアルベール・カミュ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル11~20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. 心理療法 目次

    心理療法 目次

    PSYCHOTHERAPY: PURPOSE, PROCESS AND PRACTICE (supplement)Introduction1.The Purpose of Psychotherapy2.The Process of Psychotherapy Introduction Ⅰ The Limits on Psychotherapy Ⅱ The Place of Religion in Psychotherapy ⅢThe Role of the Psychotherapist Ⅳ The Process of Illness Ⅴ The Process of Healing Ⅵ The Definition of Healing Ⅶ The Ideal Patient-Therapist Relationship3.The Practice of Psychot...

    心理療法 このカテゴリ一覧を見る
    心理療法 第1章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿