1. T24-2 特別であるという欺瞞

    T24-2 特別であるという欺瞞

    他人の魂の中に何が起こっているか気をつけていないからといって、そのために不幸になる人はそうそういるものではない。しかし、自分自身の魂の動きを注意深く見守っていない人は必ず不幸になる。Marcus Aurelius, Meditationsマルクス・アウレリウス(「自省録」)我々は「自分の心は自分が一番よく知っている」などと考えないほうがいい。むしろ「自分の心は自分の気づかぬ別のものに動かされている」と思ったほうが正確である。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    見るためには、信念は不要である。それどころか、見るためには信念を持たないことが肝心である。信念を持つという肯定的状態ではなく、否定の状態にあるときにはじめて、あなたは曇りなく見ることができる。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティConvictions are more dangerous enemies of truth than lies.信念は、真理にとって嘘よりも危険な敵である。Friedrich NietzscheニーチェConscious faith is freedom. 意識...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T4-1 正しい教えと正しい学び

    T4-1 正しい教えと正しい学び

    The mediocre teacher tells.凡庸な教師は伝えるべきことを喋るだけ。The good teacher explains.よい教師はわかるように説明する。The superior teacher demonstrates.優れた教師は自らやってみせる。The great teacher inspires. 偉大な教師は生徒の心に火をつける。William Arthur Wardウィリアム・アーサー・ウォード共同体感覚の高い人が教師になるなら、目的は貢献である。共同体感覚の低い人が教師になるなら、目的は弱者を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    Appreciation is a wonderful thing. 感謝とはすばらしいものだ。It makes what is excellent in others belong to us as well.感謝は、他者が持つ美点を、その人だけでなく、私たちにも与えてくれるのだから。Voltaire (François-Marie Arouet)ヴォルテール成功者の言葉しか世の中には残らないから、「やればできる」が格言になる。夢は叶わないかもしれない。叶える為の努力は無駄に終わるかもしれない。でも、何かに向かって...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン185「私は神の平安を望む」

    レッスン185「私は神の平安を望む」

    When you see the world through serene eyes, you generate peace wherever you go. あなたが穏やかに澄んだ目で世界を眺めるとき、あなたは自分の赴くどこにでも平安を創出している。Jerry Dorsman; Bob Davisジェリー・ドースマン、ボブ・デイヴィス「ものごとは一筋縄では行かないものだなどと考えたこともない変わり者は、ある日、まるで自分のために特別に商品が運び込まれたかのようなショーケースの前に、わけもわからず居...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿