1. T18-1 現実の代用

    T18-1 現実の代用

    もし人が自分の道から逸れたとしたら、その人にはありとあらゆる困難が襲い掛かり、人生は生存を賭けた戦いの連続に変わる。魂にとってそれは本当の悲劇である。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドEverything that seemingly happens externally is occurring in order to trigger something within us, to expand us and take us back to who we truly are.外の世界に起こるように見えるすべてのことは、私たちを拡張させて、私たち...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第18章(夢の消滅) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T5-2 神に代わって語る声

    T5-2 神に代わって語る声

    I think that if you live long enough, you realize that so much of what happens in life is out of your control — but how you respond to it is in your control.私は思うのです。ある程度長く生きていれば、人生で起こることの大半は自分のコントロール外にあるということがわかってきます。けれど、その出来事にどう向き合うかは自分のコントロール内なのだと。Hillary Diane Rodham Clintonヒラリー・クリントンCome to m...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T25-3 知覚と選択

    T25-3 知覚と選択

    願望は役に立たないどころか、邪魔をするだけなのだ。願望を実現させるための秘訣は、願望と縁を切り、その代わりに、意図、すなわち、所有し行動する決意を持つことである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドさらに手探りで歩いていくと、シリルは入口の扉の前に立っていた。この扉で路地は行きどまりだった。入口の上には看板がかかっていて、街灯がそれを照らしていた。ちょうど大道歌の挿絵のような素朴な筆づかいで、中世の猟師...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン307「矛盾する願望が私の意志であるはずがない」

    レッスン307「矛盾する願望が私の意志であるはずがない」

    願望することはこの上なく容易なのに、意図することはなぜ、そんなにも難しいのだろうか。願望するのに必要なのは弱さであり、意図するのに必要なのは強さだからだ。Arne Lindtner Næssリントネル(ノルウェーの俳優、監督、テレビプロデューサー、作家)所有する決意は、意図の自由エネルギーによって形成される。所有することを自分に容認する際に、二つのことが邪魔している。一つ目は、魂と理性の不一致である。二つ目は、内的...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン301〜310 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン237「今、私は、神に創造されたままの私になることにする」

    レッスン237「今、私は、神に創造されたままの私になることにする」

    私の経験によれば、欠点のない者には取り柄もないものだ。Abraham Iincolnエイブラハム・リンカーンどんな理由があろうとも、決して人を軽蔑してはいけない。軽蔑とは非難の最も危険な種類である。なぜなら、平衡力が働く結果、あなたは自分が軽蔑した人の立場に陥る可能性があるからだ。失われた調和を回復するためには、こうすることが平衡力にとって最も手っ取り早くて簡単な方法である。乞食やホームレスを軽蔑できようか? 自...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン231〜240 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. W2 Intro ワークブック・パート2 序論

    W2 Intro ワークブック・パート2 序論

    人間はその文明の歴史が始まって以来ずっと、生きている間に宇宙と一体になる感情を自分の中に呼び起こそうとしてきた。精神修養を行う流派は、結局のところ、同じ目的を追求していることになる。それは、悟りを開くこと、言い換えると、この世界との一体性を感じ、エネルギーの海に溶け込み、それと同時に、個人としての本質を失わないということだ。悟りの境地に達した解脱者は、いったい何を得ているのだろう。彼らは、宇宙の海...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン215(レッスン195の復習)

    レッスン215(レッスン195の復習)

    魅力的な美の秘密は、人が魂の美しさを持っているとか、何か特別な魂の資質を持っているということにあるのではない。・・・つまり、魂の美しさなどは存在せず、あるのは魂と理性の調和のとれた関係だけである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランド幸福とは、自分の人生を「よい物語」として(自分や他人に)語れること。不幸とは、人生という「物語」が破綻しててしまったこと。成功とは、よい物語をつくれるような人生を設計すること...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン208(レッスン188)

    レッスン208(レッスン188)

    有名なフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、子供のころ、両足を骨折し、障害者として生涯を過ごした。成長する過程で、彼は自分の障害に押しつぶされそうになった。年を追うごとに両足の発育不全がはっきりとしてきたため、彼は一層苦しみを募らせた。そして、苦悩は頂点に達し、遂にロートレックは自分の避けられない事態を受け入れざるを得なくなった。彼は自分の障害への気持ちにけりをつけて生き続けた。...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン185「私は神の平安を望む」

    レッスン185「私は神の平安を望む」

    When you see the world through serene eyes, you generate peace wherever you go. あなたが穏やかに澄んだ目で世界を眺めるとき、あなたは自分の赴くどこにでも平安を創出している。Jerry Dorsman; Bob Davisジェリー・ドースマン、ボブ・デイヴィス「ものごとは一筋縄では行かないものだなどと考えたこともない変わり者は、ある日、まるで自分のために特別に商品が運び込まれたかのようなショーケースの前に、わけもわからず居...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン178「レッスン165と166の復習」

    レッスン178「レッスン165と166の復習」

    Happiness is not something you postpone for the future; it is something you design for the present. 幸せとは、あなたが未来まで待たなけれならない何かではない。それはあなたが現在のために思い描く何かだ。Jim Rohnジム・ローンもし目的達成の障害となり得る自分の短所があることを自覚し、必要とされる知識や経験を持っていないと思うのであれば、あなたはそうしたことと折り合いをつけるべきだ。あなたが今ある状態を受...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. W2ST-3.世界ってなに?

    W2ST-3.世界ってなに?

    この世に残ったまま、御国に入ることはまったく不可能である。それでは、あなたが消えるというのだろうか?それも可能である!でも、おそらくそうはならないであろう。覚えておくように、この世とはすべて分離という見地からの認識であるということを。これを終わらせなさい。そこに残るものは、御国だけである。イエス・キリスト(マーク・ハマー著「イェシュアの手紙」212ページ)Reality is merely an illusion, albeit a very ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン154「私は、神の使者のひとりだ」

    レッスン154「私は、神の使者のひとりだ」

    God requires his people to shine as lights in the world. 神は、神に従う人々に世界の光として輝くことを求めています。It is not merely the ministers who are required to do this, but every disciple of Christ. こうすることが求められるのは、牧師たちだけではありません。キリストを信ずるすべての人たちに、こうすることが求められているのです。Ellen Gould Whiteエレン・グールド・ホワイト100%確かな公式が一つ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. レッスン142「レッスン123と124の復習」

    レッスン142「レッスン123と124の復習」

    If we have no peace, it is because we have forgotten that we belong to each other. もし私たちが平安な気持ちでいられないとしたら、それは、自分たちがお互いにひとつに結ばれていることを私たちが忘れてしまっているせいです。Mother Teresaマザー・テレサ 「欲を掻いたら、もらいは少し」。これは子供がよく口にするからかいの言葉であるが、それなりの根拠がある。私ならこれを次のように変えてみたい。「欲...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン141〜150 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. T4-intro 正しいジコチュウになれば元気になれる!?

    T4-intro 正しいジコチュウになれば元気になれる!?

    もし自分を説得しなければならないのなら、それは他人のものだ。もしそれがあなたのものならば、自分を説得する必要はない。Vadim Zelandヴァジム・ゼランド気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。Dale Carnegieデール・カーネギー「道は開ける」 簡単に言うと、症状や問題というのは中心を欠いた深刻な身体状...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン119(レッスン107と108の復習)

    レッスン119(レッスン107と108の復習)

    I am not a liberator. 私は解放者なんかじゃない。Liberators do not exist. 解放者なんて存在しない。The people liberate themselves.人々は自分自身を解放するんだから。Ernesto "Che" Guevaraチェ・ゲバラバリアントの空間には、各人にとっての運命ラインが無限に存在する。私たちには自分の運命に腹を立てる根拠はない。なぜなら、私たちには選択する権利が与えられているからだ。問題は、私たちがそれをうまく行使できない...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン111〜120 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. レッスン116(レッスン101と102の復習)

    レッスン116(レッスン101と102の復習)

    I prefer you to make mistakes in kindness than work miracles in unkindness.私はできればあなたがたに、思いやりの心を持たずに奇跡を起こせるようになるよりも、思いやりの心を持って間違いを犯せるようになってほしいと思います。Mother Teresaマザー・テレサ 実は、ほかの人たちを変えようとする必要はなく、自分を変える必要もないのだ。たとえあなたが自分や他人に何をしようと、すべてはあなたの内的意図に...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン111〜120 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン95「私はひとつの大いなる自己であり、私の創造主とひとつに結ばれている」

    レッスン95「私はひとつの大いなる自己であり、私の創造主とひとつに結ばれている」

    A teacher who is attempting to teach without inspiring the pupil with a desire to learn is hammering on cold iron.生徒を奮起させて学びたいという意欲を抱かせることをしないで、ただ教え込もうとする教師は、冷めた鉄を打っているようなものだ。HORACE MANNホーレス・マン以前、ジーン・クレインの講演会で、ある男性が質問をした。「講演会に参加する度に、先生はとても明晰で寛いでおられることに気づきます。穏やかな...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. レッスン92「奇跡は光の中で見える。そして、光と力強さはひとつだ」

    レッスン92「奇跡は光の中で見える。そして、光と力強さはひとつだ」

    人は合理的な世界観を揺るぎない法則として間違って理解している。けれども、この法則はインチキであり、叩き壊すことができるのだ。私たちの人生ではしばしば説明のつかない奇跡が起こる。奇跡のうちのひとつくらいは自分の人生に起こってもよいのにと、なぜ思わないのだろう。魂が欲することを、思い切って所有しようとするだけでよいのだ。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドFantasy is hardly an escape from reality. ファンタジ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. レッスン89「レッスン77と78の復習」

    レッスン89「レッスン77と78の復習」

    大丈夫あなたが抱きしめている痛みは喜びに変わるのです。Jalal Al-Din Rumiルーミーものごとは一筋縄では行かないものだなどと考えたこともない変わり者は、ある日、まるで自分のために特別に商品が運び込まれたかのようなショーケースの前に、わけもわからず居合わせる。そこでは最初のお客さんはなんでもただでもらえることになっているのだった。その人の背後には、「人生の現実とは甚だ暗澹としていて、ツキがあるのは変わり...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン81〜90 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. レッスン86「レッスン71と72の復習」

    レッスン86「レッスン71と72の復習」

    人々は外的意図を完全に失ってしまったわけではない。ただしっかりと遮断されているだけなのだ。魔法とされているもののすべては、ほかでもない外的意図を働かせようとした企てである。錬金術師たちは、どんな物質も金に変えてしまう賢者の石を見つけようとして、何百年間も無駄な努力を積み重ねた。錬金術については、難解で込み入った数多くの本が書かれた。しかし、本当のところは伝説が伝えているように、賢者の石の秘密とは、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン81〜90 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    感謝する人は、不正な仕打ちを受けることがあろうとは信じられません。怒りに満ちた人は、神に愛されるなぞ想像もできません。どちらの世界に住みたいですか。選ぶのはあなたです。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」より)トランサーフィンの観点から言えば、様々なつまらないことで不満を口にするという有害な習慣は、私たちの邪魔をする。反対に、たとえささやかなこ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン71〜80 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. レッスン66「私の幸せと私の役目はひとつのものだ」

    レッスン66「私の幸せと私の役目はひとつのものだ」

    Man is unhappy because he doesn’t know he’s happy. It’s only that.人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけのことだ。Fyodor Dostoyevskyフョードル・ドストエフスキーIf you want to be happy, be.あなたが幸せになりたいなら、なればいい。Lev Nikolayevich Tolstoyレフ・トルストイHappiness depends upon ourselves.幸せかどうかは私たち次第だ。 Aristotleアリストテレス 人生の義務は、た...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン61〜70 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. レッスン64「私が自分の役目を忘れずにいられますように」

    レッスン64「私が自分の役目を忘れずにいられますように」

    あなたが気に入った他人を模倣することだけはやってはいけない。たとえば、他人と同じように、あのような筋肉質になりたいとか、あのような身のこなし方、話し方、歌い方、演じ方をしたいなどと思うことについて言っているのだ。この他人をあなたが気に入ったのは、まさに彼らが自分のセクターで自分だけの長所を現実化しているからにほかならない。・・・あなたは本当に唯一無二の個性を持っており、その点で誰もあなたのライバル...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン61〜70 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

    レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

    したがって、ヴェーダーンタは、私たちの通常のものの見方をかくも徹底的に破壊するのである。それは世界の内を外に、外を内に変換するものだ。イエスの言葉とされているものにも、同様のものがある。あなたが二なるものを一となすときそして、内なるものを外なるものと外なるものを内なるものと上なるものを下なるものとなすとき・・・・そのとき、あなたがたは〔王国〕に入るであろう・・・・私はそれらすべてを超えたあの〈光〉...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    あなたの扉を通って自分の目的へと進むのに、余計な努力をする必要はない。自分を強制することもない。もしそうせずにはいられないのであれば、目的か扉が他人のものなのだ。しかし、理性は障害と闘ったり乗り越えたりすることに慣れっこになっている。理性は、ものごとに過剰な意義を与えたり、バリアントの流れと闘い始めると、自分で自分のためにあらゆる問題を作り出してしまう。もしあなたが重要性を与えたりしていなければ、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. M9 生活環境の変化は必要か

    M9 生活環境の変化は必要か

    扉が本物かどうかを見極める方法がひとつある。もし目的へと続く途上にいるあなたがエネルギーを失い、疲れ果てた状態ならば、それはあなたの目的ではないことになる。逆に、もしあなたを目的へと近づけるはずの活動を行っているときに、インスピレーションが湧いてくるようなら、その活動はあなたの扉と考えて間違いないということだ。本物の扉を見極めるもうひとつの方法がある。他人の扉があなたの扉のようなふりをすることもあ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル5~10 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  27. レッスン14「神は、無意味な世界を創造しなかった」

    レッスン14「神は、無意味な世界を創造しなかった」

    ぼくは今、「大いなる言葉」を学んでいるんだ。世界中のすべてのものがぼくにとって何らかの意味を持ち始めている・・・タカが飛んでいることでさえ。Paulo Coelhoパウロ・コエーリョ(「アルケミスト」より)Maybe each human being lives in a unique world, a private world different from those inhabited and experienced by all other humans. . . もしかすると、一人ひとりの人間はそれぞれに、ほかのすべての人間たちが暮...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン11〜20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  28. T9-8 自信喪失と自惚れの行ったり来たりから抜け出すには?

    T9-8 自信喪失と自惚れの行ったり来たりから抜け出すには?

    自尊心は、人間喜劇のあらゆる登場人物を独りで演じたあと、あたかも手練手管や多種多様の変身に疲れたかのごとく、素顔で現れ、尊大さによってその正体を明らかにする。だから正確に言えば、尊大さとは自尊心の表明であり宣言なのである。ラ・ロシュフコーTake the course opposite to custom and you will almost always do well.普通とは反対の道を行け。そうすれば、つねに物事はうまくいくと言ってよい。Jean Jacques Roussea...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第9章(贖罪の受容) このカテゴリ一覧を見る
    1 コメントの投稿
  29. 罪悪感から解放されることは可能なのか?

    罪悪感から解放されることは可能なのか?

    1922年に長女を3歳で亡くし、1927年、前年に事業に失敗して人生に絶望した当時32歳のバックミンスター・フラーは、妻と生まれたばかりの次女が生命保険金を得られるように自殺をしようと思い立って、ミシガン湖に行き、冷たい湖水に身を投じようとした。このとき、フラーは彼の人生の方向性と目的を一変してしまう神秘的な体験をした。彼は自分の本質が地上から数フィートの高さに浮揚し白い光の球体に包み込まれるような感覚を味...

    未分類 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿