1. T13-7 真の世界の幕開け

    T13-7 真の世界の幕開け

    神秘学は、すべての人の魂に根をはることのできる、二つの思考内容から芽生えるのでなければならない。・・・二つの思考内容とは、第一に、可視的な世界の背後には不可視な世界があり、はじめは感覚とその感覚に結びついた思考にとって隠された世界であるということ、第二に、人間の中にまどろんでいる能力を開発すれば、この隠された世界に参入することが万人にとって可能であるということである。Rudolf Steinerルドルフ・シュタ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン145「レッスン129と130の復習」

    レッスン145「レッスン129と130の復習」

    まずひとりとの共同体感覚を築き、体験させること。その体験を広げるのだ。母から父へ、兄弟姉妹へ、友だちへ。Alfred Adlerアルフレッド・アドラー愛する ― 言うのは簡単だ! だが生命の水はお前に尋ねるだろう、だれを?とな。つまり愛するというのは、ただ単に、一般に愛するなどということではないのだ。Michael Endeミヒャエル・エンデ(「はてしない物語」より)レッスン145です。今日は、レッスン129と130の復...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン141〜150 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿