1. S2-3 救いのための赦し

    S2-3 救いのための赦し

    The truth is the truth whether you agree with it or not. あなたがそれに同意しようがしまいが、真理は真理のままだ。The truth is not subject to your interpretation.真理はあなたの解釈に左右されることはないのだ。Gary R. Renard, The Disappearance of the Universe: Straight Talk about Illusionsゲイリー・R.レナード(「神の使者」)救いのための赦しは誰がするもの?本節では、救いのための赦しは、私たちエゴでは...

    祈りの歌 このカテゴリ一覧を見る
    祈りの歌 第2章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    見るためには、信念は不要である。それどころか、見るためには信念を持たないことが肝心である。信念を持つという肯定的状態ではなく、否定の状態にあるときにはじめて、あなたは曇りなく見ることができる。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティConvictions are more dangerous enemies of truth than lies.信念は、真理にとって嘘よりも危険な敵である。Friedrich NietzscheニーチェConscious faith is freedom. 意識...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T19-1 癒しと信頼

    T19-1 癒しと信頼

    友人を信用しないのは、友人に欺かれるよりもはるかに恥ずべきことである。ジャン・パウルTo have faith is to trust yourself to the water. 信頼を抱くことは、水に入る自分自身を信じることだ。When you swim you don't grab hold of the water, because if you do you will sink and drown.あなたが泳ぐとき、あなたは水を掴んだままではいられない。なぜなら、もしあなたがそんなことをすれば、あなたは沈んで溺れてしまうか...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  4. T17-7 信頼を呼び起こす

    T17-7 信頼を呼び起こす

    The truth is the truth whether you agree with it or not. あなたがそれに同意しようがしまいが、真理は真理のままだ。The truth is not subject to your interpretation.真理があなたの解釈に左右されることはないからだ。Gary R. Renardゲイリー・R.レナードKnock, And He'll open the door叩きなさい。そうすれば、神が扉を開けてくれるだろう。Vanish, And He'll make you shine like the sun消え去りなさい。そうすれば、神...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T15-6 神聖な瞬間と神の法

    T15-6 神聖な瞬間と神の法

    My main point is that when you have known - I mean intimately known - the embracing presence of God, His love rubs off on you and you can't help seeing everyone through His eyes.私が言わんとする要点はこうです。あなたが神の臨在に抱擁されていることを知ったなら、それも心の奥底から知ったなら、神の愛があなたを消し去ってしまうので、あなたはすべての人たちを神の目を通して見ることしかできなくなるということ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  6. T17-8 平安の条件

    T17-8 平安の条件

    For those who believe, no explanation is necessary; for those who do not believe, no explanation will suffice.信じる者たちには、いかなる説明も必要ない。信じない者たちには、どんなに説明を尽くしても足りないだろう。Joseph Dunningerジョセフ・ダニンガーFor the truly faithful, no miracle is necessary. 真に信仰の篤い者に信じてもらうために、いかなる奇跡も必要ない。For those who doubt, no miracle is suffic...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン327「私はただ呼びかけさえすればよい。そうすれば、あなたが私に答えてくれるでしょう」

    レッスン327「私はただ呼びかけさえすればよい。そうすれば、あなたが私に答えてくれるでしょう」

    Love is a fruit in season at all times and within reach of every hand.愛はつねに収穫期にある果実なので、誰でも手に入れられるものです。Anyone may gather it and no limit is set. 誰でも愛を収穫できるし、何の制限も課されません。Everyone can reach this love through meditation, the spirit of prayer and sacrifice.誰もが、祈りと犠牲の精神をもって、瞑想を通じてこの愛に到達できるのです。Mother Teresaマザー...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン321「父よ、私を解放できるのはあなただけです」

    レッスン321「父よ、私を解放できるのはあなただけです」

    It is our privilege to know that we are saved.私たちは光栄にも自分が救われていると知ることができる。Dwight L. Moodyドワイト・L・ムーディーレッスン321です。「父よ、私を解放できるのはあなただけです」が今日のレッスンです。まず、創造ってなに?をご覧ください。エゴに従うかぎり、救済は夢のまた夢私たちの常識的な世界観では、この世界は幻想なんかではなく動かしがたい現実であり、私たちが仮に元は神の子であっ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン316「私が自分の兄弟たちに与える贈り物はすべて、私のものだ」

    レッスン316「私が自分の兄弟たちに与える贈り物はすべて、私のものだ」

    Cultivate the habit of being grateful for every good thing that comes to you, and to give thanks continuously. あなたに訪れるよきことすべてに感謝する習慣、それも絶えまなく感謝し続ける習慣を養いなさい。And because all things have contributed to your advancement, you should include all things in your gratitude.そして、どんな物事もあなたが成長するために役立つのだから、あなたが感謝を捧げる対象には万物...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン238「救済は全面的に私の決断にかかっている」

    レッスン238「救済は全面的に私の決断にかかっている」

    Your human self might be in hell right now, but your divine self is literally untouched by your suffering. あなたの人間的な自己はまさに今地獄にいるかもしれません。けれど、あなたの神聖な自己は文字通りあなたの苦悩によって何の影響も受けないままです。And your divine self is who you are.そして、あなたの神聖な自己こそが本当のあなたなのです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン238です。...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン231〜240 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    兄弟との関わりの中には、シンプルな選択があります。相手を無罪とするか、有罪とするかです。この選択は、何度も何度も、毎日、毎時、毎秒やってきます。ひとつの思いで兄弟を幽閉し、別の思いで釈放します。相手をこう扱おうと決めたやり方で、あなたはあなた自身を裁くことになります。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」33ページ)レッスン181です。「私は、自分...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする」

    レッスン155「私は一歩引き下がって、聖霊に先導してもらうことにする」

    Let yourself be silently drawn by the strange pull of what you really love.あなたが真に愛するものの不思議な牽引力によって自分が静かに導かれるようにしなさい。It will not lead you astray.その力があなたを道に迷わすようなことはないはずだ。Jalal Al-Din Rumiルーミー風流には嫉妬はない。利己的なものはない。没我的であり、非人工的なものである。風流には愛情が必要だが、その愛情には淡々たる味が必要で、熱烈すぎ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T22-Intro 救済と神聖な関係

    T22-Intro 救済と神聖な関係

    他人とのかかわりを持たなければ、ほとんど傷つかずに済むが、いつまで経っても幸福は訪れない。アール・ナイチンゲール第二十二章 救済と神聖な関係の序論をご紹介します。特別な関係とは特別な関係は、自分が完全ではない欠落した存在であるとの思いから、外にそれを完全なものにしてくれる偶像を求め、自分に欠乏しているものを備えているように見える他者の中から、自分に欠けているものを奪い取って、自分の欠点を補完して完...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. W2ST-13.奇跡ってなに?

    W2ST-13.奇跡ってなに?

    Once miracles are admitted, every scientific explanation is out of the question.ひとたび紛れもない奇跡が起こってしまったら、どんな科学的な説明もどうでもよくなってしまう。Johannes Kepler.ヨハネス・ケプラーWhere there is great love there are always miracles. 大いなる愛のあるところにはつねに奇跡がある。Willa Catherウィラ・キャザー奇跡とは、あなた自身の心の中において「つながる」ということです。形態が...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. T10-4 病気の終焉

    T10-4 病気の終焉

    分離はひとつの病いだ健康ならあなたは〈全体〉と別々じゃないあなたはそれとひとつになるちょっとそれを理解しようとしてごらん頭痛がするときあなたの頭はあなたと別々だそれを見守ったことがあるかね?頭痛が内側でずきずきと叩きつけるように続いているときあなたの頭はあなたと離れているところが、その頭痛が消えると頭もまた消え失せるそうしたら、あなたはそれを感じられないそうしたら、それはもう別々じゃないそれはあな...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第10章(病の偶像) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. C epi すでに到達している目的地への旅

    C epi すでに到達している目的地への旅

    父の祝福とはこのようなものである。子は真実において一度も苦難になく一度も旅に出たことはなかった。打ち勝つべき苦しみもなく努力の必要もなかった。これに気がついたときあなたは、世の終わりを見つけるであろう。この世は、つねに幻想であった。たとえ、それがどのように見えたとしても。この世は、苦悩であるかもしれないしこの世は、多くの者がそう言うように喜びであるかもしれない。しかし、それらを超えた本当の真実とい...

    用語解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン75「光がやってきた」

    レッスン75「光がやってきた」

    Each of us has an inner room where we can visit to be cleansed of fear-based thoughts and feelings. 私たちの一人ひとりは、恐れに基盤を置いた思考や感情を浄化するために訪れることのできる自分の部屋を持っています。This room, the holy of holies, is a sanctuary of light.神聖さの中でも至聖なる、この部屋は、聖なる光の駆け込み寺です。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン75です。「光がやって...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン71〜80 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. レッスン47「神こそが力だ。神の力強さを私は信頼する」

    レッスン47「神こそが力だ。神の力強さを私は信頼する」

    But he said to me, “My grace is sufficient for you, for my power is made perfect in weakness.” しかし、彼は私に言われた。「私からはあなたにとって十分な恵みを与えている。あなたの我が弱くなることで私の力は完全になるのだ。」Therefore I will boast all the more gladly about my weaknesses, so that Christ’s power may rest on me. それゆえに、私は自分が弱くあることによって、自分がキリストの力を得られるのだ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン41〜50 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. M4-7 神の教師の特性7(寛大さ)

    M4-7 神の教師の特性7(寛大さ)

    That's what I consider true generosity: 私が思う真の寛大さとは次のようなことです。You give your all, and yet you always feel as if it costs you nothing.自分のすべてを捧げながら、それでいて、そのことで少しでも自分が損をしたと感じることがまったくないことです。Simone de Beauvoirシモーヌ・ド・ボーヴォワールI'm a Muslim, but I think Jesus would have a drink with me. おれはイスラム教徒だけど、イエスはき...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. M4-6 神の教師の特性6(無防備)

    M4-6 神の教師の特性6(無防備)

    傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求しているときは、心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ。Paulo Coelhoパウロ・コエーリョ(「アルケミスト」157ページ)There never was a good war or a bad peace.これまで一度たりとも、良い戦争や悪い平和が存在したためしがない。Benjamin Franklinベンジャミン・フ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. M4-5 神の教師の特性5(喜び)

    M4-5 神の教師の特性5(喜び)

    Choosing joy involves spiritual surrender.喜びを選ぶことは、霊的な明け渡しを意味します。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンGrief can take care if itself, but to get the full value of a joy you must have somebody to divide it with.悲嘆に暮れるには、自分ひとりだけでなんとかなる。しかし、歓喜の価値を申し分なく味わうには、あなたには喜びを分かち合うほかの誰かが必要だ。Mark Twainマーク・トウェイ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    Honesty is the first chapter in the book of wisdom. 正直さは、英知の書の第一章である。Thomas Jeffersonトマス・ジェファーソンThe liar’s punishment is, not in the least that he is not believed, but that he cannot believe anyone else嘘つきが、人から信じてもらえなくなることは、彼の受ける罰としてはささやかなものだ。むしろ、ほかの誰のことも信じられなくなってしまうことこそが彼の受ける真の罰なのだ。George...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. M4-1 神の教師の特性1(信頼)

    M4-1 神の教師の特性1(信頼)

    Trust is the glue of life.信頼は人生の接着剤だ。 It's the most essential ingredient in effective communication.信頼は、効果的なコミュニケーションにとって最も欠かせないものだ。It's the foundational principle that holds all relationships. 信頼は、あらゆる関係性を支える基本原理なのだ。Stephen Richards Coveyスティーブン・R.コヴィーThe truth will set you free, but first it will make you miserable.真理...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。漫画だからといってこの本を軽く見てはいけません。陰陽太極図の白の勾玉を聖霊、黒の勾玉をエゴとして表現しているのをはじめとして、コースの概念をそれぞれ唸ってしまうくらいう...

    書籍 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿