1. レッスン319「私は、世界の救済のために来た」

    レッスン319「私は、世界の救済のために来た」

    自分自身にたっぷりの同情を持ってください。小さな一歩から進みます。自分自身の思考と感情を癒すことから始めます。あなたが自分の批判的な考えや分離の感情を癒すたびに、宇宙の中のすべての心とハートがそれを感じます。あなたのヒーリングはあなただけではなく、全存在に及ぶのです。あなたが平和になれば、世界の平和はすでに内在するものとなります。あなたに他人に対する責任があるとしたら、このことだけです。つまりあな...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない」

    レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない」

    I'm afraid I can't explain myself, sir. いもむしさん、申し訳ないんですけど、私、自分の思ってることを説明できないです。Because I am not myself, you see?だって、私、自分じゃないんですもの。おわかりでしょ?Lewis Carroll, 'Alice In Wonderland'.ルイス・キャロル(「不思議の国のアリス」)骨によって形作られ、皮膚にて上を覆われて汚物によって中を満たされたそのように汚れた肉体が、どうしてそれとは異なった「知...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン241〜250 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    人生で何にも増して耐え難いのは悪天候が続くことではない。雲ひとつない好天が続くことだ。Carl Hiltyカール・ヒルティレッスン228です。「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」が今日のテーマです。レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。神と神の子の関係性神を巨大な湖、神の子を湖面とイメージしてみます。自然な状態では、湖面はひとつながりの水面であり、湖面を...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン140「治療と呼ぶことができるのは救済だけだ」

    レッスン140「治療と呼ぶことができるのは救済だけだ」

    Spiritual progress is like a detoxification.霊的に向上することは、毒を抜き中和して解毒を進めるようなものです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン140です。「治療と呼ぶことができるのは救済だけだ」が今日のテーマです。救済とは根本治療私たちは、病人が抱える心身の病気が癒えることを癒しと捉え、病気を治すことが治療だと考えています。「Atonement does not heal the sick, for that is not a c...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン131〜140 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T2-1 分離の起源

    T2-1 分離の起源

    人を相手にせず、天を相手にせよ。西郷隆盛There is nothing more ancient than the truth.真理よりも古くからあるものはほかに何もない。René Descartesルネ・デカルトIn the stillness of your presence, you can feel your own formless and timeless reality as the unmanifested life that animates your physical form. あなたの存在という静寂の中で、あなたは形もなく時間も超越した本当の自分自身を感じることができます...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. W2ST-5.身体ってなに?

    W2ST-5.身体ってなに?

    唯物論、無神論の人々が、たとえどのように善い人であっても、その人々は、常に肉体人間としての相対観で人生をみていますので、お互いの利害、これは個人社会人類の別なく、相対する利害の前では、どうしても争いの想念行為で結末をつけねばならなくなります。なぜかといえば、この人々にとっては調和し得る中心点がないからです。いいかえれば、相対したものを調和させる絶対者がいないのですから、お互いがお互いの力の争いによ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン16「私が抱く思考はまったく中立なものではない」

    レッスン16「私が抱く思考はまったく中立なものではない」

    Adultery姦淫“You have heard that it was said, ‘You shall not commit adultery.’「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。 But I tell you that anyone who looks at a woman lustfully has already committed adultery with her in his heart. しかし、私は言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、すでに心の中でその女を犯したのである。If your right eye causes you to stumble, ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン11〜20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿