1. S3-3 分離 対 結合

    S3-3 分離 対 結合

    最近、私たちは自分の強迫観念を嫌になるほど分析しますが、その分析結果を傷の癒しに用いるのではなく、傷を正当化するために使う傾向があります。分析もある程度まで進めば、一定のパターンが見えてきます。例えば、「父は感情を分かち合ってくれなかった」、「母は私を虐待した」といった具合です。そして、そうした体験が私たちの性格に及ぼした影響といったものも見えてきます。例えば、「男性を自分に近づけさせるにはどうす...

    祈りの歌 このカテゴリ一覧を見る
    祈りの歌 第3章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T2-8 最後の審判

    T2-8 最後の審判

    As long as you keep a person down, some part of you has to be down there to hold him down, so it means you cannot soar as you otherwise might.あなたが誰かを押さえつけているかぎり、その相手を押さえ続けているために、あなたも自分の一部である手を離すわけにはいきません。つまり、相手を押さえる手を緩めないかぎり、あなたは飛翔できないのです。Marian Andersonマリアン・アンダーソンM15 「最後の審判」って恐ろ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T26-7 癒しの法則

    T26-7 癒しの法則

    適切にルールを破る方法を見つけるためにルールを学びなさい。Dalai Lama XIVダライ・ラマ14世今回は、テキスト第二十六章から「癒しの法則」という一節をご紹介します。癒しの法則すべての病気は分離を起源とする罪という想念から生じるので、分離が否認されれば、病気をもたらしていた罪という想念が癒されて正気に取って代わられるので、病気は消え去ります。病気という結果の原因は罪ですが、この因果関係に理性の光が当たっ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T3-4 誤りとエゴ

    T3-4 誤りとエゴ

    エゴの幻想を通じて眺めているくせに、他人がそうしたからといって、自分のことを他人よりましだとか優れているとかと考えることはできない。そこには、四方八方で数かぎりないかくれんぼをしている、ただひとつの〈自己〉があるだけなのだ。Alan Wattsアラン・ワッツThe ego is nothing other than the focus of conscious attention. エゴとは、意識的な注意を集中することにほかならない。Alan Wattsアラン・ワッツ今回は、テキ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第3章(潔白な知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T15-5 神聖な瞬間と特別な関係

    T15-5 神聖な瞬間と特別な関係

    Yesterday is gone. 昨日は過ぎ去っています。Tomorrow has not yet come. 明日はまだやって来ていません。We have only today. 私たちには今日しかありません。Let us begin.さあ始めましょう。Mother Teresaマザー・テレサ 今回は、テキスト第十五章から、「神聖な瞬間と特別な関係」をご紹介します。少し先のテキスト第22章では、「神聖な関係」がテーマとなります。特別な関係は、エゴが取り仕切る諸悪の根源であるとして、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T5-7 神を選ぶ

    T5-7 神を選ぶ

    But your forgiveness is done here, which means you should be practical — and respectful of other people and their experience.しかし、あなたの赦しはここでなされるのだ。それが意味するのは、あなたは実践的であらねばならない、つまり、ほかの人々を敬い、彼らの存在に敬意を払うべきということだ。In other words, when you’re living your everyday life, be kind.言い換えれば、あなたは自分の日常を生きるに際し、優...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T16-5 特別な愛が地獄ってどういうこと?

    T16-5 特別な愛が地獄ってどういうこと?

    In a case like this, most Christians won’t even bother to ask what Jesus would do.このケースのような場合、ほとんどのキリスト教徒たちは、わざわざイエスだったらどうするだろうと尋ねようとはしません。That’s because the answer wouldn’t match their feelings. その理由は、その答えがきっと彼らの気持ちとは一致しないはずだからです。As we’ve indicated before, the answer would always be the same — he’d forgive...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第16章(幻想を赦す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T2-2 防衛としての贖罪

    T2-2 防衛としての贖罪

    The Atonement was designed BEFORE the separation.(Remember the words of time-"before"and "after".)贖罪が構想されたのは、分離の前だった。(「前」と「後」という言葉を用いるのはあなたが時間という観点で思考することに便宜上合わせてのことで時間に意味はないことを思い出しなさい)You are the creation of God--Eternal, complete, whole, and free.あなたは神の創造物であり、永遠に完璧で欠けるところがなく自由な存...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    4 コメントの投稿
  9. T25-Intro, 1 真理への絆

    T25-Intro, 1 真理への絆

    When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right."私が17歳のとき、私は「もし君が毎日をそれがまるで人生最後の一日であるかのように生きるなら、必ずいつの日か君は、これがその通りだとわかるだろう」という言葉にどこかで出会ったのです。It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looke...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. T13-Intro 罪のない世界

    T13-Intro 罪のない世界

    アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。パブロ・ピカソテキスト第十三章「罪のない世界」の序論をご紹介します。救済は必要はないのに救済を学ぶってどういうこと!?本節の最後は次のような一文で締めくくられます。「The Atonement is the final lesson he need learn, for it teaches him that, never having sinned, he has no need ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. T18-9 ふたつの世界

    T18-9 ふたつの世界

    ふたつの世界があるように見えるでしょうが、実際はひとつだけです。恐怖心は愛の不在に過ぎません。欠乏は豊かさの不在にすぎません。不平不満は感謝の不在にすぎません。もともと豊かさの中に存在していなかったものだけが欠乏するのです。そもそも存在しなければ、不在になったと言っても意味がないではありませんか。これは隠れんぼのゲームに似ています。誰かがまず隠れます。誰でしょう?あなたでしょうか、私でしょうか。も...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第18章(夢の消滅) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン328「一番を得るために、私は二番を選ぶ」

    レッスン328「一番を得るために、私は二番を選ぶ」

    他人に興味を持つことによって自分自身を忘れよう。毎日、誰かの顔に喜びの微笑みが浮かぶような善行を心がけよう。Dale Carnegieデール・カーネギーI can do things you cannot, you can do things I cannot; together we can do great things.私はあなたにできないことができ、あなたは私にできないことができます。一緒になら、私たちには偉大なことができます。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン328です。「一番を得る...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. レッスン311「私はあらゆる物事を、自分がそれはこうあるべきだと思うように裁いている」

    レッスン311「私はあらゆる物事を、自分がそれはこうあるべきだと思うように裁いている」

    One way the Holy Spirit will awaken you is to teach you that what you think is happening is not happening.聖霊があなたを目覚めさせる方法は、あなたが起こっていると思っていることは起こっていないと教えることだ。Gary R. Renard, The Disappearance of the Universe: Straight Talk about Illusionsゲイリー・R.レナード(「神の使者」)レッスン311です。「私はあらゆる物事を、自分がそれはこうあるべきだと思うよ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. P2-VII 理想的な患者とセラピストの関係とは?

    P2-VII 理想的な患者とセラピストの関係とは?

    A single conversation across the table with a wise man is better than ten years mere study of books.たった一度、賢者とテーブルで向き合って1対1で対話することは、10年ただひたすら本を読んで勉強することにまさる。Henry Wadsworth Longfellowヘンリー・ワズワース・ロングフェロー 今回は、心理療法から「理想的な患者とセラピストの関係」をご紹介します。1.の"God comes to him who calls, and in Him he recogniz...

    心理療法 このカテゴリ一覧を見る
    心理療法 第2章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. T28-7 安全の方舟

    T28-7 安全の方舟

    その人の善悪を知るためには、まず行動を知ることだ。もしそれが善なら、次に動機を知ること。またしてもそれが善であれば、最後に楽しんでいるのかを確かめる。この3つの視点で人を見れば、誰もその善悪を隠し通すことなどできない。孔子Unlearning is essential part of evolving …. And evolving is essential part of finding yourself.アンラーンは進化の本質的な要素だ。。。そして、進化することは、自分自身を見出すために...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. T6-intro,1 キリストの十字架刑の真の意味とは?

    T6-intro,1 キリストの十字架刑の真の意味とは?

    Being thankful is not always experienced as a natural state of existence, we must work at it, akin to a type of strength training for the heart.感謝の気持ちを持つことは、必ずしも生まれながらに定められた資質なわけではないのだから、私たちは、筋力トレーニングで体を鍛えるのと同じように、感謝することに取り組んで心の力を鍛えるべきです。 Larissa Gomezラリッサ・ゴメス (アメリカの女優)Fools learn from ex...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第6章(愛のレッスン) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. T2-3 祭壇はどこにある?

    T2-3 祭壇はどこにある?

    God has a bigger plan for me than I have for myself.神は私が自分で立てたプランよりもずっと偉大なプランを私のために立ててくれている。Anonymous作者不詳God doesn’t give you the people you want, he gives you the people you need.神はあなたの望む人々を与えてくれるわけではない。神はあなたに必要な人々をあなたに遣わしてくれるのだ。To help you, to hurt you, to leave you, to love you and to make you the pers...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. 不幸の原因

    不幸の原因

    Expect trouble as an inevitable part of life and repeat to yourself, the most comforting words of all; this, too, shall pass.トラブルを人生の避けようのない一部と想定して、何にも増して役に立つ言葉を自分に繰り返すのです。「これもまた過ぎ去るはずだ」と。Ann Landersアン・ランダース(エッピー・レデラー アメリカの作家 ペンネームAnnLandersでよく知られている。生年月日: 1918年7月4日出生地: アメリカ合衆...

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. W2ST-2.救済ってなに?

    W2ST-2.救済ってなに?

    Even if no salvation should come, I want to be worthy of it at every moment.たとえもし救済が訪れることがないとしても、私はどんな瞬間においても、救済にふさわしくありたいと思う。Franz Kafkaフランツ・カフカワークブックのレッスンの参考に、ワークブックのパート2から、「救済とは何か?」をご紹介します。コースの目的救済はこのコースの目的です。救済は、ほかの側面から、時間の終わり、世界の終わり、真の世界へ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. 真我(アシュターヴァクラ・ギーター)

    真我(アシュターヴァクラ・ギーター)

    今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから「真我」についての一節をご紹介します。...

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

    レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

    したがって、ヴェーダーンタは、私たちの通常のものの見方をかくも徹底的に破壊するのである。それは世界の内を外に、外を内に変換するものだ。イエスの言葉とされているものにも、同様のものがある。あなたが二なるものを一となすときそして、内なるものを外なるものと外なるものを内なるものと上なるものを下なるものとなすとき・・・・そのとき、あなたがたは〔王国〕に入るであろう・・・・私はそれらすべてを超えたあの〈光〉...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    あなたの扉を通って自分の目的へと進むのに、余計な努力をする必要はない。自分を強制することもない。もしそうせずにはいられないのであれば、目的か扉が他人のものなのだ。しかし、理性は障害と闘ったり乗り越えたりすることに慣れっこになっている。理性は、ものごとに過剰な意義を与えたり、バリアントの流れと闘い始めると、自分で自分のためにあらゆる問題を作り出してしまう。もしあなたが重要性を与えたりしていなければ、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. レッスン29「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」

    レッスン29「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」

    ヴェーダーンタ哲学においては、神以外の何ものも存在しないのだ。神以外の物も存在するように「思われる」が、それはただ神が自分とかくれんぼするためにそれらの虚像を作り上げたり、自分がそれらであるかのように装ったりしているからにほかならない。Alan Wattsアラン・ワッツレッスン29です。今日のテーマは「神は、私の見るあらゆるものの中にいる」です。汎神論今日の考え方は、明らかに汎神論的な宣言です(汎神論 pant...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン21〜30 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. レッスン28「何にもまして私は物事をこれまでと違ったように見たいと望む」

    レッスン28「何にもまして私は物事をこれまでと違ったように見たいと望む」

    When we bring what is within out into the world, miracles happen.私たちが内にあるものを世界の中へともたらすとき、奇跡が起こる。Henry David Thoreau ヘンリー・デイヴィッド・ソローレッスン28です。今日のテーマは「何にもまして私は物事をこれまでと違ったように見たいと望む」です。私たちは過去の経験からのイメージを被せて物事を見ている今日のテーマは、「何をおいても、私は見ることを望む」という昨日の考えを...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン21〜30 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. M15 「最後の審判」って恐ろしいものなの?

    M15 「最後の審判」って恐ろしいものなの?

    I shall tell you a great secret my friend.友よ、あなたにすごい秘密を教えてあげよう。Do not wait for the last judgment, 最後の審判を待つことはない。it takes place every day.それは毎日執り行われているのだから。Albert Camusアルベール・カミュ あなたは間違いなく正しいのかもしれない ーー でも、今のままでは死んだも同然よ。あなたは幸せになりたいの? それとも正しくありたいの?Edith Eva Egerエディス・エヴァ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル11~20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. M17 魔術にはどう対処すべきか

    M17 魔術にはどう対処すべきか

    魔法の道具のすべては、魔法使いが特定の事柄に注意と意志を集中するのを助ける補助手段にすぎません。本当はそれらは必要ありません。必要なものは、ある意味でずっと簡単で同時にずっと難しいのです。魔法を使おうとする人は、自分自身の本当の意志を見つけ、実行しなければなりません。Michael Endeミヒャエル・エンデI've often thought that there isn't any "I" at all; that we are simply the means of expression of some...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  27. ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。漫画だからといってこの本を軽く見てはいけません。陰陽太極図の白の勾玉を聖霊、黒の勾玉をエゴとして表現しているのをはじめとして、コースの概念をそれぞれ唸ってしまうくらいう...

    書籍 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿