1. T10-5 神を否認すること

    T10-5 神を否認すること

    Death surrenders us totally to God:死は私たちを神に完全降伏させる。it makes us enter into him; we must, in return, surrender ourselves to death with absolute love and self-abandonment since, when death comes, all we can do is to surrender ourselves completely to the domination and guidance of God. 死は私たちを神の中へと入り込ませる見返りとして、私たちに自分自身を死に対して、絶対的な愛と自己放棄を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第10章(病の偶像) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T2-2 防衛としての贖罪

    T2-2 防衛としての贖罪

    The Atonement was designed BEFORE the separation.(Remember the words of time-"before"and "after".)贖罪が構想されたのは、分離の前だった。(「前」と「後」という言葉を用いるのはあなたが時間という観点で思考することに便宜上合わせてのことで時間に意味はないことを思い出しなさい)You are the creation of God--Eternal, complete, whole, and free.あなたは神の創造物であり、永遠に完璧で欠けるところがなく自由な存...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    4 コメントの投稿
  3. T13-Intro 罪のない世界

    T13-Intro 罪のない世界

    アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。パブロ・ピカソテキスト第十三章「罪のない世界」の序論をご紹介します。救済は必要はないのに救済を学ぶってどういうこと!?本節の最後は次のような一文で締めくくられます。「The Atonement is the final lesson he need learn, for it teaches him that, never having sinned, he has no need ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない」

    レッスン248「何であれ、苦しむものは私の一部ではない」

    I'm afraid I can't explain myself, sir. いもむしさん、申し訳ないんですけど、私、自分の思ってることを説明できないです。Because I am not myself, you see?だって、私、自分じゃないんですもの。おわかりでしょ?Lewis Carroll, 'Alice In Wonderland'.ルイス・キャロル(「不思議の国のアリス」)骨によって形作られ、皮膚にて上を覆われて汚物によって中を満たされたそのように汚れた肉体が、どうしてそれとは異なった「知...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン241〜250 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン178「レッスン165と166の復習」

    レッスン178「レッスン165と166の復習」

    Happiness is not something you postpone for the future; it is something you design for the present. 幸せとは、あなたが未来まで待たなけれならない何かではない。それはあなたが現在のために思い描く何かだ。Jim Rohnジム・ローンもし目的達成の障害となり得る自分の短所があることを自覚し、必要とされる知識や経験を持っていないと思うのであれば、あなたはそうしたことと折り合いをつけるべきだ。あなたが今ある状態を受...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン79「問題を解決できるように、私に問題を認識させてください」

    レッスン79「問題を解決できるように、私に問題を認識させてください」

    The outward man is the swinging door; the inner man is the still hinge.外向的な人は揺れ動く扉のようなものであるのに対して、内向的な人は揺るがない蝶番(ちょうつがい)のようなものだ。Meister Eckhartマイスター・エックハルトレッスン79です。今日のテーマは「問題を解決できるように、私に問題を認識させてください」です。すでに解決済の問題も、それに気づかないかぎり問題であり続ける今日のレッスンでは、分離と...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン71〜80 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿