1. T23-4 戦場の上空へ

    T23-4 戦場の上空へ

    怒りに固執するのは、薪の燃えさしを相手に投げつけようとして握りしめるようなものだ。結局、それによってやけどを負うのは自分自身なのだ。仏陀怒りなどの感情をコントロールしようとするのは無駄である。感情は「排泄物」なのだ。「排泄物」を操作しても何も変わらないだろう。Alfred Adlerアルフレッド・アドラー人々が怒りを手放したり、解放したりすることについて話すときはいつでも、実際にはそれを排除しようという意味で...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする」

    レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする」

    A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED苦悩する者のための信条I asked God for strength, that I might achieve私は、自分が何かを成し遂げられるようにと、神に力を求めたが、I was made weak, that I might learn humbly to obey...私は、謙虚に神に従うことを学ぶようにと、弱き者とされたI asked for health, that I might do greater things私は、偉大なことをなしうるようにと、健康を求めたが、I was given infirmity, that ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン131〜140 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿