1. S2-2 滅びに至る許し

    S2-2 滅びに至る許し

    The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.弱い者には赦すことが絶対にできない。赦しとは強さの属性だからだ。Mahatma Gandhiマハトマ・ガンジー「真の赦し」と「滅びに至る許し」本節では、「真の赦し」と「滅びに至る許し」の相違が示されます。本サイトでは、「真の赦し」とは、「赦し」として表記しているものです。「滅びに至る許し」は、「許し」として表記しているものです。赦し=真の赦...

    祈りの歌 このカテゴリ一覧を見る
    祈りの歌 第2章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T30-2 意志の自由

    T30-2 意志の自由

    None are more hopelessly enslaved than those who falsely believe they are free.自由ではないのに自分は自由だと誤って信じている人間ほど、哀れな奴隷はいない。Johann Wolfgang von Goetheヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテテキスト第三十章から意志の自由についての一節です。自由意志(エゴに従うかぎり)私たちには自由意志がないということは再三述べてきました。素朴な感覚的判断によるかぎり、私たちには自分に...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T29-9 赦しの夢

    T29-9 赦しの夢

    あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。Friedrich Nietzscheニーチェ(「ツァラトゥストラはかく語りき」より)今回はテキスト第二十九章から「赦しの夢」という一節をご紹介します。偶像崇拝偶像の奴隷になるのは簡単です。誰もが自ら望んで奴隷になります。自分以外のものに自分の運命を左右したり、自分に影響を及ぼす力があると信じることは偶像崇拝です。祟りがあると信じて浄罪のためにお布施をすること、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第29章(目覚め) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    The first reason for people’s slavery is our ignorance, and above all, our ignorance of ourselves.人々が隷属状態に陥る1番の理由は、私たちの無知、それも何にもまして、私たちが自分自身について何も知らないことだ。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフレッスン317です。「私は自分に定められた道に従う」が今日のレッスンです。まず、最後の審判とは何かをご覧ください。自分だけの役目を引き受けるまで私たちは運...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン217(レッスン197の復習)

    レッスン217(レッスン197の復習)

    Without self-knowledge, without understanding the working and functions of his machine, man cannot be free, he cannot govern himself and he will always remain a slave.自分を知ることなしには、すなわち自分が操縦する人間という機械の作用と機能を理解しないかぎりは、人は自由になることができないし、人は自分を支配できず、いつまでも支配された奴隷のままだろう。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフ阿呆はいつ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン204(レッスン184の復習)

    レッスン204(レッスン184の復習)

    あなたは翼を持って生まれたのに、なぜ地面を這いつくばっているのですか?それを死ぬまで続けるつもりですか?Jalal Al-Din RumiルーミーGod will not look you over for medals, degrees or diplomas but for scars.神は、あなたがどれだけ勲章や学位や賞状を得たかなど気にもせず、ただあなたにどんな傷跡があるかだけ確認するだろう。Elbert Hubbardエルバート・ハバードレッスン204です。今日は、レッスン184の復習です...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    The future is programmed in the present.未来は現在において構想され具体化します。To let the past go is to remember that in the present, my brother is innocent.過去を去らせる方法は、現在において自分の兄弟には罪はないと思い出すことです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンPray, and let God worry.祈ることにして、心配ごとは神に委ねなさい。Martin Lutherマルティン・ルターレッスン194です。「私は...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T22-Intro 救済と神聖な関係

    T22-Intro 救済と神聖な関係

    他人とのかかわりを持たなければ、ほとんど傷つかずに済むが、いつまで経っても幸福は訪れない。アール・ナイチンゲール第二十二章 救済と神聖な関係の序論をご紹介します。特別な関係とは特別な関係は、自分が完全ではない欠落した存在であるとの思いから、外にそれを完全なものにしてくれる偶像を求め、自分に欠乏しているものを備えているように見える他者の中から、自分に欠けているものを奪い取って、自分の欠点を補完して完...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. T1-7 妄想の生まれてくる過程

    T1-7 妄想の生まれてくる過程

    友よ、あなたは自分の夢の主人公です。闇を夢見たのもあなたなら、光をもたらすのもあなたです。あなたは誘惑者と救済者の一人二役です。そのことを、あなたはすでに知っているはずなのですが、改めて知るようになります。この自作自演のドラマの中で、あなたの抱える問題は神との関係のみです。見かけは兄弟との揉め事のように感じるかもしれませんが、そうではありません。善悪の木は、あなたの心の中に生えています。自分がつま...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第1章(奇跡の意味) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    ACIMの参考図書(漫画)の紹介

    Alexander MarchandさんのThe Universe Is a Dream: The Secrets of Existence Revealed は、お勧め本です。コースの漫画なんて珍しいですが、よく学校の勉強にとっつきやすくするために漫画化されたものなんかとはちがって、本当に面白く読めます。漫画だからといってこの本を軽く見てはいけません。陰陽太極図の白の勾玉を聖霊、黒の勾玉をエゴとして表現しているのをはじめとして、コースの概念をそれぞれ唸ってしまうくらいう...

    書籍 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿