1. ワークブック・レビュー6 序文

    ワークブック・レビュー6 序文

    怠けた前頭葉が動き出せば「全機」する仏教に関する本を書くときは常になじみのないむずかしい漢字や熟語が頻発する。これが読者を仏教しょから遠ざける原因の一つになっていると思う。筆者も本書ではそうならないように注意してはいるが「全機」という言葉だけはぜひ熟語のまま使いたい。しかも全人類が全機すれば世界を救うことができるほどの重要な言葉である。ぜひ読者も日常この言葉を使って、現代語として復活させていただき...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン134「私がありのままに赦しを知覚できますように」

    レッスン134「私がありのままに赦しを知覚できますように」

    The only thing missing in any situation is that in which you are not givingあなたが置かれた状況がどんなものであれ、唯一欠けているのは、あなたが与えていないものだけです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン134です。今日のテーマは「私がありのままに赦しを知覚できますように」です。参考記事赦しとは何か?レッスン126「私の与えるものはすべて、私自身に与えられる。」赦しとキリストの顔が...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン131〜140 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿