1. A Course of Love 愛のコース

    A Course of Love 愛のコース

    「愛のコース」が気になるぅ!奇跡のコースを学ぶみなさんの中には、マリ・ペロン著「愛のコース」が気になっている方もいらっしゃると思います。コースの続編っていううたい文句だけど、本当だろうか?でも、もし奇跡のコースと整合性がなくて、かえってコースの学びの妨げになるとしたら困りものだし、手を出してよいものか思いあぐねているという方もいらっしゃるかもしれません。A Bridge奇跡のコースと愛のコースについての橋...

    奇跡のコース このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. M4-7 神の教師の特性7(寛大さ)

    M4-7 神の教師の特性7(寛大さ)

    That's what I consider true generosity: 私が思う真の寛大さとは次のようなことです。You give your all, and yet you always feel as if it costs you nothing.自分のすべてを捧げながら、それでいて、そのことで自分が少しでも損をしたかのように感じることがまったくないということです。Simone de Beauvoirシモーヌ・ド・ボーヴォワールI'm a Muslim, but I think Jesus would have a drink with me. おれはイスラム教徒だけ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン40「私は神の子として祝福されている」

    レッスン40「私は神の子として祝福されている」

    Opportunities are usually disguised as hard work, as most peaple don't recognize them.チャンスはたいてい重労働の仮面をつけています。だから、大方の人は、チャンスの存在に気づかないのです。Ann Landersアン・ランダースレッスン40です。今日のテーマは「私は神の子として祝福されている」です。神聖さによる世界=自己の祝福というテーマの総括今日のレッスンは、ここ一連の神聖さによって世界=自己を祝福するという...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン31〜40 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン12「私の心がかき乱されているのは、私が無意味な世界を見ているせいだ」

    レッスン12「私の心がかき乱されているのは、私が無意味な世界を見ているせいだ」

    人間は、息を引き取るその一瞬まで、人生を価値あるものにすることに責任を負っている。Viktor E. Franklヴィクトール・フランクルYou are much too tolerant of mind wandering, and are passively condoning your mind's miscreations.あなたは自分の心があれこれ迷うことに対して、あまりにも寛容すぎるし、心が誤って創造することを、ただ受身の姿勢で大目に見てしまっています。イエス・キリスト(奇跡のコース T2-6 恐れと...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン11〜20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿