1. T12-7 内面を見る

    T12-7 内面を見る

    You have to learn how to turn the tables on the ego. あなたはどのようにしてエゴと形成逆転するかを学ばなければならない。The only way to forgive what is within is to forgive what seems to be without.外にあるように思えるものを赦す唯一の方法は、内にあるものを赦すことだ。Gary R. Renardゲイリー・R.レナード今回はテキスト第十二章から「内面を見る」という一節をご紹介します。たいせつなものは目には見えない不...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T14-4 贖罪におけるあなたの役目

    T14-4 贖罪におけるあなたの役目

    愛を教えることはできません。愛を学ぶこともできません。でも、愛に気づくことはできます。イエス・キリスト(マリ・ペロン著「愛のコース 第一部 コース」 47ページ)誰も他人を無理やりに目覚めさせることはできません。誰でも条件つきの愛をやり取りすることの不毛さを経験するときがやってきます。分離とコントロールが耐え難く辛いものになるまでは、そういう愛にしがみついています。どれくらいで耐えられなくなるかは人...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T29-4 夢の中の登場人物たちの役割

    T29-4 夢の中の登場人物たちの役割

    If you want a love message to be heard, it has got to be sent out.あなたが愛のメッセージを聞きたいのなら、あなたからそのメッセージを送らなくてはなりません。Mother Teresaマザー・テレサ Instead of asking ‘what do I want from life?’ A more powerful question is, ‘what does life want from me?’「私は人生に何を望むか」と尋ねるよりも、もっと力強い問いは、「人生は私に何を求めているのか」と尋ね...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第29章(目覚め) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T25-6 特別な役目

    T25-6 特別な役目

    Love takes off masks that we fear we cannot live without and know we cannot live within.愛は、それなしでは自分は生きていけないと私たちが恐れながらも、それをつけたままでは自分は真に生きることができないとわかっている仮面を取り去るのだ。James Baldwinジェームズ・ボールドウィン今回は、テキスト第二十五章から特別な役目という一節をご紹介します。特別性は全否定すべき?前章の第24章でも、さんざん特別性が叩...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン343「私は、神の慈悲と平安を見出すために犠牲を払うことを求められてはいない」

    レッスン343「私は、神の慈悲と平安を見出すために犠牲を払うことを求められてはいない」

    この世界における暴力や侵害は、あなたがたが犠牲者あるいは迫害者になることを拒否すれば、なくなります。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」108ページ)If you do not express your own original ideas, if you do not listen to your own being, you will have betrayed yourself.もしあなたが自分独自の考えを表現しないなら、もしあなたが自分自身の実在に耳を貸さ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン341〜350 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない」

    レッスン330「今日、私は自分自身をもう二度と傷つけることはしない」

    君の肉体はまだこの人生にへこたれていないのに、魂のほうが先にへこたれるとは恥ずべきことだ。Marcus Aurelius, Meditationsマルクス・アウレリウス(「自省録」)ブレイクスルー思考とは、「すべてのものごとには意味と価値があり、表面的には失敗・挫折・不運のように見えることも、すべて自分の成長のために用意されている順調な試練である」という信念を持つことによって、「その試練に挑戦するだけで、もう乗り越えたのと同...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン324「私はただ従うだけだ。というのも、私は導くつもりはないからだ」

    レッスン324「私はただ従うだけだ。というのも、私は導くつもりはないからだ」

    知らぬ道 知ったふりして 迷うより 聞いて行くのが ほんの近道道歌レッスン324です。「私はただ従うだけだ。というのも、私は導くつもりはないからだ」が今日のレッスンです。まず、創造ってなに?をご覧ください。T9-4 赦しについての聖霊の計画、T7-10 苦しいのが気持ちいいってどういうこと?が参考になると思います。神の救済計画とエゴの救済計画今日のレッスンをより実践的なものにするために、以前のレッスン71「...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    The first reason for people’s slavery is our ignorance, and above all, our ignorance of ourselves.人々が隷属状態に陥る1番の理由は、私たちの無知、それも何にもまして、私たちが自分自身について何も知らないことだ。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフレッスン317です。「私は自分に定められた道に従う」が今日のレッスンです。まず、最後の審判とは何かをご覧ください。自分だけの役目を引き受けるまで私たちは運...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン294「私の身体は、完全に中立的なものだ」

    レッスン294「私の身体は、完全に中立的なものだ」

    人々は肉体離脱という貴重で素晴らしい体験について語るが、そもそもあなたは――想像以外で――肉体の中にいるという類の経験をしたことがあるだろうか。報告されていることによれば、いわゆる臨死体験の典型的な経験のひとつは、上から自分の肉体を見下ろすということである。さて、その真実の瞬間を経験するのに、自分の臨終まで待つ必要はなく、今の瞬間を真実の瞬間にしてはどうだろうか。・・・あなたは、今まで一度もこのように...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. T29-6 時間の終わり

    T29-6 時間の終わり

    夢の時間は特別な時間です。時間は突然別の次元を獲得します。時間は全ての意識領域で同じ時間なのではありません。あなたは夢の中でわずか数秒の内に全人生の運命を体験できます。Michael Endeミヒャエル・エンデ「Zeit-Zauber」苦しい修行の末に賢人ナーラダはヴィシュヌ神に次のように言った。「私は錯覚を克服できるようになりました。」ヴィシュヌ神はナーラダに錯覚の真の力(ヴィシュヌ神の持つマーヤーという不思議な力)...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第29章(目覚め) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. T15-3 卑小さと偉大さ

    T15-3 卑小さと偉大さ

    私という想念の源を探求しなさい。するべきことはそれだけである。宇宙は「私」という想念が原因で存在している。「私」という想念が終焉すれば、不幸もまた終焉する。偽りの「私」という想念は、その源を探ることによってのみ終焉するのである。ラマナ・マハルシ今回は、テキスト第15章から、卑小さと偉大さについての一節をご紹介します。レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない」、レッスン322「私...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  12. レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    Since no man is excluded from calling upon God the gate of salvation is open to all. 神に助けを求めることから誰ひとり除外されてはいないのだから、すべての人に救済の門は開かれている。There is nothing else to hinder us from entering, but our own unbelief.私たちがその門の中に入るのを妨げるものは、何ひとつ存在しない。あるとすれば、それは私たちの自己不信だけだ。John Calvinジャン・カルヴァンレッスン18...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T26-4 天国の門

    T26-4 天国の門

    God does not require a perfect, sinless life to have fellowship with Him, but He does require that we be serious about holiness, that we grieve over sin in our lives instead of justifying it, and that we earnestly pursue holiness as a way of life.神は、神との友好関係を持つために完璧で潔白に生きることを要求したりしない。ただし、私たちが本気で神聖であろうとすることを神が求めているのは確かだ。そうす...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. レッスン154「私は、神の使者のひとりだ」

    レッスン154「私は、神の使者のひとりだ」

    God requires his people to shine as lights in the world. 神は、神に従う人々に世界の光として輝くことを求めています。It is not merely the ministers who are required to do this, but every disciple of Christ. こうすることが求められるのは、牧師たちだけではありません。キリストを信ずるすべての人たちに、こうすることが求められているのです。Ellen Gould Whiteエレン・グールド・ホワイト100%確かな公式が一つ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. T14-5 心の中にある聖地

    T14-5 心の中にある聖地

    You will identify yourself either as a body or perfect spirit, as either divided or whole, depending upon how you see others. あなたが他者をどのように見るか、分離したものと見るか全体でひとつであると見るかによって、あなたは自分自身を身体と思うか完璧な霊と思うかが決まることになる。And, once you understand that, you will be careful about how you think about other people.だから、ひとたびあなたがこのこ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. レッスン115(レッスン99と100の復習)

    レッスン115(レッスン99と100の復習)

    One of the greatest diseases is to be nobody to anybody. 最も深刻な病いは、誰とも個人として関わりを持たないことです。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン115です。今日はレッスン99と100の復習です。[99] Salvation is my only function here. 救済こそ、この世界での私の唯一の役割だ。[100] My part is essential to God’s plan for salvation. 私の役目は、救済のための神の計画にとって欠かせ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン111〜120 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン93「光と喜びと平安が私の中にある」

    レッスン93「光と喜びと平安が私の中にある」

    Joy is prayer; joy is strength: joy is love; joy is a net of love by which you can catch souls.喜びは祈りであり、喜びは強さであり、喜びは愛です。喜びとは愛の網であり、この網によってあなたは人々の心の本質である魂を捕らえることができるのです。Mother Teresaマザー・テレサ 君の中には、君に必要なすべてがある。「太陽」もある。「星」もある。「月」もある。君の求める光は、君自身の内にあるのだ。H...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿