1. T21-6 理性 対 狂気

    T21-6 理性 対 狂気

    己れを知らざることや、知らぬことを知っているように空想して知っていると思いこむことは、狂気にもっとも近い。クセノフォン 狂気に陥った人や眠っている人は、外界を客観的に見ることがまったくできない。しかし、私たちはみんな、多かれ少なかれ狂っており、程度の差はあれ眠っているのであるから、世界を客観的に見ることができない。いいかえれば、ナルシシズムによって歪められた世界を見ている。Erich Frommエーリッヒ・フ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    Of sin and guilt, then, they are not real.だから、罪と罪悪感については、それらは現実ではないのだ。They do not exist.罪も罪悪感も存在しない。'Tis absolutely certain the Son of God is sinless.神の子に罪がないことは絶対的に間違いないからだ。And in the absense of sin, there is no guilt.そして、罪がないのだから、罪悪感もありえない。Jesus Christ(Brent Haskell JOURNEY BEYOND WORDS)イエス・キリストレッス...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン152「 私には決断する力がある」

    レッスン152「 私には決断する力がある」

    If you spend your time hoping someone will suffer the consequences for what they did to your heart, then you're allowing them to hurt you a second time in your mind.もし誰かがあなたの心を傷つけたことについてその人が報いを受けて苦しむことを望みながらあなたが自分の人生の時間を過ごすなら、そのときあなたは、自分の心の中で再びその人があなたを傷つけることを容認しているのです。Shannon L. Alderシャノン・L...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

    T5-5 エゴは罪悪感をどうやって利用するの?

    Guilt’s just your ego’s way of tricking you into thinking that you’re making moral progress. 罪悪感を抱かせることは、あなたに自分がより道徳的になれたように思い込ませるために、あなたのエゴがあなたを騙すために使う方法なの。Don’t fall for it, my dear.親愛なるあなたには覚えておいてほしい。そんなエゴの手に引っかかっちゃだめよ。Elizabeth Gilbertエリザベス・ギルバートテキストから、エゴが罪悪感をどのよう...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン41「私がどこへ行こうとも、神が私と一緒に行ってくれる」

    レッスン41「私がどこへ行こうとも、神が私と一緒に行ってくれる」

    The real miracle is a man who can walk with God every day …真の奇跡とは、毎日を神とともに歩むことのできる人のことだ。When a person walks with God, he finds joy in the everyday things he does. その人が神と歩むとき、彼は自分のする身の回りの何気ない日常に喜びを見出す。Gradually his life begins to expand.徐々に彼の人生は拡張し始めるのだ。Harold Klempハロルド・クレンプ24 あなた方の誰からも神は離れてい...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン41〜50 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン17「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」

    レッスン17「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」

    もし私たちが、世界を個別のかけら、物、事象、原因、結果へと、こま切れにして見るのは「私たちの見方にすぎない」のだということに気づいていたなら、問題は決して生じなかっただろう。Alan Wattsアラン・ワッツレッスン17です。今日のテーマは、「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」です。私たちが曲者であるがゆえに私たちには歪曲した世界が見えているこのレッスンは、私たちが中立なものを見ていないのは、私たちが中...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン11〜20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿