There Is No Spoon

T13-3 救われることに対する恐怖

T13-3 救われることに対する恐怖

Our deepest fear is not that we are inadequate.私たちが最も深く恐れているのは、自分が無能だということではありません。Our deepest fear is that we are powerful beyond measure.私たちが最も深く恐れているのは、私たちには計り知れない力があるということです。It is our Light, not our Darkness, that most frightens us.私たちを最も恐れさせるのは、私たちの光であり、私たちの闇ではないのです。Marianne Williamson...

0
T2-4 恐れからの解放としての癒し

T2-4 恐れからの解放としての癒し

The practice of forgiveness is our most important contribution to the healing of the world.赦しの実践こそ、世界を癒すために私たちにできる最も重要な貢献です。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソン今回は、「恐れからの解放としての癒し」という一節をご紹介します。P2-VI 癒しの定義、M5 「癒し」の仕組みとは?、P2-V 癒しのプロセスが参考になると思います。2.「Physical illness represents a belief in magi...

0
T9-1 現実の受容

T9-1 現実の受容

ほとんどの人間は実のところ自由など求めていない。なぜなら自由には責任が伴うからである。みんな責任を負うことを恐れているのだ。ジクムント・フロイトナポレオン・ヒル:性についての正しい知識、それと正しい思考が、人間にとって最も重要だと言うのですね?悪魔:それがさっきから私がおまえにわからせようとしていることだ。何よりも重要なのは、正しく考えることだ。正しく考えることができれば、どんな問題も解決できるし...

0
T2-6 恐れと葛藤

T2-6 恐れと葛藤

恐怖と正面から向かい合わなければならない経験をするたびに、力と勇気と信念が得られるのです。それは、自分にこう言うことができるからです。「私はこの恐怖にすら耐えたのだ。次に何が来ようと、怖いものか」と。エレノア・ルーズベルト今回は、テキスト第二章から、「恐れと葛藤」という一節をご紹介します。本節では、恐れからの解放について述べられます。恐れは、愛の対概念で、実在する愛の不在に名前を付けた状態で、愛の...

0
T10-2 私はだれ?

T10-2 私はだれ?

理解が沸き上がると言うとあなたはそこに自分がいて理解が沸き上がるのだと思い込んでしまう違うそこにあなたはいまいの中であなたは消え失せるちょうど太陽が昇ると草の葉の上の露が消え失せるように蒸発してゆくように――あなたがエゴなのだあなたはいったい誰のことを言っているのかね?あなたはまるで自分がエゴとは離れていてエゴというのは何かあなたが落としたり運んだりできるものであるかのような言い方をするそれなら、エ...

0
T29-1 隙間を閉じる

T29-1 隙間を閉じる

The goal of spiritual practice is full recovery, and the only thing you need to recover from is a fractured sense of self. 霊的な修行の最終目的は完全に元通りに戻ることです。そして、あなたが唯一回復しなければならないのは、分裂した小さな自己という感覚からだけです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンかくして、私自身と私に起こることとの間に存在する「境界線」が消され、受け身の目撃者であるという...

0
T23-3 妥協することのない救済

T23-3 妥協することのない救済

There is no path to peace. Peace is the path.平和に至る道などない。平和こそが道なのだから。Mahatma Gandhiマハトマ・ガンジーテキスト第二十三章から妥協することのない救済という一節をご紹介します。本節では、形態次第では、容認される攻撃もあるという観念を否認し、救済には妥協がないということを宣言します。この世界という舞台上での出来事をこの舞台上で解決するという前提に立つかぎりは、世界が容認するように、...

0
T19-4Ai 平安への障害1−2

T19-4Ai 平安への障害1−2

Nobody can bring you peace but yourself.あなたに平安をもたらすことができるのは、あなた自身以外に誰もいない。Ralph Waldo Emersonラルフ・ワルド・エマーソン今回は、テキスト第十九章、4の平安への障害から、罪悪感の魅力についての一節をご紹介します。本節では、エゴが使役する恐れの使者と聖霊の遣わす愛の使者が出てきます。いずれの使者も知覚という同じ作用ですが、エゴという主人に仕えるか、聖霊という主人に仕え...

0
T13-5 愛と恐れ

T13-5 愛と恐れ

愛という反応だけが、恐怖心を無力にできます。信じられないのでしたら、試してごらんなさい。あなたが恐怖心を起こさせる誰か、あるいはそういう状況を愛してみれば、恐怖心は消えてしまうでしょう。これは本当です。それは愛が恐怖心の解毒剤であるからというよりも、むしろ恐怖心は「愛の不在」だからです。ですから、愛が現れたところに、恐怖心は居座ることはできません。イエス・キリスト(ポール・フェリーニ著「無条件の愛...

0
レッスン339「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる」

レッスン339「私は、何であれ自分の求めるものを受け取ることになる」

幸福は分かち合うように作られている。ラシーヌ(ジャン・バティスト・ラシーヌ Jean Baptiste Racine,)92 Jesus said: “Seek and you shall find. Yet those things you asked me about before and which I did not tell you I am willing to reveal now, but you no longer ask”.イエスは言われた。「探しなさい、そうすれば、見出すであろう。ただし、以前にあなたがたが私に尋ねたけれど、私がそのときにはあなたがたに話し...

0
レッスン332「恐れがこの世界を束縛している。赦しがこの世界を解放する」

レッスン332「恐れがこの世界を束縛している。赦しがこの世界を解放する」

You can discover what your enemy fears most by observing the means he uses to frighten you.敵があなたを怖がらせる方法をよく観察すれば、その敵が最も恐れていることを見つけることができる。Eric Hofferエリック・ホッファー相手に何を許すかで、自分をどう扱ってほしいのかを相手に伝えていることになる。スティーブン・R・コヴィーレッスン332です。「恐れがこの世界を束縛している。赦しがこの世界を解放する」が今...

0
レッスン323「私は喜んで、恐れを『犠牲』にする」

レッスン323「私は喜んで、恐れを『犠牲』にする」

恐れてはいけません。暗いものをじっと見つめて、その中から、あなたの参考になるものをおつかみなさい。夏目漱石(「こころ」より)Fear: False Evidence Appearing Real.恐れとは、間違った証拠がまるで本物のように見えている状態をいう。Unknown作者不詳Fear is pain arising from the anticipation of evil.恐れとは、害悪を予期することで生じる苦痛のことだ。AristotleアリストテレスIf you are distressed by anything ext...

0
レッスン298「父よ、私はあなたを、そしてあなたの子を愛しています」

レッスン298「父よ、私はあなたを、そしてあなたの子を愛しています」

Whoever confesses that Jesus is the Son of God, God abides in him, and he in God.イエスが神の子であると告白する者は誰であれ、彼の中に神があり、彼は神の中にある。So we have come to know and to believe the love that God has for us. こうして、私たちは神が私たちに抱く愛を知り、信じることができる。God is love, and whoever abides in love abides in God, and God abides in him. 神は愛であり、愛の中に留まる...

0
レッスン295「今日、聖霊が私を通して見る」

レッスン295「今日、聖霊が私を通して見る」

While we look not at the things which are seen, but at the things which are not seen: for the things which are seen are temporal; but the things which are not seen are eternal.私たちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。というのも、見えるものは一時的に見えているだけであり、見えないものこそが永遠のものだからである。2 Corinthiansコリント人への手紙第2 第4章18節レッスン295です。「今日、...

0
レッスン282「今日こそ、私は愛を恐れないことにする」

レッスン282「今日こそ、私は愛を恐れないことにする」

If the idea of loving those whom you have been taught to recognize as your enemies is too overwhelming, consider more deeply the observation that we are all much more alike than we are unalike.もし自分が敵として認識するよう教わってきた者たちを愛するという発想があまりに受け入れがたいというなら、私たちは相互に異なるというよりも私たちはほとんど似通っているという事実認識をより深く考えてみるとよいだろ...

0
レッスン274「今日は愛のものだ。私が恐れませんように」

レッスン274「今日は愛のものだ。私が恐れませんように」

We are not permitted to choose the frame of our destiny. 私たちには自分の運命のあらすじを変える自由は与えられていない。But what we put into it is ours.しかし、筋書きの中に何を盛り込むかは私たちに委ねられている。Dag Hammarskjoldダグ・ハマーショルドレッスン274です。「今日は愛のものだ。私が恐れませんように」が今日のテーマです。まず、キリストってなに?をご覧ください。神の子は自分自身とも神ともひと...

0
レッスン273「神の平安の静けさは私のものだ」

レッスン273「神の平安の静けさは私のものだ」

We need to find God, and he cannot be found in noise and restlessness. 私たちは神を見出さなければなりません。そして、神は騒がしく不穏なところでは見つかりません。God is the friend of silence. 神は静寂の友なのです。See how nature - trees, flowers, grass- grows in silence; see the stars, the moon and the sun, how they move in silence... 木々や花々、草といった自然がどれほど静寂の中で育まれることか、星...

0
レッスン268「すべての物事が本当にあるがままになりますように」

レッスン268「すべての物事が本当にあるがままになりますように」

We are trying not so much to make God listen to us as to make ourselves listen to him; we are trying not to persuade God to do what we want, but to find out what he wants us to do. 私たちは自分が神に耳を傾けるよりも、神が私たちに耳を貸すようにさせようと努めます。つまり、私たちは、神を説得して自分の望むことをさせようとするばかりで、神が私たちに何をさせようとするのか見出そうともしないのです。It so o...

7
レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ」

レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ」

A Fundamental aspect of the nature of God is open communication.神の性質の根本的側面は、開かれたコミュニケーションにある。Nothing is hidden.何も隠されることはない。Nothing lies apart from, outside of , or unavailable to, any other aspect , or part, of Creation-Nothing whatsoever.それが何であれ、創造のどんな側面や一部であっても、分離していたり、外側にあったり、連絡がつかなかったりするようなものは何...

2
レッスン240「いかなる形においても、恐れを正当化することはできない」

レッスン240「いかなる形においても、恐れを正当化することはできない」

あなたは感官の対象に心を動かされてはならないなぜなら、それがすべての不幸の始まりだからだ生きているうちに唯一な状態となれた者だけが肉体が滅びた後にも、唯一なる者となれるのだヤジュル・ヴェーダは宣言していよう「わずかでも差異を見る間は、その者から恐怖は離れない」とシャンカラ(「識別の宝玉」より)レッスン240です。今日のテーマは「いかなる形においても、恐れを正当化することはできない」です。まず、救済...

0
レッスン225「神は私の父だ。そして、神の子は神を愛している」

レッスン225「神は私の父だ。そして、神の子は神を愛している」

Give thanks to the Lord, for he is good; his love endures forever.主に感謝せよ。主は善なるものであり、主の愛は永遠に持ち堪えるからである。1 Chronicles 16:34第一歴代誌第16章34節レッスン225です。「神は私の父だ。そして、神の子は神を愛している」が今日のテーマです。レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。本レッスンでは、神の大いなる愛に神の子が報いることが語られます。報恩と...

0
T15-10 再生のときは今

T15-10 再生のときは今

Miracles are proud creatures; they will not reveal themselves to those who do not Believe.奇跡は誇り高い創造物なので、奇跡は信じない者たちのもとには姿を現さないだろう。Yahia Lababidiヤヒア・ラバビディテキスト第十五章から「再生の時」をご紹介します。5. 「When you are willing to regard them, not as separate, but as different manifestations of the same idea, and one you do not want, they go together....

0
T21-4 怖がらないで覗きこんじゃっていいんです!

T21-4 怖がらないで覗きこんじゃっていいんです!

We lack faith in “what” exists within us because we lack faith in “Who” exists within us.私たちが自分の内面にある「もの」を信頼できないのは、私たちが自分の中にいる「大いなる存在」を信頼できずにいるせいなのです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンEverything in the universe is within you.宇宙の中の万物はあなたの内にある。Ask all from yourself.すべてを自分自身に求めよ。Mawlana Jalal-al-Din Ru...

0
レッスン103「神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある」

レッスン103「神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある」

幸福の追求は自己矛盾である。幸福の追求は幸福を妨げる。ヴィクトール・フランクルレッスン103です。今日のテーマは「神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある」です。1.「Love has no limits, being everywhere. 愛には限界はなく、愛は至るところにあります。 And therefore joy is everywhere as well. だから、喜びも同じように、どこにでも無限にあります。 Yet can the mind deny that this is so, believing ther...

0
W2ST-5.身体ってなに?

W2ST-5.身体ってなに?

唯物論、無神論の人々が、たとえどのように善い人であっても、その人々は、常に肉体人間としての相対観で人生をみていますので、お互いの利害、これは個人社会人類の別なく、相対する利害の前では、どうしても争いの想念行為で結末をつけねばならなくなります。なぜかといえば、この人々にとっては調和し得る中心点がないからです。いいかえれば、相対したものを調和させる絶対者がいないのですから、お互いがお互いの力の争いによ...

0
T1-intro,1 奇跡の原理

T1-intro,1 奇跡の原理

Everything Is A Miracleすべては奇跡There are only two ways to live your life.人の生き方は、二通りしかありません。One is as though nothing is a miracle.ひとつは、奇跡などまったく存在しないと思って生きる生き方です。The other is as though everything is a miracle.もうひとつは、あらゆるものごとが奇跡だと思って生きる生き方です。But without deeper reflection one knows from daily life that one exists for ...

0
T29-7 自分の外を探さない

T29-7 自分の外を探さない

神を求めるのですか?それなら人間の中にお求めなさい。神はほかの何物よりもよく人間の中にあらわれているから。Sri Ramakrishna Paramahamsaラーマクリシュナ問題が「自分の外にある」と考えているなら、その考え方こそが問題である。スティーブン・R・コヴィーYour vision will become clear only when you can look into your own heart. あなたが自分自身の心の奥底を見ることができたら、あなたのヴィジョンははっきり見える...

0
T27-7 夢を夢見る者

T27-7 夢を夢見る者

Mishaps are like knives, that either serve us or cut us, as we grasp them by the blade or the handle.不幸な出来事はナイフのようなものだ。私たちが刃をつかむか柄をつかむかに応じて、私たちを傷つけもすれば助けもする。James Russell Lowellジェームズ・ラッセル・ローウェル今回は、テキストから「夢を夢見る者」(第二十七章 VII. The Dreamer of the Dream )をご紹介します。本節と次節は、コースの世界認識(=自...

0
レッスン58(レビュー:レッスン36〜40)

レッスン58(レビュー:レッスン36〜40)

The eternal quest of the individual human being is to shatter his loneliness.一人の人間がなすべき永遠の探求は、自らの孤独を木っ端みじんに打ち砕くことだ。Norman Cousinsノーマン・カズンズ今日は、うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー をご紹介します。傑作です。夢の中の夢、幻想に遊ぶ神の子の喜びが表れているような映画です。奇跡のコースの夢見を理解するうえでの補助教材としてお勧めします。レッスン58...

0
レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

あなたの扉を通って自分の目的へと進むのに、余計な努力をする必要はない。自分を強制することもない。もしそうせずにはいられないのであれば、目的か扉が他人のものなのだ。しかし、理性は障害と闘ったり乗り越えたりすることに慣れっこになっている。理性は、ものごとに過剰な意義を与えたり、バリアントの流れと闘い始めると、自分で自分のためにあらゆる問題を作り出してしまう。もしあなたが重要性を与えたりしていなければ、...

0
レッスン48「恐れることなど何もない」

レッスン48「恐れることなど何もない」

Nothing in life is to be feared. It is only to be understood.人生に恐るべきことなど何もありません。それはただ理解すべきことなだけです。Marie Curieマリー・キュリーわれわれは死すべき人間としてすべてを恐れ、まるで不死であるかのごとくにすべてを欲する。ラ・ロシュフコーレッスン48です。今日のテーマは「恐れることなど何もない」です。生きているうちに、いつかそれが真理であることを確信しながらこの言葉を本気...

0
レッスン47「神こそが力だ。神の力強さを私は信頼する」

レッスン47「神こそが力だ。神の力強さを私は信頼する」

But he said to me, “My grace is sufficient for you, for my power is made perfect in weakness.” しかし、彼は私に言われた。「私からはあなたにとって十分な恵みを与えている。あなたの我が弱くなることで私の力は完全になるのだ。」Therefore I will boast all the more gladly about my weaknesses, so that Christ’s power may rest on me. それゆえに、私は自分が弱くあることによって、自分がキリストの力を得られるのだ...

0
M4-4 神の教師の特性4(優しさ)

M4-4 神の教師の特性4(優しさ)

「すべての魂は、その意志に反して真理を奪われている」という。正義や節制や善意やその他あらゆる同様の徳についても、奪われているのは同じことだ。このことをつねに念頭に置く必要が絶対にある。なぜならば、そうすることで、君はすべての人に対してもっと優しくなるはずだから。マルクス・アウレリウスマニュアル第4節の続きです。「優しさ」です。「Harm is the outcome of judgment. 危害とは、価値判断して裁くことの結果...

0
真の探求者

真の探求者

今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから「真の探求者」についての一節をご紹介します。まず、テキストから真理の探求についての箇所を抜粋します。...

0
レッスン23「攻撃的な思いを放棄することによって、私は自分の見ている世界から逃れられる」

レッスン23「攻撃的な思いを放棄することによって、私は自分の見ている世界から逃れられる」

もし人が恐怖から自由になりたいのなら、人は時間から自由にならねばなりません。もし時間がなかったら、人は何の恐怖も抱かないでしょう。それがおわかりでしょうか?もしも明日がなく、今だけしかなかったら、思考の運動としての恐怖は終わるのです。ジッドゥ・クリシュナムルティA Jedi uses the Force for knowledge and defense, never for attack.ジェダイは、フォースを知識と防御のために使うのじゃ。決して攻撃のためじゃ...

0
レッスン20「私は見ることに決める」

レッスン20「私は見ることに決める」

もしあなたが根本原理にまで行き着きたいと願うなら、あなたが誰なのか、そして運命や自由意志を持っていると考えるその人とは誰なのかを見出さなければならない。あなたとは誰か?そしてなぜあなたはこの限定された身体を得たのだろうか?ラマナ・マハルシレッスン20です。今日のテーマは「私は見ることに決める」です。今日から、レッスンを実習する時間についての規律がこれまでよりも明確に定められることになります。ワーク...

3
    未分類 (11)
    奇跡のコース (7)
    書籍 (3)
    朗読 (1)
    映画 (2)
    アフォリズム (11)
    教材 (3)
    ネット (1)
    テキスト (262)
    ┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
    ┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
    ┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
    ┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
    ┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
    ┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
    ┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
    ┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
    ┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
    ┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
    ┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
    ┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
    ┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
    ┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
    ┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
    ┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
    ┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
    ┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
    ┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
    ┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
    ┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
    ┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
    ┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
    ┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
    ┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
    ┣  テキスト第26章(移行) (10)
    ┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
    ┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
    ┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
    ┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
    ┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
    ワークブック・パート① (237)
    ┣  レッスン1〜10 (11)
    ┣  レッスン11〜20 (10)
    ┣  レッスン21〜30 (10)
    ┣  レッスン31〜40 (10)
    ┣  レッスン41〜50 (10)
    ┣  レッスン51〜60 (11)
    ┣  レッスン61〜70 (10)
    ┣  レッスン71〜80 (10)
    ┣  レッスン81〜90 (11)
    ┣  レッスン91〜100 (10)
    ┣  レッスン101〜110 (10)
    ┣  レッスン111〜120 (11)
    ┣  レッスン121〜130 (10)
    ┣  レッスン131〜140 (10)
    ┣  レッスン141〜150 (11)
    ┣  レッスン151〜160 (10)
    ┣  レッスン161〜170 (10)
    ┣  レッスン171〜180 (11)
    ┣  レッスン181〜190 (11)
    ┣  レッスン191〜200 (10)
    ┣  レッスン201〜210 (11)
    ┗  レッスン211〜220 (10)
    ワークブック・パート② (159)
    ┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
    ┣  レッスン221〜230 (10)
    ┣  レッスン231〜240 (10)
    ┣  レッスン241〜250 (10)
    ┣  レッスン251〜260 (10)
    ┣  レッスン261〜270 (10)
    ┣  レッスン271〜280 (10)
    ┣  レッスン281〜290 (10)
    ┣  レッスン291〜300 (10)
    ┣  レッスン301〜310 (10)
    ┣  レッスン311〜320 (10)
    ┣  レッスン321〜330 (10)
    ┣  レッスン331〜340 (10)
    ┣  レッスン341〜350 (10)
    ┣  レッスン351〜360 (10)
    ┗  レッスン361〜365 (3)
    マニュアル (42)
    ┣  マニュアル1~3 (4)
    ┣  マニュアル4 (10)
    ┣  マニュアル5~10 (6)
    ┣  マニュアル11~20 (9)
    ┗  マニュアル21~30 (10)
    心理療法 (13)
    ┣  心理療法 第1章 (2)
    ┣  心理療法 第2章 (8)
    ┗  心理療法 第3章 (3)
    用語解説 (8)
    祈りの歌 (15)
    ┣  祈りの歌 第1章 (7)
    ┣  祈りの歌 第2章 (4)
    ┗  祈りの歌 第3章 (4)