1. T9-1 現実の受容

    T9-1 現実の受容

    Most men would rather deny a hard truth than face it.ほとんどの人は、認めたくない真理に向き合おうするよりも、その真理を否認しようとするものだ。 George R.R. Martin ジョージ・R・R・マーティン ほとんどの人間は実のところ自由など求めていない。なぜなら、自由には責任が伴うからである。みんな、責任を負うことを恐れているのだ。ジクムント・フロイトナポレオン・ヒル:性についての正しい知識、それと正しい思考が、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第9章(贖罪の受容) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたからの祝福を与えてください」

    レッスン161「聖なる神の子よ、私にあなたからの祝福を与えてください」

    The best way to cheer yourself up is to try to cheer somebody else up.自分を元気づける一番の方法は、ほかの誰かを元気づけようとすることだ。Mark Twainマーク・トウェインWhen you focus on being a blessing, God makes sure that you are always blessed in abundance.あなたが祝福することに意識を集中するなら、神は間違いなく、あなたがつねに豊かさの中で祝福されるようにしてくれる。Joel Osteenジョエル・オーステ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン161〜170 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. コントロールを手放す(無条件の愛―キリスト意識を鏡として)

    コントロールを手放す(無条件の愛―キリスト意識を鏡として)

    The art of reading and studying consists in remembering the essentials and forgetting what is not essential.本質的なことだけを覚えておいて、本質的ではないなものはすべて忘れることが、学ぶために読書する際のコツだ。Adolf Hitler, Mein Kampfアドルフ・ヒトラー(「我が闘争」)Of the reading of Holy Scriptures聖なる書物の読み方についてIt is Truth which we must look for in Holy Writ, not cunning of words....

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン64「私が自分の役目を忘れずにいられますように」

    レッスン64「私が自分の役目を忘れずにいられますように」

    あなたが気に入った他人を模倣することだけはやってはいけない。たとえば、他人と同じように、あのような筋肉質になりたいとか、あのような身のこなし方、話し方、歌い方、演じ方をしたいなどと思うことについて言っているのだ。この他人をあなたが気に入ったのは、まさに彼らが自分のセクターで自分だけの長所を現実化しているからにほかならない。・・・あなたは本当に唯一無二の個性を持っており、その点で誰もあなたのライバル...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン61〜70 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. 神の使者朗読

    神の使者朗読

    Lord, make me an instrument of thy peace. 主よ、私をあなたの平安の道具としてください。Where there is hatred, let me sow love.憎しみのあるところに、私に愛の種を蒔かせてください。Francis of Assisiアッシジの聖フランチェスコIf the all powerful god controls satan he is an accomplice, and if he doesn't, he is not an all powerful god.もし全能の神がサタンを支配しているのなら、神はサタンの共犯者ということ...

    書籍 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿