1. ワークブック・レビュー6 序文

    ワークブック・レビュー6 序文

    怠けた前頭葉が動き出せば「全機」する仏教に関する本を書くときは常になじみのないむずかしい漢字や熟語が頻発する。これが読者を仏教書から遠ざける原因の一つになっていると思う。筆者も本書ではそうならないように注意してはいるが「全機」という言葉だけはぜひ熟語のまま使いたい。しかも全人類が全機すれば世界を救うことができるほどの重要な言葉である。ぜひ読者も日常この言葉を使って、現代語として復活させていただきた...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. ワークブック レビュー3 序文

    ワークブック レビュー3 序文

    周囲の誰かと自分を比べても優越感や劣等感が生じて疲れるだけで何の得にもなりませんが、昨日の自分と比べると自分の成長につながります。「他の人より上」でなく「自分史上最高」を目指せばいいのです。高田明他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは、立派な恥だ。John Lubbockジョン・ラボックAll you have to do is win more today than yo...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン111〜120 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿