1. T24-2 特別であるという欺瞞

    T24-2 特別であるという欺瞞

    他人の魂の中に何が起こっているか気をつけていないからといって、そのために不幸になる人はそうそういるものではない。しかし、自分自身の魂の動きを注意深く見守っていない人は必ず不幸になる。Marcus Aurelius, Meditationsマルクス・アウレリウス(「自省録」)我々は「自分の心は自分が一番よく知っている」などと考えないほうがいい。むしろ「自分の心は自分の気づかぬ別のものに動かされている」と思ったほうが正確である。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T3-5 知覚の超越

    T3-5 知覚の超越

    One of the main reasons that we lose our enthusiasm is because we become ungrateful, we let what was once a miracle become common to us.私たちが情熱を失ってしまう主な要因は、私たちがかつては奇跡であったことを自分にとってありふれた出来事にしてしまって、ありがたく思う気持ちを忘れてしまうためです。Joel Osteen, 'Your Best Life Now'.ジョエル・オスティーン(「あなたはできる 運命が変わる7つのステップ」)...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第3章(潔白な知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン250「私が自分自身を限られた存在とみなしませんように」

    レッスン250「私が自分自身を限られた存在とみなしませんように」

    The key to enlightenment lies in a secret that very few people have ever known, but which Jesus knew well.光明を得るための鍵は、ひとつの秘密にある。その秘密は、これまでごくわずかな人々しか知らなかったが、イエスはそれをよく知っていた。The way you will experience and feel about yourself is not determined by how other people look at and think about you. その秘密とは、あなたが自分自身のことをどう体験...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン241〜250 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    レッスン54(レヴュー:レッスン16~20)

    あなたの扉を通って自分の目的へと進むのに、余計な努力をする必要はない。自分を強制することもない。もしそうせずにはいられないのであれば、目的か扉が他人のものなのだ。しかし、理性は障害と闘ったり乗り越えたりすることに慣れっこになっている。理性は、ものごとに過剰な意義を与えたり、バリアントの流れと闘い始めると、自分で自分のためにあらゆる問題を作り出してしまう。もしあなたが重要性を与えたりしていなければ、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿