1. T7-4 真理の認識としての癒し

    T7-4 真理の認識としての癒し

    忘却はよりよき前進を生む。Friedrich Nietzscheニーチェ今回は、第7章から「真理の認識としての癒し」をご紹介します。神の法とエゴの法則M5 「癒し」の仕組みとは?、S3-2 偽りの癒し 対 真の癒し が参考になると思います。天国では神の法が行き渡り、自分の拡張するものが自分の現実となります。神の子はすべてでありすべてを持っているので、神の子が拡張するのは自分自身であり、拡張したものは実在し、神の子にとって自...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第7章(王国の贈り物) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T26-3 国境地帯

    T26-3 国境地帯

    この世で一番遠い場所は自分自身の心である。寺山修司あくる日になって、バスチアンはもう一度、自分のさがすもののことで、おばさまにはなしかけた。「ぼく、生命の水、どこをさがせばいいの?」「ファンタージエンの境。」アイゥオーラおばさまはいった。「だけど、ファンタージエンには、境がないのでしょう?」バスチアンはたずねた。「あるのよ。でもそれは、外にあるのではなくて、内にあるの。幼ごころの君が、すべてのお力...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン272「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」

    レッスン272「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」

    権威は、それが信念や伝統の権威であろうと、あるいは道徳と呼ばれている習慣によるものであろうと、どれも邪悪なのである。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティよい人と一生安らかにいたとて、一生この世の栄耀をつくしたとて、所詮は旅立する身の上だもの、すべて一場の夢さ、一生に何を見たとて。(第20詩)オマル・ハイヤーム 「ルバイヤート」Weak? 弱さだって?Oh, I am sick of hearing that phrase. ああ、私はそ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン271〜280 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン122「赦しは、私の欲するすべてを差し延べてくれる」

    レッスン122「赦しは、私の欲するすべてを差し延べてくれる」

    One resists the invasion of armies; one does not resist the invasion of ideas人は軍隊の侵入には抵抗するが、想念の侵入には抵抗しないものだ。Victor Hugoヴィクトル・ユーゴー心の底からやりたいと思わないなら、やめておけ。Ernest Hemingwayアーネスト・ヘミングウェイレッスン122です。今日のテーマは「赦しは、私の欲するすべてを差し延べてくれる」です。私たちはエゴによって偽りの望みに惑わされている「3. Forgi...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿