1. T13-10 罪悪感からの解放

    T13-10 罪悪感からの解放

    怒りや落胆を感じたら、ただこう尋ねなさい。「なぜ、私は怒っているのか。なぜ、自己防衛の必要を感じているのか?何を怖がっているのだろうか」自分にこう問い続けると、怒りと恐怖心の源がうっすら見えてきます。これらの感情の層を抜け出したら、自分自身に尋ねます。「さて、私の罪とはいったい何か」あなたはいったい何の罪のことを言っているのでしょう。人生におけるあらゆるネガティブな感情は、自分の無意識の”罪悪感・...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます」

    レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます」

    There are two kinds of people: those who say to God, 'Thy will be done,' and those to whom God says, 'All right, then, have it your way.'二種類の人々がいる。神に対して「御心のままに」と言う者たち、そして、神から「よかろう、それでは、私の意図することをあなたのやり方でやりなさい」と言われる者たちだ。C. S. LewisC. S. ルイス神は個人の意志を抑圧しているわけではない。神は、神ご自身が望んでいることとは別...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン293「すべての恐れは過ぎ去り、ただ愛だけがここにある」

    レッスン293「すべての恐れは過ぎ去り、ただ愛だけがここにある」

    There is no fear in love, but perfect love casts out fear. 愛に恐れはない。完全な愛は恐れを一掃する。For fear has to do with punishment, and whoever fears has not been perfected in love. というのも、恐れは処罰を伴うが、誰であれ恐れる者は愛を全うしていないからである。We love because he first loved us. 私たちが愛するのは、まず神が私たちを愛してくれたからである。If anyone says, “I love God,” and hate...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン266「神の子よ、私の神聖な大いなる自己は、あなたの中にそのまま残っています」

    レッスン266「神の子よ、私の神聖な大いなる自己は、あなたの中にそのまま残っています」

    この世には、失敗もなければ偶然もありません。すべての出来事は、私たちに与えられた恵みであり、何かを学ぶ機会なのです。Elisabeth Kubler-Ross.エリザベス・キューブラー・ロスレッスン266です。「神の子よ、私の神聖な大いなる自己は、あなたの中にそのまま残っています」が今日のテーマです。まず、身体とは何かをご覧ください。私たちは救い主に囲まれて生きている2.「How many saviors God has given us!  神は、なん...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン261〜270 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    I'm a little pencil in the hand of a writing God, who is sending a love letter to the world.私は、世界に宛てて送るラブレターを認(したた)める神が手にする小さな鉛筆です。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン260です。「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」が今日のテーマです。まず、罪とは何かをご覧ください。父性と権威問題私たちがキリストのヴィジョンで見ることができなくな...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    人生で何にも増して耐え難いのは悪天候が続くことではない。雲ひとつない好天が続くことだ。Carl Hiltyカール・ヒルティレッスン228です。「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」が今日のテーマです。レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。神と神の子の関係性神を巨大な湖、神の子を湖面とイメージしてみます。自然な状態では、湖面はひとつながりの水面であり、湖面を...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン177「レッスン163と164の復習」

    レッスン177「レッスン163と164の復習」

    Every man is more than just himself; he also represents the unique, the very special and always significant and remarkable point at which the world's phenomena intersect, only once in this way, and never again. どんな人間もただその人自身であることしかできない。このことは同時に、自分自身であることは、どんなに世界が変わろうとも、いまだかつてなく、そして二度と現れるのとのない独自のきわめて特別で不変...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン167「生命はひとつであり、そのひとつの生命を私は神と分かち合っている」

    レッスン167「生命はひとつであり、そのひとつの生命を私は神と分かち合っている」

    The knower and the known are one. 知るものと知られるものはひとつである。Simple people imagine that they should see God as if he stood there and they here. 普通の人々は、まるで神がそこにいて彼らはここにいるかのように神と出会うものと想像する。This is not so. それは違う。God and I, we are one in knowledge. 神と私、私たちは知ることによってひとつになるのだ。Meister Eckhartマイスター・エックハルトレッス...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン161〜170 このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿
  9. レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神とともに歩む」

    レッスン156「私は、完璧な神聖さの中を神とともに歩む」

    Jesus is a divine guest inside of you all the time - one who loves, understands, sees and hears you. イエスこそ、あなたの内面にいつでもいてくれる神に遣わされた賓客です。イエスは、あなたを愛し理解し、見て聞いています。He wants to live in oneness with you... to be the centerpiece of everything you do. イエスは、あなたがあらゆることをなすに際しての中軸となれるよう、あなたとひとつになって生きることを...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン131「真理に到達しようとして失敗することは誰にもできない」

    レッスン131「真理に到達しようとして失敗することは誰にもできない」

    この道を行けばどうなることかと危ぶむなかれ危ぶめば道はなし踏み出せばその一歩が道となるその一足が道であるわからなくても歩いていけ行けばわかるよ清沢哲夫(「無常断章」より)The truth is lived, not taught.真理は生きるものであって、教わるものではない。Hermann Hesseヘルマン・ヘッセレッスン131です。「真理に到達しようとして失敗することは誰にもできない」が今日のテーマです。実在するのは愛だけなので、私た...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン131〜140 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン85「レッスン69と70の復習」

    レッスン85「レッスン69と70の復習」

    Life is an adventure in forgiveness.人生とは赦しに取り組む冒険なのだ。Norman Cousinsノーマン・カズンズレッスン85です。今日のテーマは次のふたつです。[69] "My grievances hide the light of the world in me."「私の不平不満は私の中にある世界の光を覆い隠してしまう」[70] "My salvation comes from me."「私の救済は私から起こる」今日は、「7つの習慣-原則中心リーダーシップ」をご紹介します。この本は、7つの習...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン81〜90 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    感謝する人は、不正な仕打ちを受けることがあろうとは信じられません。怒りに満ちた人は、神に愛されるなぞ想像もできません。どちらの世界に住みたいですか。選ぶのはあなたです。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」より)トランサーフィンの観点から言えば、様々なつまらないことで不満を口にするという有害な習慣は、私たちの邪魔をする。反対に、たとえささやかなこ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン71〜80 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. レッスン43「神は私の大いなる源だ。私は神から離れて見ることはできない」

    レッスン43「神は私の大いなる源だ。私は神から離れて見ることはできない」

    People see God every day, they just don't recognize him. 人はみな毎日神に出会っています。彼らはただ神に気づいていないだけなんです。Pearl Baileyパール・ベイリーIf you live in harmony with nature you will never be poor; if you live according what others think, you will never be rich.もしあなたが自然と調和して生きるなら、あなたは決して貧することはないだろう。もしあなたが他人の考えに従って生きるなら、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン41〜50 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. レッスン30「神は、私の見るすべてのものの中にいる。なぜなら、神は私の心の中にいるからだ」

    レッスン30「神は、私の見るすべてのものの中にいる。なぜなら、神は私の心の中にいるからだ」

    Atheists who keep asking for evidence of God’s existence are like a fish in the ocean wanting evidence of water.神が存在する証拠を求め続ける不可知論者たちは、海の中にいながら、海水が存在する証拠を欲しがる魚のようなものだ。Ray Comfortレイ・コンフォートレッスン30です。今日のテーマは「神は、私の見るすべてのものの中にいる。なぜなら、神は私の心の中にいるからだ」です。拡張と投影「あなたの拡張するもの...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン21〜30 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」

    レッスン6「私の心が乱れているのは、そこにありもしないものを見ているせいだ」

    If you are pained by external things, it is not they that disturb you, but your own judgement of them. もし君が何か外的な事実によって苦悩しているとしたら、その事実そのものが君を悩ましているわけではない。そうではなくて、その事実に関する君の価値判断が君を悩ませているのだ。And it is in your power to wipe out that judgement now.つまり、君には、今にも、その価値判断を一掃する力があるということだ。Marcus...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン1〜10 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿