1. T19-1 癒しと信頼

    T19-1 癒しと信頼

    友人を信用しないのは、友人に欺かれるよりもはるかに恥ずべきことである。ジャン・パウルTo have faith is to trust yourself to the water. 信頼を抱くことは、水に入る自分自身を信じることだ。When you swim you don't grab hold of the water, because if you do you will sink and drown.あなたが泳ぐとき、あなたは水を掴んだままではいられない。なぜなら、もしあなたがそんなことをすれば、あなたは沈んで溺れてしまうか...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  2. T19-4C 平安への障害3

    T19-4C 平安への障害3

    Peace if possible, truth at all costs. もし平安に至ることが可能だとしたら、必要なのは真理だけだ。Martin Lutherマルティン・ルター死を助言者とせよ。Carlos Castanedaカルロス・カスタネダ無欲であるべきだとは言わなかったのと同様、私はここで、死を恐れるべきではないと言っているわけではない。死に対する恐怖を抑圧すると、かえってそれを強めることになる。今ある「私」とその他すべての「物事」は消え去るのだという...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T19-4Ai 平安への障害1−2

    T19-4Ai 平安への障害1−2

    Nobody can bring you peace but yourself.あなたに平安をもたらすことができるのは、あなた自身以外に誰もいない。Ralph Waldo Emersonラルフ・ウォルドー・エマソン今回は、テキスト第十九章、4の平安への障害から、罪悪感の魅力についての一節をご紹介します。恐れの使者と愛の使者本節では、エゴが使役する恐れの使者と聖霊の遣わす愛の使者が出てきます。いずれの使者も知覚という同じ作用ですが、エゴという主人に仕えるか...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン181から200に向けての導入

    レッスン181から200に向けての導入

    The best preparation for good work tomorrow is to do good work today. 明日良い仕事をするための最善の準備は、今日良い仕事をすることだ。Elbert Hubbardエルバート・ハバード復習期間、お疲れさまでした!さあ、これからまた新しいレッスンに入ります。まず、レッスン181から200に向けての導入の説明です。...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T4-intro 正しいジコチュウになれば元気になれる!?

    T4-intro 正しいジコチュウになれば元気になれる!?

    もし自分を説得しなければならないのなら、それは他人のものだ。もしそれがあなたのものならば、自分を説得する必要はない。Vadim Zelandヴァジム・ゼランド気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に「いいかっこう」を見せようとしないからだ。Dale Carnegieデール・カーネギー「道は開ける」 簡単に言うと、症状や問題というのは中心を欠いた深刻な身体状...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン98「私は救済のための神の計画における自分の役目を受け入れることにする」

    レッスン98「私は救済のための神の計画における自分の役目を受け入れることにする」

    Peace requires us to surrender our illusions of control.平安に至るには、私たちが自分にはコントロールする力があるという錯覚を放棄することが必要だ。Jack Kornfieldジャック・コーンフィールドWe must let go of the life we have planned, so as to accept the one that is waiting for us.私たちは、自分のことを待ち受けている人生を受け入れるために、自分で立てた人生プランを手放さなければならない。Joseph Campbell...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿