1. T6-5 聖霊のレッスン

    T6-5 聖霊のレッスン

    Since only God exists, and everything else is an illusion, then the effects of lovelessness are only happening within the ego’s hallucination. 神だけが存在し、それ以外のものはすべて幻想なのですから、愛がないことによって生じる結果はエゴの幻覚の中で起きているにすぎないということになります。The word sin means loveless perception. 罪という言葉は、愛のない知覚を意味します。It is an archery term. それは...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第6章(愛のレッスン) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン346「今日、神の平安が私を包みこむ。そして、私は神の大いなる愛以外のすべてを忘れる」

    レッスン346「今日、神の平安が私を包みこむ。そして、私は神の大いなる愛以外のすべてを忘れる」

    Have you not noticed that love is silence?あなたは愛は沈黙だということに気づいたことがありますか?It may be while holding the hand of another, or looking lovingly at a child, or taking in the beauty of an evening.他の人の手を握ったり、愛を込めて子どもを見つめたり、夕暮れの美しさに浸ったりするとき、愛はあるのです。Love has no past or future, and so it is with this extraordinary state of silence.愛...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン341〜350 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. W2ST-10.最後の審判ってなに?

    W2ST-10.最後の審判ってなに?

    人の一生は動き回る影法師、哀れな役者に過ぎぬ。自分の出番のときだけ舞台の上でふんぞり返ったり、わめいたり。だが、その声もやがて聞こえなくなる。人の一生とは、うつけ者が唱える物語。がやがやとすさまじいばかり、ついには何のとりとめもありはせぬ。ウィリアム・シェイクスピア今回は「最後の審判とは何か」です。参考に、「最後の審判」って恐ろしいものなの?をご覧ください。最後の審判は、この世界で知覚することが終...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン285「私の神聖さが今日、鮮明にはっきりと輝く」

    レッスン285「私の神聖さが今日、鮮明にはっきりと輝く」

    Holiness is an unselfing of ourselves.神聖さとは、私たちという個別の自己への自己同一化を解消することだ。Frederick W. Faberフレデリック・W・フェイバー自己に執着すればするほど、人は真の自己を失う。自己をなくせばなくすほど、人はその人自身になる。Michael Endeミヒャエル・エンデレッスン285です。「私の神聖さが今日、鮮明にはっきりと輝く」が今日のテーマです。まず、聖霊とは何かをご覧ください。神聖さは愛...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン281〜290 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン168「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします」

    レッスン168「私はあなたの恵みを授かっています。私は今こそ、それを自分のものにします」

    古代ギリシャの悲劇で、「デウス・エクス・マキナ」と呼ばれる筋書きの仕組みがよく用いられます。話が悲劇のクライマックスに達し、すべての望みが断ち切られたかのように思われる瞬間に、神が現れて救いをもたらします。これはすべての物事の原型ともなる重要な情報です。物事が最悪の状態に見える最後の瞬間に、神は確かに現れると言う傾向があるようです。これは神がサディスティックなユーモアのセンスを持っているが故に、私...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン161〜170 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T11-6 悪夢から目覚める

    T11-6 悪夢から目覚める

    Nobody at any time is cut off from God.ほんの一瞬でも神から切り離されている者は、誰ひとりいない。Meister Eckhartマイスター・エックハルトWhat is ‘real’? How do you define ‘real’? If you’re talking about what you can feel, what you can smell, taste and see then ‘real’ is simply electrical signals interpreted by your brain.「現実」とは何だ? 君は「現実」をどう定義する? もし君が、自分が感じたり、匂...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T14-2 喜んで学ぶ者

    T14-2 喜んで学ぶ者

    We profit little by books we do not enjoy.面白いと思わなければ、私たちは本からほとんど何も学ぶことはできない。John Lubbock, The Pleasures of Lifeジョン・ラボックDo not train a child to learn by force or harshness, but direct them to it by what amuses their minds.無理強いや厳しさによって学ぶように子供を教育するのではなく、子どもの心を楽しませるものによって彼らが学ぶように導きなさい。Platoプラトン“I...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. 不幸の原因

    不幸の原因

    Expect trouble as an inevitable part of life and repeat to yourself, the most comforting words of all; this, too, shall pass.トラブルを人生の避けようのない一部と想定して、何にも増して役に立つ言葉を自分に繰り返すのです。「これもまた過ぎ去るはずだ」と。Ann Landersアン・ランダース(エッピー・レデラー アメリカの作家 ペンネームAnnLandersでよく知られている。生年月日: 1918年7月4日出生地: アメリカ合衆...

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. T27-7 夢を夢見る者

    T27-7 夢を夢見る者

    Mishaps are like knives, that either serve us or cut us, as we grasp them by the blade or the handle.不幸な出来事はナイフのようなものだ。私たちが刃をつかむか柄をつかむかに応じて、私たちを傷つけもすれば助けもする。James Russell Lowellジェームズ・ラッセル・ローウェル今回は、テキストから「夢を夢見る者」(第二十七章 VII. The Dreamer of the Dream )をご紹介します。この世界が夢だとしたら本節と次節は、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第27章(夢を癒す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. M4-6 神の教師の特性6(無防備)

    M4-6 神の教師の特性6(無防備)

    傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求しているときは、心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ。Paulo Coelhoパウロ・コエーリョ(「アルケミスト」157ページ)There never was a good war or a bad peace.これまで一度たりとも、良い戦争や悪い平和が存在したためしがない。Benjamin Franklinベンジャミン・フ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. 「師」アシュターヴァクラ・ギーター

    「師」アシュターヴァクラ・ギーター

    今回は、アシュターヴァクラ・ギーターから、「師」という詩をご紹介します。...

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. 気づき(アシュターヴァクラ・ギーター)

    気づき(アシュターヴァクラ・ギーター)

    夢の主人公の参考に、アシュターヴァクラ・ギーターからご紹介します。...

    アフォリズム このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿