There Is No Spoon

T3-4 誤りとエゴ

T3-4 誤りとエゴ

エゴの幻想を通じて眺めているくせに、他人がそうしたからといって、自分のことを他人よりましだとか優れているとかと考えることはできない。そこには、四方八方で数かぎりないかくれんぼをしている、ただひとつのがあるだけなのだ。アラン・ワッツ今回は、テキスト第三章から「誤りとエゴ」という一節をご紹介します。本節では、人間の意識について語られます。「2. Consciousness, the level of perception, was the first split...

0
T13-8 知覚から知識へ

T13-8 知覚から知識へ

Hear me well.よく聞きなさい。Perception ALWAYS arises from the belief that you ARE something which you ARE NOT.知覚はつねにあたなはあなたではない何かであるという信念から生じてきます。Indeed, the summation of this course could line in the next sentence or two.本当に、このコースの要点は、つぎの数行の文章で述べることができます。Your belief that you ARE something which you ARE NOT is always the belief...

0
T21-5 理性の働き

T21-5 理性の働き

When we remember we are all mad, the mysteries disappear and life stands explained. 私たちが自分たち全員が気が狂っていることを思い出せば、神秘は消え失せて、人生の説明がつくようになる。Mark Twainマーク・トウェイン今回は、テキスト第二十一章から「理性の働き」という一節をご紹介します。2. の”But never believe because it is your faith it makes reality.”の意味がわかりにくいです。”never believe”の直後には...

0
T14-7 聖霊と知覚を共有する

T14-7 聖霊と知覚を共有する

One way the Holy Spirit will awaken you is to teach you that what you think is happening is not happening.聖霊があなたを目覚めさせる方法のひとつは、あなたが起こっていると思っていることが起こってはいないとあなたに教えることです。Gary R. Renard, The Disappearance of the Universeゲイリー・レナード(「神の使者」より)今回はテキスト第十四章から、聖霊と知覚を共有することについての一節をご紹介します。聖...

0
T3-5 知覚の超越

T3-5 知覚の超越

One of the main reasons that we lose our enthusiasm is because we become ungrateful, we let what was once a miracle become common to us.私たちが情熱を失ってしまう主な要因は、私たちがかつては奇跡であったことを自分にとってありふれた出来事にしてしまって、ありがたく思う気持ちを忘れてしまうためです。Joel Osteen, 'Your Best Life Now'.ジョエル・オスティーン今回はテキスト第三章から、知覚の超越という一節を...

0
T4-3 葛藤のない愛

T4-3 葛藤のない愛

If I truly love one person I love all persons, I love the world, I love life. もしも私が真にひとりの人を愛するなら、私はすべての人を愛し、世界を愛し、生命を愛するのである。If I can say to somebody else, "I love you," I must be able to say, "I love in you everybody, I love through you the world, I love in you also myself.”もしほかの誰かに「私はあなたを愛している」と言えるなら、私は「私はあなたたち...

0
T14-Intro,1 学習のための条件

T14-Intro,1 学習のための条件

If you start with the dogma that ‘miracles are impossible’ then clearly they are impossible. 「奇跡を起こすのは不可能だ」という独断的な見解からスタートするなら、奇跡を起こすのは明らかに不可能になる。This is a statement, not an argument.これは意見を主張しているわけではなく、ただ事実を宣言しているだけだ。Denis Alexanderデニス・アレクサンダーテキスト第14章から、序文と第1節をご紹介します。「2. Indi...

0
T9-6 えーっ!?人類皆兄弟って綺麗事じゃなくて真実だったの?

T9-6 えーっ!?人類皆兄弟って綺麗事じゃなくて真実だったの?

When the soul is totally lost, it finds that it is the very self it had sought for so long in vain. 魂が完全に行方知れずになったとき、魂は、その自分を完全に喪失した状態こそ、それまで自分が虚しく探求していた真の自己なのだと気づく。Here the soul is God. ここで魂は神となる。Here it enjoys supreme bliss. ここで魂は至福を楽しむ。Here it is sufficient unto itself.ここで魂は自らに満足する。Here it shines...

0
レッスン336「赦しが、個々の心はひとつに結びついていることを、私にわからせてくれる」

レッスン336「赦しが、個々の心はひとつに結びついていることを、私にわからせてくれる」

In Africa there is a concept known as ubuntu—the profound sense that we are human only through the humanity of others; that if we are to accomplish anything in this world, it will in equal measure be due to the work and achievements of others. アフリカには、「ウブントゥ」という名で知られている概念がある。それは、他者との人としての関わりや他者からの思いやりを通してのみ、私たちは人間でいられるのであ...

0
T8-5 統合された意志

T8-5 統合された意志

Here is the secret of Jesus’ life and work for God: イエスがその生涯と働きを神に捧げることができた秘密がここにある。He prayerfully waited for His Father’s instructions and for the strength to follow them. それは、イエスが祈りを通して父なる神からの指示を受け取るのを待ち、神の指示に従う力が与えられるのを待って、神の意志をなしていたということだ。Jesus had no divinely-drawn blueprint; イエスは、あらか...

0
T8-1 カリキュラムの変更です

T8-1 カリキュラムの変更です

When you go through a hard period,あなたが辛い時期を過ごしているとき、When everything seems to oppose you,すべての物事があなたに反対しているように思えるとき、... When you feel you cannot even bear one more minute,あなたがもう一瞬たりとも耐えられないと感じるとき、NEVER GIVE UP!絶対に諦めてはいけない!Because it is the time and place that the course will divert!なぜなら、それは人生の進路が切り替わろ...

0
レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷つける」

レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷つける」

Your life is the fruit of your own doing. You have no one to blame but yourself.あなたの人生は、あなた自身がなしたことの果実だ。あなたが非難できる相手はただ自分自身だけなのだ。Joseph Campbellジョセフ・キャンベルレッスン198です。「ただ私が非難することだけが私を傷つける」が今日のテーマです。神の子は不死なる存在なので、傷つくことなどできません。そして、神の子は自由なので、囚われの身になることなど...

0
T3-3 知覚と知識ってどう違うの?

T3-3 知覚と知識ってどう違うの?

When I am employed in serving others I do not look upon myself as conferring favors but paying debts.私は他者に奉仕するときには、自分が親切を施しているとは思わずに、借りを返しているのだと思うようにしている。Benjamin Franklinベンジャミン・フランクリン今回はテキスト第三章から、知覚と知識について述べる一節をご紹介します。一般的な用語としての「知識」は、物事を認識することによって得られた成果を指し、外...

0
レッスン139「私は、自分自身のために贖罪を受け入れることにする」

レッスン139「私は、自分自身のために贖罪を受け入れることにする」

子どもたちはどんな教えよりも、真似をして学んでいきます。他の人の人生にプラスの影響を及ぼす最大の機会は、神の愛を自分自身の人生に受け入れることによって訪れます。それが人との関係における主要な原則のひとつです。他の人と安らかな関係を築くためには、私たちは自分自身を見て、自分自身の教訓、思い、行動を見直さなければなりません。奇跡を行う人の唯一の責任は自分自身のために贖罪を受け入れることである。エゴは、...

0
レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある」

レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある」

Out beyond ideas of wrongdoing and rightdoing there is a field.善行や悪行という観念を超えた外側に、ある草原がある。I'll meet you there.そこで私はあなたと出会うだろう。When the soul lies down in that grass the world is too full to talk about.その草の中に魂が横たわるとき、世界は語るべきことで溢れ返る。Rumiルーミーレッスン129です。今日のテーマは、「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある」...

0
レッスン113(レッスン95と96の復習)

レッスン113(レッスン95と96の復習)

レッスン113です。今日はレッスン95と96の復習です。[95] I am one Self, united with my Creator. 私はひとつの大いなる自己であり、私の創造主と結びついている。[96] Salvation comes from my One Self. 救済は、私のひとつの大いなる自己から訪れる。今日は、映画「クラウド アトラス」をご紹介します。19世紀から24世紀までの6つの時代で輪廻転生を繰り返す魂たちを描く約3時間にも及ぶ超大作です。マトリック...

0
T7-2 神の法

T7-2 神の法

Giving is the most powerful tool God has at His command.与えることは、神が御心のままにならしむる最大の方法だ。It is His cardinal law.与えることこそ、神の基本法なのだ。Kenneth M. Copelandケネス・M・コープランド今回は、テキスト 第七章から王国の法についての一節をご紹介します。II. The Law of the Kingdom 二 王国の法Law 法、法則「法則」というと、自然法則や物理法則のように、自然界の物事の間における関...

0
C3 赦しとキリストの顔

C3 赦しとキリストの顔

God has given you one face, and you make yourself another. 神はあなたにひとつの顔を授けたが、あなたは自分に別の顔を作り出した。William Shakespeareウィリアム・シェイクスピア愛を与えたり受け取ったりすることだけが個人の責任であるということを万人が理解しているような世界が想像できますか。友よ、その世界は、あなたが指先ひとつを動かせば手に入るようなものなのです。人生に何か欠乏があるときは、愛を持ち込むべ...

0
C4 ガラスをきれいに磨きましょう!

C4 ガラスをきれいに磨きましょう!

知恵は本の中に見出すことはできません。それは蓄積したり、記憶したり、貯めこむことができないものです。知恵は自己の放棄とともにやってきます。オープンな精神を持つことは学習より重要です。ジッドゥ・クリシュナムルティ今回は、用語解説から、「正しい知覚 ー 知識」をご紹介します。本節では、知識と知覚は別のレベルにあるものであり、両者が接することはないので、知識が知覚を修正する療法になるわけではないということ...

0
T5-1 聖霊のサポートは無尽蔵!でも、頼まなきゃ受けられません

T5-1 聖霊のサポートは無尽蔵!でも、頼まなきゃ受けられません

If you love me, you will obey what I command. もしあなたが私を愛するなら、私の命ずることに従いなさいl。And I will ask the Father, and he will give you another Counselor to be with you forever-- the Spirit of truth. そして、私が父に求めルので、父は、私の代わりにあなたがたのもとに永遠にとどまる別の助言者を与えてくれるでしょう。それは真理の霊です。The world cannot accept him, because it neither sees ...

0
C1 Mind - Spirit 心-霊

C1 Mind - Spirit 心-霊

We are material beings for but a moment in time, but we are spiritual beings forever. 私たちは時間の中ではしばらくの間物質的存在ですが、私たちは永遠に霊的な存在です。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソン今回は、用語解説から「心と霊」についての一節をご紹介します。大いなる心(Mind)= 神と神の子キリストが共有する唯一の心小さな心(mind)= 大いなる心が分裂したとエゴが錯覚させている大いなる心の一...

0
レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

レッスン56(レヴュー:レッスン26~30)

レッスン56です。[序文の要約]注釈も含めて5つの考えを読むことから1日を始める。そのあと、それらの5つの考えと注釈について考える際に、特定の順番に従う必要はないが、少なくとも1回は、それぞれの考えを実習する。各実習時間には、2分以上は専念することにして、その考えと関連する注釈を読んだあと、それらについて考えてみる。1日の間に、この練習をできるだけ頻繁に行う。もし5つの考えのうちのどのひとつの考えで...

0
M4-10 神の教師の特性10(開かれた心)

M4-10 神の教師の特性10(開かれた心)

【ガッツ石松さんの名言】私の将棋は王将取られてからが強いんですよ。うるさい!いま催眠術にかかってるんだから、静かにしろ!!うるさい!黙ってしゃべれ!みんなまじめに問題答えたってしゃあねえよ。この間も「オッケー牧場」って言ったら喜んでくれたね。神の教師の特性の最後「開かれた心」をご紹介します。1.「Open-mindedness comes with lack of judgment. 裁かないことによって、心が開かれます。」価値判断して裁くこ...

0
レッスン19「私の思考の結果を体験するのは、私だけではない」

レッスン19「私の思考の結果を体験するのは、私だけではない」

Insanity in individuals is something rare – but in groups, parties, nations, and epochs it is the rule.人間ひとりが狂うことは割と稀なことだが、集団、党派、国家、時代が狂うのは当然の定めである。Friedrich Wilhelm Nietzscheフリードリヒ・ニーチェレッスン19です。今日のテーマは昨日の延長で、「私の思考の結果を体験するのは、私だけではない」です。この考えは、にわかには信じられないと思います。私たちは、こ...

1
アシュターヴァクラ・ギーター

アシュターヴァクラ・ギーター

アシュターバクラ・ギーターは、アドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)の真髄をシンプルにあらわす美しい詩篇です。奇跡のコースの学習者にとって、とても役立つアフォリズムが詰まっていると思います。分厚い奇跡のコースに取り掛かるには、気持ちを奮い立たせなければならないという人でも、常に携帯して手が空いたときにぱっと開いたページの一節を読むということができます。私もいつも鞄に忍ばせて、暇があると開いてみ...

0
    未分類 (11)
    奇跡のコース (6)
    書籍 (4)
    朗読 (1)
    映画 (2)
    アフォリズム (11)
    教材 (3)
    ネット (1)
    テキスト (262)
    ┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
    ┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
    ┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
    ┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
    ┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
    ┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
    ┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
    ┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
    ┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
    ┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
    ┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
    ┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
    ┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
    ┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
    ┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
    ┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
    ┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
    ┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
    ┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
    ┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
    ┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
    ┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
    ┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
    ┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
    ┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
    ┣  テキスト第26章(移行) (10)
    ┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
    ┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
    ┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
    ┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
    ┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
    ワークブック・パート① (238)
    ┣  レッスン1〜10 (10)
    ┣  レッスン11〜20 (10)
    ┣  レッスン21〜30 (10)
    ┣  レッスン31〜40 (10)
    ┣  レッスン41〜50 (10)
    ┣  レッスン51〜60 (11)
    ┣  レッスン61〜70 (10)
    ┣  レッスン71〜80 (10)
    ┣  レッスン81〜90 (11)
    ┣  レッスン91〜100 (10)
    ┣  レッスン101〜110 (10)
    ┣  レッスン111〜120 (11)
    ┣  レッスン121〜130 (10)
    ┣  レッスン131〜140 (10)
    ┣  レッスン141〜150 (11)
    ┣  レッスン151〜160 (10)
    ┣  レッスン161〜170 (10)
    ┣  レッスン171〜180 (11)
    ┣  レッスン181〜190 (11)
    ┣  レッスン191〜200 (10)
    ┣  レッスン201〜210 (11)
    ┗  レッスン211〜220 (10)
    ワークブック・パート② (158)
    ┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
    ┣  レッスン221〜230 (10)
    ┣  レッスン231〜240 (10)
    ┣  レッスン241〜250 (10)
    ┣  レッスン251〜260 (10)
    ┣  レッスン261〜270 (10)
    ┣  レッスン271〜280 (10)
    ┣  レッスン281〜290 (10)
    ┣  レッスン291〜300 (10)
    ┣  レッスン301〜310 (10)
    ┣  レッスン311〜320 (10)
    ┣  レッスン321〜330 (10)
    ┣  レッスン331〜340 (10)
    ┣  レッスン341〜350 (10)
    ┣  レッスン351〜360 (10)
    ┗  レッスン361〜365 (3)
    マニュアル (42)
    心理療法 (13)
    用語解説 (8)
    祈りの歌 (15)