1. T30-2 意志の自由

    T30-2 意志の自由

    None are more hopelessly enslaved than those who falsely believe they are free.自由ではないのに自分は自由だと誤って信じている人間ほど、哀れな奴隷はいない。Johann Wolfgang von Goetheヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテテキスト第三十章から意志の自由についての一節です。自由意志(エゴに従うかぎり)私たちには自由意志がないということは再三述べてきました。素朴な感覚的判断によるかぎり、私たちには自分に...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T26-9 キリストと神の到来

    T26-9 キリストと神の到来

    Ideas leave not their source. 想念はその源から去ることはない。If this be true, how can you be apart from God? もしこの命題が真実であるなら、あなたが神から分離することなどありえない。How could you walk the world alone and separate from your Source?あなたが自分の大いなる源から分離して孤独に世界を歩むことなどありえない。Gary R. Renard, The Disappearance of the Universe: Straight Talk about Illusions...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T5-2 神に代わって語る声

    T5-2 神に代わって語る声

    I think that if you live long enough, you realize that so much of what happens in life is out of your control — but how you respond to it is in your control.私は思うのです。ある程度長く生きていれば、人生で起こることの大半は自分のコントロール外にあるということがわかってきます。けれど、その出来事にどう向き合うかは自分のコントロール内なのだと。Hillary Diane Rodham Clintonヒラリー・クリントンCome to m...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T12-2 神を思い出す方法

    T12-2 神を思い出す方法

    「バスチアン・バルタザール・ブックス、よく聞くのだぞ。」ヨルはいった。「わしは多く語るのを好まぬ。沈黙のほうがよい。だが、今は、一度だけおまえにはなす。よいか、おまえは生命の水をさがしておる。おまえの世界にもどるために、愛することができるようになりたいと望んでおる。愛するーーいうのは簡単だ!だが生命の水はおまえにたずねるだろう、だれを?とな。つまり愛するというのは、ただ単に、一般に愛するなどという...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T10-5 神を否認すること

    T10-5 神を否認すること

    Death surrenders us totally to God:死は私たちを神に完全降伏させる。it makes us enter into him; we must, in return, surrender ourselves to death with absolute love and self-abandonment since, when death comes, all we can do is to surrender ourselves completely to the domination and guidance of God. 死は私たちを神の中へと入りこまる見返りとして、私たちに自分自身を死に対して、絶対的な愛と自己放棄をも...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第10章(病の偶像) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T5-7 神を選ぶ

    T5-7 神を選ぶ

    But your forgiveness is done here, which means you should be practical — and respectful of other people and their experience.しかし、あなたの赦しはここでなされるのだ。それが意味するのは、あなたは実践的であらねばならない、つまり、ほかの人々を敬い、彼らの存在に敬意を払うべきということだ。In other words, when you’re living your everyday life, be kind.言い換えれば、あなたは自分の日常を生きるに際し、優...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T4-3 葛藤のない愛

    T4-3 葛藤のない愛

    If I truly love one person I love all persons, I love the world, I love life. もしも私が真にひとりの人を愛するなら、私はすべての人を愛し、世界を愛し、生命を愛するのである。If I can say to somebody else, "I love you," I must be able to say, "I love in you everybody, I love through you the world, I love in you also myself.”もしほかの誰かに「私はあなたを愛している」と言えるなら、私は「私はあなたたち...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T9-6 えーっ!?人類皆兄弟って綺麗事じゃなくて真実だったの?

    T9-6 えーっ!?人類皆兄弟って綺麗事じゃなくて真実だったの?

    ゲストハウスこの人間の一生って泊まり客の多い旅館です一日中いろんなお客さまが訪れます喜びも絶望も卑劣も束の間の意識もやって来ますどんなお客もお客さまならば心から歓迎してお迎えしましょう一時の滞在を楽しんで頂きましょう不安や誤解や悲しみを撒きちらしてもたとえ宿が荒され大事な家具が盗まれてもそれよりなにより喜んで頂くことが大切です悪意や羞恥心や闇の思考が団体でやって来ても玄関前に並んで笑顔でお迎えする...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第9章(贖罪の受容) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン361から365「この神聖な瞬間を私はあなたに捧げようと思います。あなたが舵取りしてください。というのも、私は、あなたの導きが私に平安を与えてくれると確信して、あなたに従うつもりだからです」

    レッスン361から365「この神聖な瞬間を私はあなたに捧げようと思います。あなたが舵取りしてください。というのも、私は、あなたの導きが私に平安を与えてくれると確信して、あなたに従うつもりだからです」

    あらゆる悲しみ、苦しみを愛で置き換えてください。あなたが攻撃されていると感じたら、その攻撃には「ノー」と言い、でも攻撃し返さないことです。自分が誰かを攻撃していたら、それに気づいて、償ってください。罪悪感から次の攻撃をしないことです。今この瞬間に、問題点を修正します。あなたが愛を与えれば与えるほど、多くの愛を惹きつけるようになります。それはあなたが愛することによって、愛の波動の中にいるからです。あ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン361〜365 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  10. レッスン357「真理は、私たちが神に求める一つひとつの呼びかけに答えてくれます。真理は、最初は奇跡をもって応え、それから、真理そのものとなるために私たちの許へと戻ってきます」

    レッスン357「真理は、私たちが神に求める一つひとつの呼びかけに答えてくれます。真理は、最初は奇跡をもって応え、それから、真理そのものとなるために私たちの許へと戻ってきます」

    この世界は、すべて神の心が投影している映画です。死も、病も、悪も、実在するものではありません。いつか神はあなたに、この恐ろしい生と死の宇宙映画が神ご自身の光によって映し出されていることをお示しになり、そのあと、神の光だけを残してすべての映像を消してしまわれるでしょう。そのとき、あなたは、万物が神の光と影とによって映し出された実体のない幻影であったことを知って笑い出すでしょう。そして、神の光だけが実...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン356「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」

    レッスン356「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」

    愛と所有の陶酔とを混同してはならない。所有の陶酔は最悪の苦しみを伴う。人々は愛に苦しめられるのだと思っているが、そうではなく、その反対のものである所有欲に苦しめられるのである。サン=テグジュペリ「城砦」レッスン356です。「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」が今日のレッスンです。まず、私とは何かをご覧ください。T26-7 癒しの法則が参...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン327「私はただ呼びかけさえすればよい。そうすれば、あなたが私に答えてくれるでしょう」

    レッスン327「私はただ呼びかけさえすればよい。そうすれば、あなたが私に答えてくれるでしょう」

    Love is a fruit in season at all times and within reach of every hand.愛はつねに収穫期にある果実なので、誰でも手に入れられるものです。Anyone may gather it and no limit is set. 誰でも愛を収穫できるし、何の制限も課されません。Everyone can reach this love through meditation, the spirit of prayer and sacrifice.誰もが、祈りと犠牲の精神をもって、瞑想を通じてこの愛に到達できるのです。Mother Teresaマザー...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. レッスン318「私の中では、救済の手段と目的はひとつのものだ」

    レッスン318「私の中では、救済の手段と目的はひとつのものだ」

    We are not channels, we are instruments. 私たちは水路なのではありません。私たちは道具なのです。Channels give nothing of their own, they just let water run through them. 水路はただ自らに水を通過させるだけなので、水路には自分独自の貢献は何もできません。In our action, we are instruments in God’s hand and He writes beautifully.私たちの行動によって、私たちは神が手にするペンとなり、神は見事に書いてくれ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. P2-VII 理想的な患者とセラピストの関係とは?

    P2-VII 理想的な患者とセラピストの関係とは?

    A single conversation across the table with a wise man is better than ten years mere study of books.たった一度、賢者とテーブルで向き合って1対1で対話することは、10年ただひたすら本を読んで勉強することにまさる。Henry Wadsworth Longfellowヘンリー・ワズワース・ロングフェロー 今回は、心理療法から「理想的な患者とセラピストの関係」をご紹介します。1.の"God comes to him who calls, and in Him he recogniz...

    心理療法 このカテゴリ一覧を見る
    心理療法 第2章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン298「父よ、私はあなたを、そしてあなたの子を愛しています」

    レッスン298「父よ、私はあなたを、そしてあなたの子を愛しています」

    ありのままを感謝せよ 最後に紹介するのは、行動によってではなく、きみの心のあり方によって「今、この瞬間」に集中する方法だ。 それは、自分を愛すること、今を愛することだ。 もっとわかりやすい言葉でいうと、「感謝する」ということだ。ありのままの自分に感謝し、今、ここにいられることに感謝するのだ。 人はいかなる出来事についても、あれこれ考えて意味づけをしているものだ。判断のものさしは「自分にとって都合が...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. レッスン292「すべての物事に幸福な結末が訪れるのは間違いない」

    レッスン292「すべての物事に幸福な結末が訪れるのは間違いない」

    There is nothing to find, only to realize. 見出すべきものは何もありません。ただ気づく必要があるだけです。There is nothing to become, only to be. なるべきものなど何もありません。ただあるべきであるだけです。There is nothing to fear, only to love.恐るべきものは何もありません。ただ愛すべきものがあるだけです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンレッスン292です。「すべての物事に幸福な結末が訪...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン291「今日は、静けさと安らぎの一日だ」

    レッスン291「今日は、静けさと安らぎの一日だ」

    あなたは自分自身を知れば知るほど、はっきりと物事が見えるようになってきます。自己認識には終わりというものがなく、目的を達することも、結論に達することもありません。それは果てしのない河のようなものです。それを学び、その中に深く突き進むにつれて、あなたは心の平安を見出してゆきます。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティレッスン291です。「今日は、静けさと安らぎの一日だ」が今日のテーマです。ま...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. レッスン275「今日、神の癒しの声があらゆるものを守ってくれる」

    レッスン275「今日、神の癒しの声があらゆるものを守ってくれる」

    God does not remove us from all harm; He uses harm to move us close to Him.神は、私たちをあらゆる害悪から免れるよう移動させるのではない。神は、害悪を使って私たちを神に近づくよう移動させるのだ。Dillon Burroughsディロン・バロウズレッスン275です。「今日、神の癒しの声があらゆるものを守ってくれる」が今日のテーマです。まず、キリストってなに?をご覧ください。救いの公式1.「Join me in hearing.  私と一...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン271〜280 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. レッスン262「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」

    レッスン262「今日こそ、私がいかなる相違も知覚しませんように」

    Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.あなたの時間は限られている。だから、自分の時間を他人の人生を生きることで無駄にするな。Steven Paul Jobsスティーブ・ジョブズ Values are like fingerprints, nobody's are the same, but you leave them all over everything you do.価値観は指紋のようなものだ。誰ひとり同じ指紋を持ってはいないが、やることなすことすべてに自分の価値観の痕跡が残...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン261〜270 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. レッスン261「神は、私を無事に保護して私の安全を保障してくれる」

    レッスン261「神は、私を無事に保護して私の安全を保障してくれる」

    “The law, I suppose, declares that it is best to keep quiet as far as possible in calamity and not to chafe and repine, because we cannot know what is really good and evil in such things and it advantages us nothing to take them hard, and nothing in mortal life is worthy of great concern, and our grieving checks the very thing we need to come to our aid as quickly as possible in such case.”「私が...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン261〜270 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    I'm a little pencil in the hand of a writing God, who is sending a love letter to the world.私は、世界に宛てて送るラブレターを認(したた)める神が手にする小さな鉛筆です。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン260です。「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」が今日のテーマです。まず、罪とは何かをご覧ください。父性と権威問題私たちがキリストのヴィジョンで見ることができなくなって肉眼を...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    Of sin and guilt, then, they are not real.だから、罪と罪悪感については、それらは現実ではないのだ。They do not exist.罪も罪悪感も存在しない。'Tis absolutely certain the Son of God is sinless.神の子に罪がないことは絶対的に間違いないからだ。And in the absense of sin, there is no guilt.そして、罪がないのだから、罪悪感もありえない。Jesus Christ(Brent Haskell JOURNEY BEYOND WORDS)イエス・キリストレッス...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. レッスン258「自分の目的地が神であることを私に思い出させてください。」

    レッスン258「自分の目的地が神であることを私に思い出させてください。」

    The goal of prayer is the ear of God, a goal that can only be reached by patient and continued and continuous waiting upon Him, pouring out our heart to Him and permitting Him to speak to us. 祈りは最終的に神の耳に辿り着くべきです。この目的地には、忍耐強く絶え間なく持続して神を待ち続け、私たちの心を神に注ぎ続けて神が私たちに語りかけられるようにすることによってのみ到達できます。Only by so doing can...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」

    レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」

    Forgiveness is God's command. 赦しこそ、神の訓令なり。Martin Lutherマルティン・ルターレッスン256です。「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」が今日のテーマです。まず、罪とは何かをご覧ください。赦す夢を見る「Here we can but dream.  この世界では、私たちは夢見ることしかできません。 But we can dream we have forgiven him in whom all sin remains impossible, and it is this we choose to dream today.  ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. レッスン244「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない」

    レッスン244「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない」

    He who carries God in his heart bears Heaven with him wherever he goes.神を自らの心に携える者は、どこに行こうとも、自らとともに天国を運んでゆく。Ignatius of Loyolaイグナチチオ・デ・ロヨラレッスン244です。「私は、世界のどこにいようとも危険にさらされることはない」が今日のテーマです。まず、世界とは何かをご覧ください。神の子が危険にさらされることがありえない理由再三出てくることですが、神の子が安全...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン241〜250 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. T14-8 聖なる邂逅

    T14-8 聖なる邂逅

    あなたが自分の人生を生きているのではありません。あなたの人生は、源泉、つまり神によって生きられています。それゆえ、どんなときにも、自分がやるべきだと思うことをやってくださいーーそれはまさに、結果が何であれ、源泉、つまり神があなたにやってほしいことです。Ramesh S Balsekarラメッシ・S.バルセカール今回は、テキストから、聖なる出会いの場という一節をご紹介します。 真の自己を否認して偽りのアイデンティティー...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  27. レッスン235「慈悲溢れる神は、私が救われることを意図している」

    レッスン235「慈悲溢れる神は、私が救われることを意図している」

    I believe if God doesn't give you a miracle, you are a miracle of God for somebody else's salvation. 私は、信じています。もし神があなたに奇跡を授けないとき、あなたこそがほかの誰かの救済のために神が授けた奇跡なのだと。Nick Vujicicニック・ブイヂよく聞いてください。あなたや他の人たちが見ている存在は、「人間による創造物」であって、神の創造物ではないのです。それらは、人間の分離した意識による空想上の創...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン231〜240 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  28. レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    レッスン228「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」

    人生で何にも増して耐え難いのは悪天候が続くことではない。雲ひとつない好天が続くことだ。Carl Hiltyカール・ヒルティレッスン228です。「神は私を咎めたことはない。私もこれ以上は咎めないことにする」が今日のテーマです。レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。神と神の子の関係性神を巨大な湖、神の子を湖面とイメージしてみます。自然な状態では、湖面はひとつながりの水面であり、湖面を...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  29. レッスン222「神は、私とともにある。私は神の中で活動する」

    レッスン222「神は、私とともにある。私は神の中で活動する」

    制限なき存在であるがゆえに、神のスピリットは私たちの心と経験の中を生きて動いています。この神の臨在から私たちは自分の本性を引き出しています。その本性こそ、わたしたちの真の姿です。その本性に意識的に気づくことはあまりないのですが。スピリット、つまり”聖なる本性”は生まれることも死ぬこともありません。それは肉体的な誕生の前から存在し、肉体の死後も存在します。その本性は、知性的・感情的経験の範囲には押し込...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  30. レッスン220(レッスン200の復習)

    レッスン220(レッスン200の復習)

    ミルクや蜂蜜の美味しさは純粋な心を反映しています。純粋な心から甘さの中の甘さが引き出されるのです。つまり心が実体であり、世界は偶然の産物にすぎない心は創造の海 そこから表現が溢れ出てくるのです。その純粋な心は富と権力に夢中になっていく心と同じ心なのか心はこの薄汚れた現世と欲望の言いなりになってしまうのかまた心は虚栄を好むのか闇の中の名声を得るために祈るのか心は光の海 あらゆる直観のふるさとです。Ja...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  31. レッスン216(レッスン196の復習)

    レッスン216(レッスン196の復習)

    The tragedy of life is not death it is what we let die inside of us while we live.人生の悲劇は死ではない。私たちが生きている間に、私たちが自らの内面で死なせてしまうものこそ悲劇なのだ。Norman Cousinsノーマン・カズンズレッスン216です。今日は、レッスン196の復習です。今日は、「奥行きの子供たち わたしの半身はどこに? ヌーソロジーで読み解く映画の世界」(半田 広宣 (著), 春井 星乃 (著), まきしむ (著)...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  32. レッスン215(レッスン195の復習)

    レッスン215(レッスン195の復習)

    魅力的な美の秘密は、人が魂の美しさを持っているとか、何か特別な魂の資質を持っているということにあるのではない。・・・つまり、魂の美しさなどは存在せず、あるのは魂と理性の調和のとれた関係だけである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランド幸福とは、自分の人生を「よい物語」として(自分や他人に)語れること。不幸とは、人生という「物語」が破綻しててしまったこと。成功とは、よい物語をつくれるような人生を設計すること...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  33. レッスン214(レッスン194の復習)

    レッスン214(レッスン194の復習)

    この世で最大の間違いを犯した人とは、「大したことはできない」という理由で何もしなかった人だ。エドマンド・バークいちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、それはわかるかな?つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきのことだけを考えるんだ。いつもつぎだけのことをな。するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  34. レッスン213(レッスン193の復習)

    レッスン213(レッスン193の復習)

    Love is happy when it is able to give something.自分が何かを与えることができるとき、愛は幸せになる。The ego is happy when it is able to take something.自分が何かを手に入れるときに、エゴは幸せになる。OSHO私は他人の賞賛や叱責には注意を払わず、ひたすら自分の直観に従うことにしている。アマデウス・モーツァルト「『賢者の石』を見つけるのは、簡単なことではない」とイギリス人が言った。「錬金術師は何年もずっ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  35. レッスン212(レッスン192の復習)

    レッスン212(レッスン192の復習)

    It is our attitude at the beginning of a difficult task which, more than anything else, will affect its successful outcome. 難しい課題に私たちがどのような態度で取りかかるかということが、ほかの何にもまして、その結果の成否に影響を及ぼす。William Jamesウィリアム・ジェイムズ『奇跡講座』を学んでいようと、他の形態の癒しに携わっていようと、人々が陥る罠の一つに「成果を望む」ということがあります。成果が得...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン211〜220 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  36. レッスン210(レッスン190)

    レッスン210(レッスン190)

    他人からの賞賛や感謝など求める必要はない。自分は世の中に貢献しているという自己満足で十分である。Alfred Adlerアルフレッド・アドラーレッスン210です。今日はレッスン190の復習です。今日は、「ユミの細胞たち」をご紹介します。ディズニーのインサイドヘッドと似た設定の韓ドラです。心身の中の世界の登場人物たちをかわいらしく擬人化してとても上手に描いていて、自らを内省するために参考なる視点がたくさんもらえ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  37. レッスン209(レッスン189の復習)

    レッスン209(レッスン189の復習)

    To study the abnormal is the best way of understanding the normal. 異常なものを研究するのが正常さを理解するうえで最善の方法といえる。William Jamesウィリアム・ジェイムズ人は何かに失敗すると、恥ずかしくなって諦めてしまう。だが、失敗してもいいことを事前に決めておけば、恥ずかしい思いをしなくて済む。ジョン・エイカフレッスン209です。今日は、レッスン189の復習です。今日は、「普通に会話ができる ドラ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  38. レッスン208(レッスン188)

    レッスン208(レッスン188)

    有名なフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックは、子供のころ、両足を骨折し、障害者として生涯を過ごした。成長する過程で、彼は自分の障害に押しつぶされそうになった。年を追うごとに両足の発育不全がはっきりとしてきたため、彼は一層苦しみを募らせた。そして、苦悩は頂点に達し、遂にロートレックは自分の避けられない事態を受け入れざるを得なくなった。彼は自分の障害への気持ちにけりをつけて生き続けた。...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  39. レッスン206(レッスン186の復習)

    レッスン206(レッスン186の復習)

    ナポレオン・ヒル:性に溺れると、どんな悪影響があるのでしょう?悪魔:最悪なのは、それが人間の持つ最大の活力を使い果たし、創造力を無駄に浪費するにもかかわらず、その代償として何も生み出さないことだ。また、自然が人間の身体を健康に保つのに使うエネルギーも消失してしまう。性は大自然が持つ最も強力な癒しの力なのだ。魅力的で好ましい個性を創り出す磁石のようなエネルギーをも失わせる。人間の目から輝きを奪い、声...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  40. レッスン205(レッスン185)

    レッスン205(レッスン185)

    Do not take life too seriously. あまり人生を深刻に考えすぎてはいけない。You will never get out of it alive. あなたは絶対に、生きてはそこから脱出することはできないのだから。Elbert Hubbardエルバート・ハバードThe fear of death is the most unjustified of all fears, for there's no risk of accident for someone who's dead. 死を恐れることは、あらゆる恐怖の中でも最も不合理なものだ。なぜなら、誰であれ、死ん...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  41. レッスン204(レッスン184の復習)

    レッスン204(レッスン184の復習)

    You were born with wings, why prefer to crawl through life?あなたは翼を持って生まれてきたというのに、どうして一生涯、地面を這い廻り続けようとするのだね?Jalal Al-Din RumiルーミーGod will not look you over for medals, degrees or diplomas but for scars.神は、あなたがどれだけ勲章や学位や賞状を得たかなど気にもせず、ただあなたにどんな傷跡があるかだけ確認するだろう。Elbert Hubbardエルバート・ハバードレ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  42. レッスン203(レッスン183の復習)

    レッスン203(レッスン183の復習)

    生は、仕事というより遊びの精神で生きられなければならず、またそれに伴う争いは、いかなる種、いかなるゲーム当事者も、その天敵、愛すべき敵、欠くべからざる敵対者なしには生き残れない、ということを理解してつづけられなければならない。「汝の敵を愛せよ」というのは、彼らを敵として愛することなのだ。彼らを説き伏せて、自分の側につけようとするのは、必ずしも賢いやり方ではない。ライオンが子羊とともに寝そべるのは、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  43. レッスン202(レッスン182の復習)

    レッスン202(レッスン182の復習)

    It is impossible to recognize a wrong way without knowing the right way.正しい道を知らなければ、間違った道に気づくのは不可能だ。George Ivanovich GurdjieffグルジエフHistory is an endless repetition of the wrong way of living. 歴史とは、間違った生き方の際限のない繰り返しのことだ。Lawrence Durrellロレンス・ダレル私が13歳のとき、宗教の先生が「何をもって覚えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかっ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  44. レッスン201(レッスン181の復習)

    レッスン201(レッスン181の復習)

    Better keep yourself clean and bright; you are the window through which you must see the world.自分自身をきれいに磨き続けよう。あなたは自分という窓を通してしか世の中を見ることができないのだから。George Bernard Shawジョージ・バーナード・ショーInstead of death and sorrow, let us bring peace and joy to the world. 私たちで世界に、死と悲しみではなく、平和と喜びをもたらしましょう。To do this we must beg...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  45. レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    Appreciation is a wonderful thing. 感謝とはすばらしいものだ。It makes what is excellent in others belong to us as well.感謝は、他者が持つ美点を、その人だけでなく、私たちにも与えてくれるのだから。Voltaire (François-Marie Arouet)ヴォルテール成功者の言葉しか世の中には残らないから、「やればできる」が格言になる。夢は叶わないかもしれない。叶える為の努力は無駄に終わるかもしれない。でも、何かに向かって...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  46. レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    もし、あなたが私を良く理解したならば、すべての恐怖を落とし、もっと愛しなさいーーそして無条件に愛しなさい。愛するときは、相手のために何かしてあげていると考えてはいけない。あなたは自分自身のために大切なことをしているのだ。あなたが愛するとき、それはあなたのためになるのだ。だから、待ってはいけない。他の人が愛してくれる時にだけ愛そう、と言ってはいけないーーそれはまったく的外れだ。利己的になりなさい。愛...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  47. T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    Without self knowledge, without understanding the working and functions of his machine, man cannot be free, he cannot govern himself and he will always remain a slave.” 自己を知ることなしに、自分の機械の働きや機能を理解することなしに、人は自由にはなれないし、人は自分自身を支配できず、人は奴隷であり続ける。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフ「人間としての自我」は自分と他人との違いを明らかにし、さ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  48. レッスン180「レッスン169と170の復習」

    レッスン180「レッスン169と170の復習」

    It is never too late to be what you might have been. 自分がなれていたかもしれない人物になるのに遅すぎることなんて絶対にない。George Eliotジョージ・エリオットNo price is too high to pay for the privilege of owning yourself.自分自身の主でいられるという特権のためなら、どれだけ高い代償を払っても足りないくらいだ。Friedrich NietzscheニーチェThe opinion which other people have of you is their problem, no...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  49. レッスン179「レッスン167と168の復習」

    レッスン179「レッスン167と168の復習」

    Faith means belief in something concerning which doubt is theoretically possible. 信頼とは、理論上それについて疑いの余地のある何かを信じることを意味する。William Jamesウィリアム・ジェイムズIn politics, stupidity is not a handicap.政治の世界では、愚鈍さは弱みではない。Napoleon Bonaparteナポレオン・ボナパルトレッスン179です。今日は、レッスン167と168の復習です。今日は、「ヨーガ・ヴァーシシュ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  50. レッスン178「レッスン165と166の復習」

    レッスン178「レッスン165と166の復習」

    Happiness is not something you postpone for the future; it is something you design for the present. 幸せとは、あなたが未来まで待たなけれならない何かではない。それはあなたが現在のために思い描く何かだ。Jim Rohnジム・ローンもし目的達成の障害となり得る自分の短所があることを自覚し、必要とされる知識や経験を持っていないと思うのであれば、あなたはそうしたことと折り合いをつけるべきだ。あなたが今ある状態を受...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿