1. M27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)

    M27 死とは何か(神は、愛の神なのか死神なのか)

    The real question is not whether life exists after death. The real question is whether you are alive before death.死後に生命が存続するのかしないのか、それは真の問題ではない。真に問うべきなのは、あなたが死ぬ前に生きているのかどうかだ。OSHOAbout death死についてMy third story is about death.私が3つ目に話すのは死についてです。When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each d...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル21~30 このカテゴリ一覧を見る
  2. T27-2 癒されることへの恐怖

    T27-2 癒されることへの恐怖

    Healing takes courage, and we all have courage, even if we have to dig a little to find it.たしかに癒しには勇気がいる。けれど、私たちはみんな、勇気を持っているのよ。たとえ私たちがそれを見つけるために少しばかり掘り出す必要があるとしてもね。Tori Amosトーリ・エイモス今回はテキスト第二十七章から「癒しに対する恐れ」という一節をご紹介します。本節の9.のあとの10.〜12.は、Original Edition以降FIP 1st E...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第27章(夢を癒す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T26-7 癒しの法則

    T26-7 癒しの法則

    適切にルールを破る方法を見つけるためにルールを学びなさい。Dalai Lama XIVダライ・ラマ14世今回は、テキスト第二十六章から「癒しの法則」という一節をご紹介します。癒しの法則すべての病気は分離を起源とする罪という想念から生じるので、分離が否認されれば、病気をもたらしていた罪という想念が癒されて正気に取って代わられるので、病気は消え去ります。病気という結果の原因は罪ですが、この因果関係に理性の光が当たっ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T25-7 救いの基盤

    T25-7 救いの基盤

    The mind is its own place, and in itself can make a heaven of hell, a hell of heaven..心というものは、それ自体が独自の世界なのであり、心がけ次第で、天国を地獄に変え、地獄を天国に変えることができる。John Milton, Paradise Lost ジョン・ミルトン(「失楽園」より)今回はテキスト第二十五章から「救済の礎石」という一節をご紹介します。天国と地獄はどこにある?ほかの箇所でもたまに触れられていますが、本節も含...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿
  5. T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    T21-3 信頼、信念、そしてヴィジョン

    見るためには、信念は不要である。それどころか、見るためには信念を持たないことが肝心である。信念を持つという肯定的状態ではなく、否定の状態にあるときにはじめて、あなたは曇りなく見ることができる。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティConvictions are more dangerous enemies of truth than lies.信念は、真理にとって嘘よりも危険な敵である。Friedrich NietzscheニーチェConscious faith is freedom. 意識...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T20-4 方舟に入る

    T20-4 方舟に入る

    Love is a game that two can play and both can win.愛は、ふたりで遊ぶことができ、そして、ふたりとも勝つことができるゲームです。Eva Gaborエヴァ・ガボール今回はテキスト第二十章から「箱舟に入る」という一節をご紹介します。与えることについての聖霊の解釈とエゴの解釈の違いこれまでも、犠牲や共有の概念に関連してたびたび出てきましたが、本節では、与えることについての聖霊の解釈とエゴの解釈の違いが出てきます。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T22-2 あなたの兄弟に罪はない

    T22-2 あなたの兄弟に罪はない

    Whatever we think about others is really like sending a message about ourselves to our self.私たちが他者のことをどう思うかは、実のところ、私たちの自己に自分についてのメッセージを送るようなものだ。Gary R. Renard, Your Immortal Reality: How to Break the Cycle of Birth and Deathゲイリー・R.レナード(「不死というあなたの現実」より)今回はテキスト第二十二章から「あなたの兄弟が無罪であること」という一節を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T28-2 原因と結果の逆転

    T28-2 原因と結果の逆転

    芝居を見るという経験には、心を救う効果、つまり治療の効果がある。そういう経験の属する次元を変えない限り、それは人生に必要不可欠なものだ。ところが経験の成立するレベルを混同すると、経験は、人生に危険なもの、人生を破壊するものになる。Michael Endeミヒャエル・エンデ およそ芝居とは、最高の出来でも影にすぎない。ただ、最低のものでもどこか見どころがある。ウィリアム・シェイクスピア「夏の夜の夢」人生は芝居の...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. T25-3 知覚と選択

    T25-3 知覚と選択

    願望は役に立たないどころか、邪魔をするだけなのだ。願望を実現させるための秘訣は、願望と縁を切り、その代わりに、意図、すなわち、所有し行動する決意を持つことである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドさらに手探りで歩いていくと、シリルは入口の扉の前に立っていた。この扉で路地は行きどまりだった。入口の上には看板がかかっていて、街灯がそれを照らしていた。ちょうど大道歌の挿絵のような素朴な筆づかいで、中世の猟師...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. T21-6 理性 対 狂気

    T21-6 理性 対 狂気

    己れを知らざることや、知らぬことを知っているように空想して知っていると思いこむことは、狂気にもっとも近い。クセノフォン 狂気に陥った人や眠っている人は、外界を客観的に見ることがまったくできない。しかし、私たちはみんな、多かれ少なかれ狂っており、程度の差はあれ眠っているのであるから、世界を客観的に見ることができない。いいかえれば、ナルシシズムによって歪められた世界を見ている。Erich Frommエーリッヒ・フ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. T20-7 手段と目的の整合性

    T20-7 手段と目的の整合性

    Do not think that if you surrender to God you will be a loser.自分を神に明け渡して降伏することを、自分が敗北者になることのように思ってはならない。Radhanath Swamiラダナート・スワミテキスト第二十章から「手段と目的の整合性」という一節をご紹介します。目的と手段の不一致本節では目的と手段の不一致について語られます。私たちが関係性の目的をエゴの不浄な関係から聖霊の神聖な関係に変えることに同意したにもかか...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. T31-3 自らを咎める者

    T31-3 自らを咎める者

    Cease trying to work everything out with your minds.何でもかんでも自分の心の外側に責任転嫁しようとするのはやめなさい。It will get you nowhere. そんなことをしたところで、あなたは少しもましな状態にはならないのですから。Live by intuition and inspiration and let your whole life be Revelation.そうではなく、直感とインスピレーションに従って生きることで、あなたの人生全体が天啓となるようにしなさい。Eileen ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T22-5 弱さと防衛

    T22-5 弱さと防衛

    Rudeness is the weak man's imitation of strength.粗野な無礼さは、弱い男が自分を強く見せかける手口だ。Eric Hofferエリック・ホッファー今回はテキスト第二十二章から弱さと防衛という一節をご紹介します。真理と幻想は同等なレベルで対立しているわけではない真理と幻想は対立しません。なぜなら、真理は実在するけれど、幻想は実在しない影でしかないからです。影は形を持ち、見せかけだけは持っているので、虚無とは異なる...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. T13-1 罪がないということは死はないということ

    T13-1 罪がないということは死はないということ

    Love is within us. 愛は私たちの内にあります。It cannot be destroyed, but can only be hidden.愛を滅することはできません。できるのは愛を隠すことだけです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソン111 Jesus said: “The heavens and the earth will roll up before you. イエスは言われた。「天と地はあなたの前で巻き上げられるであろう。The living who come from the Living will know neither fear nor death, for...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. T13-Intro 罪のない世界

    T13-Intro 罪のない世界

    アクシデントが起きると、人はそれを変えようとするが、人には変えることが出来ない。アクシデントが人の内面を明らかにするだけだ。パブロ・ピカソテキスト第十三章「罪のない世界」の序論をご紹介します。救済は必要はないのに救済を学ぶってどういうこと!?本節の最後は次のような一文で締めくくられます。「The Atonement is the final lesson he need learn, for it teaches him that, never having sinned, he has no need ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第13章(罪なき世界) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. レッスン359「神の答えは、何らかの形で平安をもたらします。あらゆる苦痛は癒され、すべての悲惨さは喜びに置き換えられます。牢獄の扉はすべて開け放たれます。そして、どんな罪も単にひとつの間違いでしかないと理解されます」

    レッスン359「神の答えは、何らかの形で平安をもたらします。あらゆる苦痛は癒され、すべての悲惨さは喜びに置き換えられます。牢獄の扉はすべて開け放たれます。そして、どんな罪も単にひとつの間違いでしかないと理解されます」

    Do not let the behavior of others destroy your inner peace.他者の振る舞いがあなたの内なる平安を破壊するのを容認してはなりません。Dalai Lama XIVダライ・ラマ14世レッスン359です。「神の答えは、何らかの形で平安をもたらします。あらゆる苦痛は癒され、すべての悲惨さは喜びに置き換えられます。牢獄の扉はすべて開け放たれます。そして、どんな罪も単にひとつの間違いでしかないと理解されます」が今日のレッスンで...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン356「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」

    レッスン356「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」

    愛と所有の陶酔とを混同してはならない。所有の陶酔は最悪の苦しみを伴う。人々は愛に苦しめられるのだと思っているが、そうではなく、その反対のものである所有欲に苦しめられるのである。サン=テグジュペリ「城砦」レッスン356です。「病気は罪の別名にほかならない。癒しは神の別名にほかならない。したがって、奇跡とは神に呼びかけることだ」が今日のレッスンです。まず、私とは何かをご覧ください。T26-7 癒しの法則が参...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分が見ることを選んだほうを見ることになる」

    レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分が見ることを選んだほうを見ることになる」

    Love is happy when it is able to give something.自分が何かを与えることができるとき、愛は幸せになる。The ego is happy when it is able to take something.自分が何かを手に入れるときに、エゴは幸せになる。OSHOWhen we seek to discover the best in others, we somehow bring out the best in ourselves.私たちが他者の中に最善のものを見つけようと努めるとき、どういうわけだか、私たちは自分自身の中の最善のものを開...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. T19-3 無罪!

    T19-3 無罪!

    Mistakes are almost always of a sacred nature. 間違いには、たいてい神聖な本質が備わっている。Never try to correct them.間違いを訂正しようとする必要などまったくない。On the contrary: rationalize them, understand them thoroughly.逆に、間違いを正当化することを試みて、間違いを徹底的に理解してみたまえ。After that, it will be possible for you to sublimate them.そうすれば、きっと君にも、間違いを望ましい...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. レッスン299「私の中には、永遠の神聖さがある」

    レッスン299「私の中には、永遠の神聖さがある」

    We are 100 percent responsible for the pursuit of holiness, but at the same time we are 100 percent dependent upon the Holy Spirit to enable us in that pursuit. 私たちは、神聖さを探求することに100%の責任を負っている。しかし、それと同時に、私たちがこの探求に従事できるかどうかは100%聖霊次第なのだ。The pursuit of holiness is not a pull-yourself-up-by-your-own-bootstraps approach to the Christian li...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン291〜300 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. レッスン289「過去は終わっている。過去は私に触れることができない」

    レッスン289「過去は終わっている。過去は私に触れることができない」

    People don’t realize that now is all there ever is; there is no past or future except as memory or anticipation in your mind.人々は、過去や未来は自分の心の中の記憶や予期としてしか存在せず、存在するのは今だけだということに気づいていない。Eckhart Tolleエックハルト・トールレッスン289です。「過去は終わっている。過去は私に触れることができない」が今日のテーマです。まず、聖霊とは何かをご覧ください。奇...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン281〜290 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  22. レッスン288「今日、私が自分の兄弟の過去を忘れられますように」

    レッスン288「今日、私が自分の兄弟の過去を忘れられますように」

    Let today be the day you stop being haunted by the ghost of yesterday. 今日こそ、昨日という亡霊に取り憑かれるのをやめる日にしよう。Holding a grudge & harboring anger/resentment is poison to the soul. 過去のことに恨みを抱き、怒りと憤りを未来まで抱えることは、魂に毒を与えることだ。Get even with people...but not those who have hurt us, forget them, instead get even with those who have helped us.人々...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン281〜290 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ」

    レッスン265「私に見えるのは、創造物の優しさだけだ」

    A Fundamental aspect of the nature of God is open communication.神の性質の根本的側面は、開かれたコミュニケーションにある。Nothing is hidden.何も隠されることはない。Nothing lies apart from, outside of , or unavailable to, any other aspect , or part, of Creation-Nothing whatsoever.それが何であれ、創造のどんな側面や一部であっても、分離していたり、外側にあったり、連絡がつかなかったりするようなものは何...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン261〜270 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  24. レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    レッスン260「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」

    I'm a little pencil in the hand of a writing God, who is sending a love letter to the world.私は、世界に宛てて送るラブレターを認(したた)める神が手にする小さな鉛筆です。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン260です。「神が私を創造してくれたことを私が思い出せますように」が今日のテーマです。まず、罪とは何かをご覧ください。父性と権威問題私たちがキリストのヴィジョンで見ることができなくなって肉眼を...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    レッスン259「罪など一切存在しないことを私に思い出させてください」

    Of sin and guilt, then, they are not real.だから、罪と罪悪感については、それらは現実ではないのだ。They do not exist.罪も罪悪感も存在しない。'Tis absolutely certain the Son of God is sinless.神の子に罪がないことは絶対的に間違いないからだ。And in the absense of sin, there is no guilt.そして、罪がないのだから、罪悪感もありえない。Jesus Christ(Brent Haskell JOURNEY BEYOND WORDS)イエス・キリストレッス...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」

    レッスン256「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」

    Forgiveness is God's command. 赦しこそ、神の訓令なり。Martin Lutherマルティン・ルターレッスン256です。「神こそ、私が今日抱く唯一の目標だ」が今日のテーマです。まず、罪とは何かをご覧ください。赦す夢を見る「Here we can but dream.  この世界では、私たちは夢見ることしかできません。 But we can dream we have forgiven him in whom all sin remains impossible, and it is this we choose to dream today.  ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  27. W2ST-4.罪ってなに?

    W2ST-4.罪ってなに?

    It is impossible to repent of love. 愛を後悔することは不可能です。The sin of love does not exist.愛に属する罪は存在しえないからです。Muriel Sparkミュリエル・スパークThe word sin means loveless perception. 罪という言葉は、愛のない知覚を意味します。It is an archery term. それは弓道の用語です。It means “you missed the mark.” それが意味するのは「的を外した」ということです。Marianne Williamson A Retur...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  28. レッスン239「わが父の栄光は私のものだ」

    レッスン239「わが父の栄光は私のものだ」

    謙虚さというのは、他のいかなる美徳よりも思い違いをされるものである。ジョージ・サヴィル 過度に謙虚な人を真に受けてはいけない。ことに、自分で自分を皮肉るような態度を信用してはいけない。その背後には、たいがい虚栄心と名誉心の強烈な一服がひそんでいる。カール・ヒルティレッスン239です。今日のテーマは、「わが父の栄光は私のものだ」です。傲慢さと謙虚さについての誤解まず、救済とは何かに目を通してから、レ...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン231〜240 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  29. T14-8 聖なる邂逅

    T14-8 聖なる邂逅

    あなたが自分の人生を生きているのではありません。あなたの人生は、源泉、つまり神によって生きられています。それゆえ、どんなときにも、自分がやるべきだと思うことをやってくださいーーそれはまさに、結果が何であれ、源泉、つまり神があなたにやってほしいことです。Ramesh S Balsekarラメッシ・S.バルセカール今回は、テキストから、聖なる出会いの場という一節をご紹介します。 真の自己を否認して偽りのアイデンティティー...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  30. レッスン234「父よ、今日、私は再びあなたの子となります」

    レッスン234「父よ、今日、私は再びあなたの子となります」

    「いいえ、わたしはそう思わないわ。あなたは望みの道を歩いてきたの。この道は、けっしてまっすぐではないのよ。あなたも大きなまわり道をしたけれど、でもそれがあなたの道だったの。どうしてだか、わかるかしら?あなたは、生命の水の湧きでる泉を見つければ、帰れる人たちの一人なの。そこは、ファンタージエンの一番深く秘められた場所なのよ。そこへゆく道は、簡単ではないわ。」そしてしばらく口をつぐんでから、またことば...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン231〜240 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  31. レッスン229「私を創造してくれたのは愛であり、愛こそが私の本質だ」

    レッスン229「私を創造してくれたのは愛であり、愛こそが私の本質だ」

    思いが「原因」で、体験はその「結果」です。もしあなたが人生に現れた結果が気に入らないのであれば、あなたの考えの性質を変えなければなりません。あなたの心の中に愛があれば、あなたの人生には愛が生まれます。これが「天国」の意味です。あなたの心の中に恐れがあれば、あなたの人生には恐れが生まれます。これが「地獄」の意味です。人生についてどう考えるか、その考え方をシフトすれば、人生の体験がシフトします。Marian...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン221〜230 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  32. レッスン203(レッスン183の復習)

    レッスン203(レッスン183の復習)

    生は、仕事というより遊びの精神で生きられなければならず、またそれに伴う争いは、いかなる種、いかなるゲーム当事者も、その天敵、愛すべき敵、欠くべからざる敵対者なしには生き残れない、ということを理解してつづけられなければならない。「汝の敵を愛せよ」というのは、彼らを敵として愛することなのだ。彼らを説き伏せて、自分の側につけようとするのは、必ずしも賢いやり方ではない。ライオンが子羊とともに寝そべるのは、...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  33. レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    兄弟との関わりの中には、シンプルな選択があります。相手を無罪とするか、有罪とするかです。この選択は、何度も何度も、毎日、毎時、毎秒やってきます。ひとつの思いで兄弟を幽閉し、別の思いで釈放します。相手をこう扱おうと決めたやり方で、あなたはあなた自身を裁くことになります。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」33ページ)レッスン181です。「私は、自分...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  34. T26-4 天国の門

    T26-4 天国の門

    God does not require a perfect, sinless life to have fellowship with Him, but He does require that we be serious about holiness, that we grieve over sin in our lives instead of justifying it, and that we earnestly pursue holiness as a way of life.神は、神との友好関係を持つために完璧で潔白に生きることを要求したりしない。ただし、私たちが本気で神聖であろうとすることを神が求めているのは確かだ。そうす...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  35. T25-5 無罪!

    T25-5 無罪!

    レイプ犯、殺人犯とあなたとの違いは、あなたが思っているほど大きくはありません。私がこれを言うのは、あなたを落ち込ませるためではありません。兄弟に対する責任に目覚めてもらいたいと思って言うのです。復讐の考えを抱いた自分を赦すことができれば、復讐の行為を行う人を赦すことができないわけがありません。その人はあなたがすでに考えていたことを行為に移したにすぎません。私は復讐を正当化するつもりはありません。攻...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  36. T23-2 混沌の法則

    T23-2 混沌の法則

    But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, forbearance, kindness, goodness, faithfulness, gentleness and self-control. しかし、大いなる霊の果実は、愛、喜び、平安、寛容さ、優しさ、善良さ、誠実さ、温和さ、そして自制です。Against such things there is no law.このような果実が見出せないところには、いかなる法もないのです。Galatians 5:22-23ガラテヤの信徒への手紙第5章22−23節今回は、テキスト第二十三章...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  37. レッスン162「私は神が私を創造したまま変わっていない」

    レッスン162「私は神が私を創造したまま変わっていない」

    赦しなくしては、欠乏的思考から抜け出すことはできません。そして赦すためには、自分が傷ついたあらゆるケースに気づいている必要があります。傷ついたと認めることです。そうすれば、それを赦すことができます。傷を秘密にすれば、過去から逃れられません。深い傷にはまず包帯をしなければなりませんんが、癒しのプロセスを完了させるには、空気と日光にさらすことです。あらゆる無意識の信念や思い込みに対して、意識の光を当て...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン161〜170 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  38. レッスン158「今日、私は自分が受け取るように与えることを学ぶ」

    レッスン158「今日、私は自分が受け取るように与えることを学ぶ」

    Service to others is the rent you pay for your room here on earth.他者に貢献することは、あなたがこの地球での自分の居場所に払う家賃である。Muhammad Aliモハメド・アリI do not agree with the big way of doing things. 私は、大規模な方法で物事をなすことがよいとは思っていません。To us, what matters is an individual. 私たちにとって重要なのは個人的な事柄だからです。To get to love a person, we must come in ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン151〜160 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  39. T9-5 エゴによる癒し

    T9-5 エゴによる癒し

    医者は病気を作り、数学は悲しむ者をつくり、神学は罪人を作る。Martin Lutherマルティン・ルター今回は、テキスト第九章から、「癒されていない治療者」という一節をご紹介します。エゴの赦しの計画の中でも特徴的な2類型エゴの許しの計画に従う癒されていない治療者には、真の意味で癒すことができません。それは、依って立つ基盤が誤っているからです。エゴの許しの計画には、多様な形態がありますが、ここでは、それらのなか...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第9章(贖罪の受容) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  40. T22-Intro 救済と神聖な関係

    T22-Intro 救済と神聖な関係

    他人とのかかわりを持たなければ、ほとんど傷つかずに済むが、いつまで経っても幸福は訪れない。アール・ナイチンゲール第二十二章 救済と神聖な関係の序論をご紹介します。特別な関係とは特別な関係は、自分が完全ではない欠落した存在であるとの思いから、外にそれを完全なものにしてくれる偶像を求め、自分に欠乏しているものを備えているように見える他者の中から、自分に欠けているものを奪い取って、自分の欠点を補完して完...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  41. T19-2 罪から逃れる途はあるのか?

    T19-2 罪から逃れる途はあるのか?

    Hate the sin, love the sinner.罪を憎み、罪人を愛せよ。Mahatma Gandhiマハトマ・ガンジーThe word sin means loveless perception. 罪という言葉は、愛のない知覚を意味します。It is an archery term. それは弓道の用語です。It means “you missed the mark.” それが意味するのは「的を外した」ということです。Marianne Williamson A Return to Loveマリアン・ウィリアムソン(「愛への帰還」61ページ)あなたがこの世で教え...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  42. レッスン121「赦しこそが幸せの鍵だ」

    レッスン121「赦しこそが幸せの鍵だ」

    I often tell people that when we get a big NO, it's because God has for us a bigger YES. 私がよく人に言うのは、私たちが大きなノーを得たとき、それは神様が私たちのためにより大きなイエスを用意してくれているからなのだということです。We must do all we can and then trust that His will be done. 私たちは自分にできるだけのことをやって、その先は神の意志がなされるはずと信じなければなりません。Wendell E. Mett...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  43. T21-7 無力感からの脱出

    T21-7 無力感からの脱出

    We're hallucinating. 私たちは幻覚を見ているのです。And that's what this world is: a mass hallucination, where fear seems more real than love. この世界は幻覚です。壮大な規模の幻影であり、そこでは、愛よりも恐れが現実のように見えています。Fear is an illusion. 恐れは錯覚です。Our craziness, paranoia, anxiety and trauma are literally all imagined.私たちは狂っているのであり、妄想、不安、そして心的外傷は...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  44. レッスン101「神は私が完全に幸せでいることを意図している」

    レッスン101「神は私が完全に幸せでいることを意図している」

    いろいろなことに悩む者は、悩み事が少ないということが幸福であると知る。心を平安にする者は、欲望が多いことで生じる禍というものを知る。(唯苦事者、方知少事之為福。唯平心者、始知多心之為禍。)洪自誠「菜根譚」幸福を追い求めいている限り、君はいつまでたっても幸福になれない。たとえ最愛のものを手に入れたとしても。Hermann Hesseヘルマン・ヘッセ 「荒野の狼」より レッスン101です。「神は私が完全に幸せでいる...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン101〜110 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  45. レッスン36「私の神聖さが私の見るすべてのものを包みこんでいる」

    レッスン36「私の神聖さが私の見るすべてのものを包みこんでいる」

    One of the sanest, surest, and most generous joys of life coms from being happy over the good fortune of others.人生の最も健全で、最も確実で、最も豊かな喜びのひとつは、他者に幸運が訪れることに幸福を感じることから生まれる。Archibald Rutledgeアーチボルド・ラトリッジワークブックのレッスン36です。「私の神聖さが私の見るすべてのものを包みこんでいる」が今日のテーマです。神聖さの知覚の対象への拡張昨日の...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン31〜40 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  46. W2ST-1.赦しってなに?

    W2ST-1.赦しってなに?

    If egg is broken by outside force, life ends. 卵が外側からの力で壊された場合、命は終わる。If broken by inside force, life begins. 卵が内側からの力で壊された場合、命は始まる。Great things always begin from inside.偉大なことはかならず内側から始まるのだ。Anonymous作者不詳他人を赦すことのできない人は、自分自身が渡らなければならない橋を壊しているようなものだ。人は誰でも赦さなければならないからだ。トー...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    ワークブック・パート②特別解説 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  47. 罪悪感から解放されることは可能なのか?

    罪悪感から解放されることは可能なのか?

    1922年に長女を3歳で亡くし、1927年、前年に事業に失敗して人生に絶望した当時32歳のバックミンスター・フラーは、妻と生まれたばかりの次女が生命保険金を得られるように自殺をしようと思い立って、ミシガン湖に行き、冷たい湖水に身を投じようとした。このとき、フラーは彼の人生の方向性と目的を一変してしまう神秘的な体験をした。彼は自分の本質が地上から数フィートの高さに浮揚し白い光の球体に包み込まれるような感覚を味...

    未分類 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿