1. レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    The future is programmed in the present.未来は現在において構想され具体化します。To let the past go is to remember that in the present, my brother is innocent.過去を去らせる方法は、現在において自分の兄弟には罪はないと思い出すことです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンPray, and let God worry.祈ることにして、心配ごとは神に委ねなさい。Martin Lutherマルティン・ルターレッスン194です。「私は...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T30-8 変わることのない現実

    T30-8 変わることのない現実

    「現実」ということの意味が知りたければ、そのことに対する判断をすべて引っ込め、ただそれとともに深くじっとしています。人生のどんな状況においても、これをすることができます。もしあなたが癌と宣告されたばかりだとしたら、どうでしょう。それなら、その癌とともにいます。自分が癌について持っている考えのすべてーーポジティブなものであれ、ネガティブなものであれーーは解釈にすぎないのだということを認めてください。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン130「ふたつの世界を見ることは不可能だ」

    レッスン130「ふたつの世界を見ることは不可能だ」

    The mind is a universe and can make a heaven of hell, a hell of heaven.心はひとつの宇宙なので、天国を地獄に変えることも、地獄を天国に変えることもできる。John Miltonジョン・ミルトンレッスン130です。今日のテーマは「ふたつの世界を見ることは不可能だ」です。T18-9 ふたつの世界が参考になると思いますので、御覧ください。幻同士の間に真の選択肢はありえない「The real and the unreal are all there are to cho...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない」

    レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない」

    Wisdom is learning what to overlook.英知とは、何を無視すべきかを学ぶことだ。William Jamesウィリアム・ジェイムズ寓話昔むかし、ある国の宮殿に年老いた王様が住んでいました。宮殿の大広間の金のテーブルの真ん中には、大きな素晴らしい宝石が輝いていました。王様は毎日毎日、その宝石を磨き、宝石はどんどん輝きを増してゆきました。ある日のこと、泥棒が押し入って、その宝石を盗みました。泥棒は宮殿を抜け出して、森の...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    1 コメントの投稿
  5. レッスン97「私は霊だ」

    レッスン97「私は霊だ」

    We are not human beings having a spiritual experience. We are spiritual beings having a human experience.私たちは、霊的な体験をする人間なのではない。私たちは、人間という体験をしている霊的存在なのである。Pierre Teilhard de Chardinピエール・テイヤール・ド・シャルダン(1881年5月1日-1955年4月10日、フランス人のカトリック司祭(イエズス会士))We don't have a soul. We are a soul. We have a body.私たちは魂...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    レッスン71「ただ神の救済の計画だけがうまくいく」

    感謝する人は、不正な仕打ちを受けることがあろうとは信じられません。怒りに満ちた人は、神に愛されるなぞ想像もできません。どちらの世界に住みたいですか。選ぶのはあなたです。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」より)トランサーフィンの観点から言えば、様々なつまらないことで不満を口にするという有害な習慣は、私たちの邪魔をする。反対に、たとえささやかなこ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン71〜80 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン69「私の不平不満が私の中にある世界の光を隠してしまう」

    レッスン69「私の不平不満が私の中にある世界の光を隠してしまう」

    人が人の世のためを本位として生きるとき、その心の中に卑しい不平不満の火は燃えない。中村天風 It is very easy to become arrogant and impolite,.傲慢でぶっきらぼうになるのはとても簡単なことです。But we were born for a much greater thing.しかし、私たちはもっと偉大なことのために生まれてきたのです。We were born to love one another.私たちは、お互いに愛し合うために生まれたのです。Mother Teresaマザー・テレサ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン61〜70 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン34「私は、これを見る代わりに、平安を見ることができる」

    レッスン34「私は、これを見る代わりに、平安を見ることができる」

    The mind is never right but when it is at peace within itself.心が正しくあることができるのは、心が本来の平穏な状態にあるときだけだ。Lucius Annaeus Senecaルキウス・アンナエウス・セネカこの世の中があなたの目にどう映るかで、あなたのバイブレーションのレベルがどれ位か、はっきりとわかります。もし、この世界が美しく安全な場所に見えるとすれば、あなたのバイブレーションはとても細かいのです。もし、世界が陰気...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン31〜40 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン17「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」

    レッスン17「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」

    もし私たちが、世界を個別のかけら、物、事象、原因、結果へと、こま切れにして見るのは「私たちの見方にすぎない」のだということに気づいていたなら、問題は決して生じなかっただろう。Alan Wattsアラン・ワッツレッスン17です。今日のテーマは、「私は、何ひとつ中立なものを見ていない」です。私たちが曲者であるがゆえに私たちには歪曲した世界が見えているこのレッスンは、私たちが中立なものを見ていないのは、私たちが中...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン11〜20 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿