1. T31-4 真の選択肢

    T31-4 真の選択肢

    責任は英語でレスポンシビリティ(responsibility)という。レスポンス(response=反応)とアビリティ(ability=能力)という二つの言葉でできていることがわかるだろう。私たちは自分の反応を選ぶ自由があるだけでなく、選んだ反応に責任を負うのだ。Stephen R. Coveyスティーブン・R.コヴィー今回はテキスト代三十一章から「真の選択肢」という一節をご紹介します。世界の中で提示されるいかなる選択肢も失望と死に導くことし...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T22-2 あなたの兄弟に罪はない

    T22-2 あなたの兄弟に罪はない

    Whatever we think about others is really like sending a message about ourselves to our self.私たちが他者のことをどう思うかは、実のところ、私たちの自己に自分についてのメッセージを送るようなものだ。Gary R. Renard, Your Immortal Reality: How to Break the Cycle of Birth and Deathゲイリー・R.レナード(「不死というあなたの現実」より)今回はテキスト第二十二章から「あなたの兄弟が無罪であること」という一節を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T25-3 知覚と選択

    T25-3 知覚と選択

    願望は役に立たないどころか、邪魔をするだけなのだ。願望を実現させるための秘訣は、願望と縁を切り、その代わりに、意図、すなわち、所有し行動する決意を持つことである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドさらに手探りで歩いていくと、シリルは入口の扉の前に立っていた。この扉で路地は行きどまりだった。入口の上には看板がかかっていて、街灯がそれを照らしていた。ちょうど大道歌の挿絵のような素朴な筆づかいで、中世の猟師...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T2-6 恐れと葛藤

    T2-6 恐れと葛藤

    恐怖と正面から向かい合わなければならない経験をするたびに、力と勇気と信念が得られるのです。それは、自分にこう言うことができるからです。「私はこの恐怖にすら耐えたのだ。次に何が来ようと、怖いものか」と。エレノア・ルーズベルトCourage is not the absence of fear, but rather the judgement that something else is more important than fear.勇気とは、恐れがないことではなく、恐れよりも重要なものがほかにあると...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T6-5C 神と神の王国にのみ注意を向ける

    T6-5C 神と神の王国にのみ注意を向ける

    注意力とは明澄さであり、あらゆる思考をはさまない澄んだ直覚に他ならない。思考は常に死んだ過去に根ざしているから、決してそのような明澄さをもたらすことはできない。それゆえ思考は無明の闇の中の行為なのである。そしてこのことに気づくことが注意力の働きである。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティThe 'kingdom of God' is not something one waits for; it has no yesterday or tomorrow, it does not come...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第6章(愛のレッスン) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T26-3 国境地帯

    T26-3 国境地帯

    この世で一番遠い場所は自分自身の心である。寺山修司あくる日になって、バスチアンはもう一度、自分のさがすもののことで、おばさまにはなしかけた。「ぼく、生命の水、どこをさがせばいいの?」「ファンタージエンの境。」アイゥオーラおばさまはいった。「だけど、ファンタージエンには、境がないのでしょう?」バスチアンはたずねた。「あるのよ。でもそれは、外にあるのではなくて、内にあるの。幼ごころの君が、すべてのお力...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分が見ることを選んだほうを見ることになる」

    レッスン351「私の罪のない兄弟は、私を平安へと導く案内役だ。私の罪深い兄弟は、私を苦痛に導く案内役だ。そして、私は自分が見ることを選んだほうを見ることになる」

    Love is happy when it is able to give something.自分が何かを与えることができるとき、愛は幸せになる。The ego is happy when it is able to take something.自分が何かを手に入れるときに、エゴは幸せになる。OSHOThe thing human most for you. The case that makes no one do the thought that I'm embarrassed.あなたが最も人として大切にすべきなのは、誰にも、自分を恥じるような思いを抱かせないようにすることだ。Frie...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン351〜360 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます」

    レッスン329「あなたの意図することを私はすでに選んでいます」

    There are two kinds of people: those who say to God, 'Thy will be done,' and those to whom God says, 'All right, then, have it your way.'二種類の人々がいる。神に対して「御心のままに」と言う者たち、そして、神から「よかろう、それでは、私の意図することをあなたのやり方でやりなさい」と言われる者たちだ。C. S. LewisC. S. ルイス神は個人の意志を抑圧しているわけではない。神は、神ご自身が望んでいることとは別...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン321〜330 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    レッスン317「私は自分に定められた道に従う」

    The first reason for people’s slavery is our ignorance, and above all, our ignorance of ourselves.人々が隷属状態に陥る1番の理由は、私たちの無知、それも何にもまして、私たちが自分自身について何も知らないことだ。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフレッスン317です。「私は自分に定められた道に従う」が今日のレッスンです。まず、最後の審判とは何かをご覧ください。自分だけの役目を引き受けるまで私たちは運...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン311〜320 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. P3-I 人生で出会う人たちの真の姿とは?

    P3-I 人生で出会う人たちの真の姿とは?

    Life is a Game. 人生はゲームだ。Once you Understand it as a Game, a deep Playfulness arises on its own Accord. ひとたびあなたが人生がゲームだと理解したら、ひとりでに深い愉しみ、遊び心が湧き上がってくる。The Victory is not the Point; the Point is to play totally, Joyously, Dancingly. 勝利を収めることは重要ではなくなる。大事なのは、完全に、喜びに満ちて、踊るように遊ぶことだ。What is called Playfulne...

    心理療法 このカテゴリ一覧を見る
    心理療法 第3章 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン286「天国の静けさが今日、私の心を満たす」

    レッスン286「天国の静けさが今日、私の心を満たす」

    To be full of things is to be empty of God. 物事に満たされるには、神がいなくならなければならない。To be empty of things is to be full of God. 物事を空にすることが、神に満たされる手立てなのだ。Meister Eckhartマイスター・エックハルトレッスン286です。「天国の静けさが今日、私の心を満たす」が今日のテーマです。まず、聖霊とは何かをご覧ください。私が何かをしなければならないという思考が平安を破壊してい...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン281〜290 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン255「今日、私は完璧な平安の中で過ごすことを選ぶ」

    レッスン255「今日、私は完璧な平安の中で過ごすことを選ぶ」

    If you are humble nothing will touch you, neither praise nor disgrace, because you know what you are.もしあなたが謙虚であるなら、称賛であれ罵倒であれ、何事もあなたに影響を及ぼせなくなるでしょう。なぜなら、あなたには本当の自分が何者なのかわかっているからです。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン255です。「今日、私は完璧な平安の中で過ごすことを選ぶ」が今日のテーマです。まず、罪とは何...

    ワークブック・パート② このカテゴリ一覧を見る
    レッスン251〜260 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T7-3 神の王国とは

    T7-3 神の王国とは

    天国の実用性今まで述べてきたように、地上の特徴に対して天国の特徴を九つにまとめる過程で、私を驚かせてきたことは、その一貫として多岐にわたる実用性である。興味と冒険、娯楽的価値、情熱ということに関して言えば、天国に勝るところはなく、最後には大きなことから小さなことに至るまで、天国がどれほど道理にかなって、どんなにうまく働いているかに感嘆し、驚くのだ。ここでのみ人類の呪いである対立がウソであることが暴...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第7章(王国の贈り物) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. レッスン202(レッスン182の復習)

    レッスン202(レッスン182の復習)

    It is impossible to recognize a wrong way without knowing the right way.正しい道を知らなければ、間違った道に気づくのは不可能だ。George Ivanovich GurdjieffグルジエフHistory is an endless repetition of the wrong way of living. 歴史とは、間違った生き方の際限のない繰り返しのことだ。Lawrence Durrellロレンス・ダレル私が13歳のとき、宗教の先生が「何をもって覚えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかっ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン201〜210 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    The future is programmed in the present.未来は現在において構想され具体化します。To let the past go is to remember that in the present, my brother is innocent.過去を去らせる方法は、現在において自分の兄弟には罪はないと思い出すことです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンPray, and let God worry.祈ることにして、心配ごとは神に委ねなさい。Martin Lutherマルティン・ルターレッスン194です。「私は...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. T15-3 卑小さと偉大さ

    T15-3 卑小さと偉大さ

    私という想念の源を探求しなさい。するべきことはそれだけである。宇宙は「私」という想念が原因で存在している。「私」という想念が終焉すれば、不幸もまた終焉する。偽りの「私」という想念は、その源を探ることによってのみ終焉するのである。ラマナ・マハルシ今回は、テキスト第15章から、卑小さと偉大さについての一節をご紹介します。レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない」、レッスン322「私...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  17. レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    真実の信仰はただひとつ。神、すなわち愛という信仰が、それである。オマル・ハイヤーム 「ルバイヤート」レッスン189です。「私は今、自らの内に神の愛を感じる」が今日のテーマです。内に感じるものを外に見るという法則悪意と恐怖で曇った目を通して世界を眺める者には攻撃と憎しみと復讐の世界しか見えないのと同じくらい、自らの内に神の愛を感じる者には、憎しみの世界など想像もつかないということが語られます。そのわけ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. レッスン185「私は神の平安を望む」

    レッスン185「私は神の平安を望む」

    When you see the world through serene eyes, you generate peace wherever you go. あなたが穏やかに澄んだ目で世界を眺めるとき、あなたは自分の赴くどこにでも平安を創出している。Jerry Dorsman; Bob Davisジェリー・ドースマン、ボブ・デイヴィス「ものごとは一筋縄では行かないものだなどと考えたこともない変わり者は、ある日、まるで自分のために特別に商品が運び込まれたかのようなショーケースの前に、わけもわからず居...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. レッスン138「天国は、私が下すべき決断だ」

    レッスン138「天国は、私が下すべき決断だ」

    My Kingdom is not an earthly kingdom. 私の王国は地上の王国ではありません。If it were, my followers would fight to keep me from being handed over to the Jewish leaders. もしそうだったなら、私の従者たちはユダヤ人の首領たちに私が捕まらないように戦っていたはずです。But my Kingdom is not of this world.しかし、私の王国はこの世のものではありません。Jesus Christ, John 18:36イエス・キリスト(ヨハネによる福...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン131〜140 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. レッスン130「ふたつの世界を見ることは不可能だ」

    レッスン130「ふたつの世界を見ることは不可能だ」

    The mind is a universe and can make a heaven of hell, a hell of heaven.心はひとつの宇宙なので、天国を地獄に変えることも、地獄を天国に変えることもできる。John Miltonジョン・ミルトンレッスン130です。今日のテーマは「ふたつの世界を見ることは不可能だ」です。T18-9 ふたつの世界が参考になると思いますので、御覧ください。幻同士の間に真の選択肢はありえない「The real and the unreal are all there are to cho...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある」

    レッスン129「この世界を越えた向こう側に、私の望む世界がある」

    Out beyond ideas of wrongdoing and rightdoing there is a field.善行や悪行という観念を超えた外側に、ある草原がある。I'll meet you there.そこで私はあなたと出会うだろう。When the soul lies down in that grass the world is too full to talk about.その草の中に魂が横たわるとき、世界は語るべきことで溢れ返る。Jalal Al-Din RumiルーミーThe disciples asked him: “When will the Kingdom come?”弟子たちはイエスに尋...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン121〜130 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. T21-Intro 世界を変える

    T21-Intro 世界を変える

    Everyone thinks of changing the world, but no one thinks of changing himself.誰もが世界を変えようと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない。Leo Tolstoyレフ・トルストイYesterday I was clever, so I wanted to change the world. 昨日、才気走っていた私は、世界を変えてやろうと望んでいた。Today I am wise, so I am changing myself.今日、私は得るところがあったので、私は自分自身を変えることにした。Jalal Al...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. T31-8 終着

    T31-8 終着

    Behold, I come quickly; and my reward is with me, to render to every man according to his works.見よ、私はすぐに来る。そして私は報いを携えて来て、すべての者たちに、彼らのしわざに応じて報いよう。 I am Alpha and Omega, the first and the last, the beginning and the end.私はアルファでありオメガである。最初であり最後、始まりであり終わりである。Blessed are they that wash their robes in the blood of the ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. レッスン98「私は救済のための神の計画における自分の役目を受け入れることにする」

    レッスン98「私は救済のための神の計画における自分の役目を受け入れることにする」

    Peace requires us to surrender our illusions of control.平安に至るには、私たちが自分にはコントロールする力があるという錯覚を放棄することが必要だ。Jack Kornfieldジャック・コーンフィールドWe must let go of the life we have planned, so as to accept the one that is waiting for us.私たちは、自分のことを待ち受けている人生を受け入れるために、自分で立てた人生プランを手放さなければならない。Joseph Campbell...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. T27-7 夢を夢見る者

    T27-7 夢を夢見る者

    Mishaps are like knives, that either serve us or cut us, as we grasp them by the blade or the handle.不幸な出来事はナイフのようなものだ。私たちが刃をつかむか柄をつかむかに応じて、私たちを傷つけもすれば助けもする。James Russell Lowellジェームズ・ラッセル・ローウェル今回は、テキストから「夢を夢見る者」(第二十七章 VII. The Dreamer of the Dream )をご紹介します。この世界が夢だとしたら本節と次節は、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第27章(夢を癒す) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. レッスン52(レビュー:レッスン6~10)

    レッスン52(レビュー:レッスン6~10)

    Human beings can alter their lives by altering their attitudes of mind. 人間は自分の心構えを変えることによって、自分の人生を変えることができる。William Jamesウィリアム・ジェイムズ真実を言いますと、すべての思考は繁栄、つまり繁殖していきます。あなたの思い浮かべるすべての考えが、ポジティブあるいはネガティブなエネルギーを現在の状況に増し加えるのです。ネガティブな考えも、ポジティブな考えと同じように繁...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン51〜60 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  27. M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    M4-2 神の教師の特性2(正直さ)

    Honesty is the first chapter in the book of wisdom. 正直さは、英知の書の第一章である。Thomas Jeffersonトマス・ジェファーソンBeing entirely honest with oneself is a good exercise.ひたすら自らに正直でいることは、よい修練になる。Sigmund Freudジークムント・フロイトMan is least himself when he talks in his own person. 個としての素の自分として語るとき、人は本音を隠し最も本当の自分から遠ざかる。Give him ...

    マニュアル このカテゴリ一覧を見る
    マニュアル4 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿