1. T31-6 汝の意図するところをなせ

    T31-6 汝の意図するところをなせ

    だが、バスチアンは、ためらわずに水にとびこんだ。そして、水晶のように澄んだ水の中で、転げまわりはねまわり、水を吹きとばしはねかえして、きらきらととび散る水滴を口に受けて飲んだ。飲んで飲んで、渇きがすっかりおさまったとき、体中に悦びがみちあふれていた。生きる悦び、自分自身であることの悦び。自分がだれか、自分の世界がどこなのか、バスチアンには、今ふたたびわかった。新たな誕生だった。今は、あるがままの自...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T1-5 完全さと霊

    T1-5 完全さと霊

    No one is useless in this world who lightens the burden of it to anyone else.この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。Charles John Huffam Dickensチャールズ・ディケンズ汝の欲せざるところを、人に施すことなかれ。孔子(論語より)Jesus saw some infants being nursed at the breast. イエスは、嬰児が母の乳を吸い子守りされているのを見られた。He said to ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第1章(奇跡の意味) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T5-7 神を選ぶ

    T5-7 神を選ぶ

    But your forgiveness is done here, which means you should be practical — and respectful of other people and their experience.しかし、あなたの赦しはここでなされるのだ。それが意味するのは、あなたは実践的であらねばならない、つまり、ほかの人々を敬い、彼らの存在に敬意を払うべきということだ。In other words, when you’re living your everyday life, be kind.言い換えれば、あなたは自分の日常を生きるに際し、優...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T4-7 創造とコミュニケーション

    T4-7 創造とコミュニケーション

    To love another person is to see the face of God. ほかの誰かを愛することは、神の顔を見ることだ。Victor Hugoヴィクトル・ユーゴーでは、何かが存在しないと言明するとき、わたしたちは何を主張しているのでしょうか。たとえば魔女は存在しないと主張するとき、この主張はそもそも何を意味するのでしょうか。事態をよく見て、真となる否定的な存在言明を定式化してみましょう。 魔女は存在しない。これに対して、こう反論す...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T4-6 神からのご褒美

    T4-6 神からのご褒美

    If you would persuade, appeal to interest and not to reason相手を説得しようと思うなら、正論など持ち出してはいけない。相手にどのような利益があるかを話すだけでいい。Benjamin Franklin, Poor Richard's Almanackベンジャミン・フランクリンあなたの人間的マインドにすっかり浸透してしまっているこの偽我のエネルギーは、あなたの意識を外側の世界だけに集中させ、そこで日々、小さな失望感、小さな安心感、時には大きな...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    3 コメントの投稿
  6. T19-4D 平安への障害4

    T19-4D 平安への障害4

    I’m an atheist and I thank God for it.私は無神論者だが、自分が無神論者でいられることについて神に感謝している。George Bernard Shawジョージ・バーナード・ショー苦しい修行の末に賢人ナーラダはヴィシュヌ神に次のように言った。「私は錯覚を克服できるようになりました。」ヴィシュヌ神はナーラダに錯覚の真の力(ヴィシュヌ神の持つマーヤーという不思議な力)を見せてやろうと約束した。朝、目覚めると男性のナーラダは...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第19章(平安の達成) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. レッスン114(レッスン97と98の復習)

    レッスン114(レッスン97と98の復習)

    鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。鳥は神に向かって飛ぶ。神の名はアブラクサスという。ヘルマン・ヘッセ「デミアン」レッスン114です。レッスン97と98の復習です。[97] I am spirit. 私は霊だ。[98] I will accept my part in God’s plan for salvation. 私は、救済のための神の計画における私の役割を引き受けることにする。今日は映画「パ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン111〜120 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T2-3 祭壇はどこにある?

    T2-3 祭壇はどこにある?

    God has a bigger plan for me than I have for myself.神は私が自分で立てたプランよりもずっと偉大なプランを私のために立ててくれている。Anonymous作者不詳God doesn’t give you the people you want, he gives you the people you need.神はあなたの望む人々を与えてくれるわけではない。神はあなたに必要な人々をあなたに遣わしてくれるのだ。To help you, to hurt you, to leave you, to love you and to make you the pers...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第2章(分離と贖罪) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. T4-2 エゴの起源

    T4-2 エゴの起源

    人間同士の間の関係は、イメージ形成という一つの防衛機構に基づいている。我々はあらゆる関係において、いつも他人に関するイメージを作り上げる。こうしてお互いに作り上げたイメージが関係しあうのであって、人間そのものが関係しあうのではない。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティ間違いと失敗は、我々が前進するための訓練だ。ウィリアム・エラリー・チャニングミスや失敗の数だけ誰かの役に立てることが増える...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン97「私は霊だ」

    レッスン97「私は霊だ」

    We are not human beings having a spiritual experience. We are spiritual beings having a human experience.私たちは、霊的な体験をする人間なのではない。私たちは、人間という体験をしている霊的存在なのである。Pierre Teilhard de Chardinピエール・テイヤール・ド・シャルダン(1881年5月1日-1955年4月10日、フランス人のカトリック司祭(イエズス会士))We don't have a soul. We are a soul. We have a body.私たちは魂...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン96「救済は、私のひとつの大いなる自己からやってくる」

    レッスン96「救済は、私のひとつの大いなる自己からやってくる」

    もう一度、言っておく。子はひとりだけ、他にはいない。これだけでも、あなたの真実の姿を語っている。この事実に対する抵抗を手放したとき、全ての理解を確実に超えた平和を見出すであろう。あなたが夢から覚めて自分の真実に目覚めるとき、あなたのたったひとつの思考である分離は永遠に終わる。そして、父と子がひとつであることが明らかになるであろう。イエス・キリスト(マーク・ハマー著「イェシュアの手紙」209ページ)レ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン91〜100 このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿