1. レッスン199「私は身体ではない。私は自由だ」

    レッスン199「私は身体ではない。私は自由だ」

    The moment I have realized God sitting in the temple of every human body, the moment I stand in reverence before every human being and see God in him - that moment I am free from bondage, everything that binds vanishes, and I am free. 一人ひとりの人間の身体という寺院に神が鎮座していることに私が気づいた瞬間、私がすべての人間を前にして深い崇敬の念を抱いて彼の内に神を見た瞬間、その瞬間、私は束縛から...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷つける」

    レッスン198「ただ私が非難することだけが私を傷つける」

    Your life is the fruit of your own doing. You have no one to blame but yourself.あなたの人生は、あなた自身がなしたことの果実だ。あなたが非難できる相手はただ自分自身だけなのだ。Joseph Campbellジョーゼフ・キャンベルレッスン198です。「ただ私が非難することだけが私を傷つける」が今日のテーマです。神の「創造」は無限、神の子の「想像」は夢幻神の子は不死なる存在なので、傷つくことなどできません。神の子は...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    レッスン197「私には自分からの感謝を得ることしかできない」

    Appreciation is a wonderful thing. 感謝とはすばらしいものだ。It makes what is excellent in others belong to us as well.感謝は、他者が持つ美点を、その人だけでなく、私たちにも与えてくれるのだから。Voltaire (François-Marie Arouet)ヴォルテール成功者の言葉しか世の中には残らないから、「やればできる」が格言になる。夢は叶わないかもしれない。叶える為の努力は無駄に終わるかもしれない。でも、何かに向かって...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. レッスン196「私には自分自身を磔にすることしかできない」

    レッスン196「私には自分自身を磔にすることしかできない」

    われわれがある人間を憎む場合、われわれはただ彼の姿を借りて、われわれの内部にあるなに者かを憎んでいるのである。Hermann Hesseヘルマン・ヘッセ「デミアン」The superior man blames himself. The inferior man blames others.優れた人は自分の責任にする。劣った人は他者のせいにする。Don Shulaドン・シュラレッスン196です。「私には自分自身を磔にすることしかできない」が、今日のテーマです。元祖炎上商法エゴの生存...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. レッスン195「愛こそが、私が感謝しながら歩む道だ」

    レッスン195「愛こそが、私が感謝しながら歩む道だ」

    If you have men who will exclude any of God's creatures from the shelter of compassion and pity, you will have men who will deal likewise with their fellow men. もしあなたたちの中に自分が同情や哀れみをかけて守ってあげようとする対象から神の創造物のどんな一部でも除外しようとする者がいるなら、あなたたちは同じように自分たちの中で仲間外れをしようとする者を仲間に持つことになる。Francis of Assisiアッシジ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    レッスン194「私は、未来を神の手に委ねる」

    The future is programmed in the present.未来は現在において構想され具体化します。To let the past go is to remember that in the present, my brother is innocent.過去を去らせる方法は、現在において自分の兄弟には罪はないと思い出すことです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンPray, and let God worry.祈ることにして、心配ごとは神に委ねなさい。Martin Lutherマルティン・ルター「すべては導かれている」と...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T15-3 卑小さと偉大さ

    T15-3 卑小さと偉大さ

    私という想念の源を探求しなさい。するべきことはそれだけである。宇宙は「私」という想念が原因で存在している。「私」という想念が終焉すれば、不幸もまた終焉する。偽りの「私」という想念は、その源を探ることによってのみ終焉するのである。ラマナ・マハルシ今回は、テキスト第15章から、卑小さと偉大さについての一節をご紹介します。レッスン128「私の見るこの世界には、私の望むものは何もない」、レッスン322「私...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    2 コメントの投稿
  8. レッスン193「すべてのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ」

    レッスン193「すべてのことは、神が私に学ばせようとするレッスンだ」

    人から忠告を受けたら、彼の中に天の声、天の意志があると思いなさい。そうすれば、その忠告は、たとえどんな内容のものであっても、あなたにとって有益なものとなるでしょう。ジョセフ・マーフィーApprehend God in all things, for God is in all things. すべての物事に神を見よ。神は万物に宿るのだから。Every single creature is full of God and is a book about God. 一つひとつの生き物は、神に満たされた、神について記...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある」

    レッスン192「私には、神が私に果たさせようとする役目がある」

    誰かに腹を立てたときはいつでも、ゆるす機会だと認識していなければなりません。あなたを怒らせる相手は、あなたの中にある癒されるべき何かに共鳴しているかもしれず、その場合、そう考えることを選択すれば、つまり自分の見方を変えたいと思えば、相手からの贈り物をもらえるのです。その状況はまた、誰かに似たようなことをされた過去の出来事を再現している可能性もあります。もしそうであるなら、今相手にしている人物は、そ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. レッスン191「私は、神自身の聖なる子だ」

    レッスン191「私は、神自身の聖なる子だ」

    O Lord that lends me life, lend me a heart replete with thankfulness.おお、私に生命を授けてくれた神よ、私の心が感謝の念で満たされますように。William Shakespeareウィリアム・シェイクスピアWas Jesus the son of God? イエスは神の子だったのでしょうか。Yes. もちろん、そうです。But so are you. しかし、あなたもイエスと同じく神の子なのです。You just haven't realized it yet.あなたはただ、まだそれに気づいてい...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン191〜200 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. レッスン190「私は、苦痛の代わりに神の喜びを選択する」

    レッスン190「私は、苦痛の代わりに神の喜びを選択する」

    We would worry less if we praised more.私たちがもっと他者を褒めたたえるようになれば、私たちはより悩まなくなるだろう。Thanksgiving is the enemy of discontent and dissatisfaction.感謝を捧げることは、不平不満の敵だからだ。Harry A. Ironsideヘンリー・アラン「ハリー」アイアンサイドレッスン190です。「私は、苦痛の代わりに神の喜びを選択する」が今日のテーマです。苦痛は嫌なはずなのに、喜びを差し置いてでも...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    レッスン189「私は今、自らの内に神の愛を感じる」

    もし、あなたが私を良く理解したならば、すべての恐怖を落とし、もっと愛しなさいーーそして無条件に愛しなさい。愛するときは、相手のために何かしてあげていると考えてはいけない。あなたは自分自身のために大切なことをしているのだ。あなたが愛するとき、それはあなたのためになるのだ。だから、待ってはいけない。他の人が愛してくれる時にだけ愛そう、と言ってはいけないーーそれはまったく的外れだ。利己的になりなさい。愛...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. レッスン188「神の平安が今、私の中で輝いている」

    レッスン188「神の平安が今、私の中で輝いている」

    People are like stained-glass windows.人間はステンドグラスに似ています。They sparkle and shine when the sun is out, but when the darkness sets in, their true beauty is revealed only if there is a light from within.外に太陽が出ているとステンドグラスも光り輝きます。けれど、ステンドグラスの真の美しさは、太陽が沈んで闇が訪れたときにこそ明らかになります。ただし、それがはっきりするのは、ステンドグラスの...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    T11-Intro 私たちはエゴの子?神の子?

    Without self knowledge, without understanding the working and functions of his machine, man cannot be free, he cannot govern himself and he will always remain a slave.” 自己を知ることなしに、自分の機械の働きや機能を理解することなしに、人は自由にはなれないし、人は自分自身を支配できず、人は奴隷であり続ける。George Ivanovich Gurdjieffグルジエフ「人間としての自我」は自分と他人との違いを明らかにし、さ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. レッスン187「私はこの世界を祝福する。なぜなら、私は自分自身を祝福するからだ」

    レッスン187「私はこの世界を祝福する。なぜなら、私は自分自身を祝福するからだ」

    Anytime you try to be a loving person, you’re doing your part to save the world.あなたが愛に満ち溢れた人物であろうとするときはいつでも、あなたは世界を救うための自分の役目を果たしているのです。Marianne Williamsonマリアン・ウィリアムソンFollow your bliss and the universe will open doors where there were only walls.あなたがこの上ない喜びを感じることを追い求めなさい。そうすれば、宇宙は、かつて壁ばかり...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    レッスン186「世界の救済は、私にかかっている」

    Since no man is excluded from calling upon God the gate of salvation is open to all. 神に助けを求めることから誰ひとり除外されてはいないのだから、すべての人に救済の門は開かれている。There is nothing else to hinder us from entering, but our own unbelief.私たちがその門の中に入るのを妨げるものは、何ひとつ存在しない。あるとすれば、それは私たちの自己不信だけだ。John Calvinジャン・カルヴァンレッスン18...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. レッスン185「私は神の平安を望む」

    レッスン185「私は神の平安を望む」

    When you see the world through serene eyes, you generate peace wherever you go. あなたが穏やかに澄んだ目で世界を眺めるとき、あなたは自分の赴くどこにでも平安を創出している。Jerry Dorsman; Bob Davisジェリー・ドースマン、ボブ・デイヴィス「ものごとは一筋縄では行かないものだなどと考えたこともない変わり者は、ある日、まるで自分のために特別に商品が運び込まれたかのようなショーケースの前に、わけもわからず居...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. T3-3 知覚と知識ってどう違うの?

    T3-3 知覚と知識ってどう違うの?

    When I am employed in serving others I do not look upon myself as conferring favors but paying debts.私は他者に奉仕するときには、自分が親切を施しているとは思わずに、借りを返しているのだと思うようにしている。Benjamin Franklinベンジャミン・フランクリンService to others is the rent you pay for your room here on earth.他者に貢献することは、あなたがこの地球での自分の居場所に払う家賃である。Muhammad Ali...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第3章(潔白な知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. レッスン184「神の名こそ、私が承継したものだ」

    レッスン184「神の名こそ、私が承継したものだ」

    名づけとは創造的な行為によって誰かや何かと関係を作り、それを通して初めて、その何かに現実性を与えるということです。その際、名前自体は重要ではありません。名前を持たないものは私たちの意識の中に存在しません。名がないことの苦痛は、幼ごころの君が患う死の病いです。Michael Endeミヒャエル・エンデそれぞれ名づけられたものは、それがあたかもそれだけで存在するかのように、名がない全体から切り離される。それは、い...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  20. レッスン183「私は、神の名と自分自身の名を呼ぶ」

    レッスン183「私は、神の名と自分自身の名を呼ぶ」

    私に言わせれば、ほとんどすべての芸術や文学の仕事は、それまで名前をもっていなかった事柄に、名前をつける事なんですよ。名前をつけられれば、人間はその事柄と関係をもてるようになるわけですからね。Michael Endeミヒャエル・エンデレッスン183です。今日のテーマは「私は、神の名と自分自身の名を呼ぶ」です。神の名冒頭で神の名を呼ぶことは、自分自身の名を呼ぶことにほかならないということが語られます。「神の名」を...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  21. T24-3 自分は特別だと思うことは自分自身に敵対すること?

    T24-3 自分は特別だと思うことは自分自身に敵対すること?

    真の勇気が試されるのは逆境の時ではない。幸運な時どれだけ謙虚でいられるかで試されるのだ。Viktor E. Frankl, Man's Search for Meaningヴィクトール・フランクルOne man cannot hold another man down in the ditch without remaining down in the ditch with him.他者をどぶの中に押さえつけておこうとするなら、その人は自分も相手と一緒にどぶの中に浸かったままでいなければならない。Booker T Washingtonブッカー・T・ワ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  22. レッスン182「私は、一瞬じっと静まり、そして、家に帰る」

    レッスン182「私は、一瞬じっと静まり、そして、家に帰る」

    私たちの人生の目的は、私たちの中にある最高のものに命を与えることです。キリストが幼子としてやってくるのは、生まれたばかりの赤ちゃんの無邪気な心が過去の歴史や罪の意識によって損なわれていない人の象徴であるからです。私たちの内なるキリストの幼子には、いかなる前歴もありません。新たに始める機会を与えられた人を象徴しています。過去の傷を究極的に癒すただひとつの方法は、それを赦し、それを手放すことです。奇跡...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  23. レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    レッスン181「私は、自分の兄弟たちを信頼する。彼らは私とひとつなのだから」

    兄弟との関わりの中には、シンプルな選択があります。相手を無罪とするか、有罪とするかです。この選択は、何度も何度も、毎日、毎時、毎秒やってきます。ひとつの思いで兄弟を幽閉し、別の思いで釈放します。相手をこう扱おうと決めたやり方で、あなたはあなた自身を裁くことになります。イエス・キリスト(Paul Ferrini ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」33ページ)レッスン181です。「私は、自分...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  24. レッスン181から200に向けての導入

    レッスン181から200に向けての導入

    The best preparation for good work tomorrow is to do good work today. 明日良い仕事をするための最善の準備は、今日良い仕事をすることだ。Elbert Hubbardエルバート・ハバード復習期間、お疲れさまでした!さあ、これからまた新しいレッスンに入ります。まず、レッスン181から200に向けての導入の説明です。...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン181〜190 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  25. レッスン180「レッスン169と170の復習」

    レッスン180「レッスン169と170の復習」

    It is never too late to be what you might have been. 自分がなれていたかもしれない人物になるのに遅すぎることなんて絶対にない。George Eliotジョージ・エリオットNo price is too high to pay for the privilege of owning yourself.自分自身の主でいられるという特権のためなら、どれだけ高い代償を払っても足りないくらいだ。Friedrich NietzscheニーチェThe opinion which other people have of you is their problem, no...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  26. レッスン179「レッスン167と168の復習」

    レッスン179「レッスン167と168の復習」

    Faith means belief in something concerning which doubt is theoretically possible. 信頼とは、理論上それについて疑いの余地のある何かを信じることを意味する。William Jamesウィリアム・ジェイムズIn politics, stupidity is not a handicap.政治の世界では、愚鈍さは弱みではない。Napoleon Bonaparteナポレオン・ボナパルトレッスン179です。今日は、レッスン167と168の復習です。今日は、「ヨーガ・ヴァーシシュ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  27. レッスン178「レッスン165と166の復習」

    レッスン178「レッスン165と166の復習」

    Happiness is not something you postpone for the future; it is something you design for the present. 幸せとは、あなたが未来まで待たなけれならない何かではない。それはあなたが現在のために思い描く何かだ。Jim Rohnジム・ローンもし目的達成の障害となり得る自分の短所があることを自覚し、必要とされる知識や経験を持っていないと思うのであれば、あなたはそうしたことと折り合いをつけるべきだ。あなたが今ある状態を受...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  28. レッスン177「レッスン163と164の復習」

    レッスン177「レッスン163と164の復習」

    Every man is more than just himself; he also represents the unique, the very special and always significant and remarkable point at which the world's phenomena intersect, only once in this way, and never again. どんな人間もただその人自身であることしかできない。このことは同時に、自分自身であることは、どんなに世界が変わろうとも、いまだかつてなく、そして二度と現れるのとのない独自のきわめて特別で不変...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  29. レッスン176「レッスン161と162の復習」

    レッスン176「レッスン161と162の復習」

    真の武とは、相手の全貌を吸収する引力の練磨。だから私はこのまま、立っていればいい。植芝盛平In order to awaken, first of all one must realize that one is in a state of sleep. 目覚めるには、まず何よりも、人は自分が眠りの状態にあることに気づかなければならない。And in order to realize that one is indeed in a state of sleep, one must recognize and fully understand the nature of the forces which operate ...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  30. T20-5 永遠の伝令

    T20-5 永遠の伝令

    Do not think that love in order to be genuine has to be extraordinary. 愛を純粋なものにするために何か特別なことが必要だとは思わないことです。What we need is to love without getting tired.私たちに必要なのは飽くことなく愛することです。Mother Teresaマザー・テレサ テキストから、「永遠の前触れ」という一節をご紹介します。私たちの真価は計り知れない私たちの兄弟の価値は計り知れないほどのものであるというこ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  31. レッスン175「レッスン159と160の復習」

    レッスン175「レッスン159と160の復習」

    ある人が私に対して罪を犯したって?それは彼が処理するだろう。彼は自分の気質、自分の活動を持っているのだ。私としては、現在宇宙の自然が私に今持てと命ずるものを持ち、私の内なる自然が私に今なせと命ずることを行っているわけだ。Marcus Aurelius, Meditationsマルクス・アウレリウス(「自省録」)Any fool can criticize, condemn, and complain but it takes character and self control to be understanding and forgiv...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  32. T30-8 変わることのない現実

    T30-8 変わることのない現実

    「現実」ということの意味が知りたければ、そのことに対する判断をすべて引っ込め、ただそれとともに深くじっとしています。人生のどんな状況においても、これをすることができます。もしあなたが癌と宣告されたばかりだとしたら、どうでしょう。それなら、その癌とともにいます。自分が癌について持っている考えのすべてーーポジティブなものであれ、ネガティブなものであれーーは解釈にすぎないのだということを認めてください。...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  33. レッスン174「レッスン157と158の復習」

    レッスン174「レッスン157と158の復習」

    Great art grabs you, against your will, and then suspends your will. 偉大な芸術作品は、あなたの意志に逆らってあなたの心を鷲掴みにし、そうすることで、あなたの意志を静止させる。You are ushered into a quiet clearing, free of desire, free of grasping, free of ego, free of the self-contraction. あなたは静かな浄化の中へと導かれ、願望に縛られなくなって、執着を脱し、エゴを落として、小さな自己に引きこもる...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  34. T26-4 天国の門

    T26-4 天国の門

    God does not require a perfect, sinless life to have fellowship with Him, but He does require that we be serious about holiness, that we grieve over sin in our lives instead of justifying it, and that we earnestly pursue holiness as a way of life.神は、神との友好関係を持つために完璧で潔白に生きることを要求したりしない。ただし、私たちが本気で神聖であろうとすることを神が求めているのは確かだ。そうす...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第26章(移行) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  35. レッスン173「レッスン155と156の復習」

    レッスン173「レッスン155と156の復習」

    Be faithful in small things because it is in them that your strength lies. 小さな物事にこそ、心を込めて真摯に取り組んでください。なぜなら、小さなことに心を込めることであなたは力強くなれるからです。Mother Teresaマザー・テレサ レッスン173です。今日はレッスン155と156の復習です。今日は、新プラトン主義の開祖プロティノスの「エネアデス」をご紹介します。Plotinusプロティノスウィキ「プロティノスは...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  36. T8-8 身体は目的、道具?

    T8-8 身体は目的、道具?

    あなたが車を一台持っていて、一生その車にしか乗れないとしよう。当然あなたはその車を大切に扱うだろう。必要以上にオイルを交換したり、慎重な運転を心がけたりするはずだ。ここで考えて欲しいのは、あなたが一生に一つの心と一つの体しか持てないということだ。つねに心身を鍛練しなさい。決して心身の手入れを怠らないようにしなさい。じっくり時間をかければ、あなたは自らの心を強化することができる。人間の主要資産が自分...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第8章(戻りの旅路) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  37. レッスン172「レッスン153と154の復習」

    レッスン172「レッスン153と154の復習」

    自分の欠点や弱点を克服する道はただ1つ、それを正しく認識することである。Rudolf Steinerルドルフ・シュタイナー(「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」)レッスン172です。今日はレッスン153と154の復習です。今日は、テレビドラマシリーズ「アップロード」です。アマゾンオリジナル作品で、今のところアマゾンプライムでしか見られないようです。近未来のデジタル世界の天国を題材にする物語です。Wikiあら...

    ワークブック・パート① このカテゴリ一覧を見る
    レッスン171〜180 このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿