1. T8-6 神の宝物

    T8-6 神の宝物

    What profit is there for one to gain the whole world and forfeit his life?たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失うなら、彼にどんな益があるというのか。What could one give in exchange for his life?どんな代償を支払おうとも自分の命を買い戻すことはできないのだから。THE GOSPEL ACCORDING TO MARKイエス・キリスト(マルコによる福音書第8章36、37節)The Parables of the Hidden Treasure and the Pearl隠された...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第8章(戻りの旅路) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  2. T14-4 贖罪におけるあなたの役目

    T14-4 贖罪におけるあなたの役目

    愛を教えることはできません。愛を学ぶこともできません。でも、愛に気づくことはできます。イエス・キリスト(マリ・ペロン著「愛のコース 第一部 コース」 47ページ)誰も他人を無理やりに目覚めさせることはできません。誰でも条件つきの愛をやり取りすることの不毛さを経験するときがやってきます。分離とコントロールが耐え難く辛いものになるまでは、そういう愛にしがみついています。どれくらいで耐えられなくなるかは人...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  3. T15-1 時間のふたつの使い方

    T15-1 時間のふたつの使い方

    The Dalai Lama, when asked what surprised him most about humanity, answered 人の属性に関して最も驚いたことを問われた際、ダライ・ラマはこう答えた。"Man. 「人というのは因果な生き物です。Because he sacrifices his health in order to make money. そのわけはこうです。人は、お金を稼ぐために健康を犠牲にします。Then he sacrifices money to recuperate his health. それから、人は、自分の健康を回復しようとして、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  4. T18-4 ささやかな意欲

    T18-4 ささやかな意欲

    被収容者は、行動的な生からも安逸な生からもとっくに閉め出されていた。しかし、行動的に生きることや安逸に生きることだけに意味があるのではない。そうではない。およそ生きることそのものに意味があるとすれば、苦しむことにも意味があるはずだ。苦しむこともまた生きることの一部なら、運命も死ぬことも生きることの一部なのだろう。苦悩と、そして死があってこそ、人間という存在ははじめて完全なものになるのだ。Viktor E. ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第18章(夢の消滅) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  5. T15-11 犠牲の終わりとしてのクリスマス

    T15-11 犠牲の終わりとしてのクリスマス

    あなたは、神があなたにしてほしいことをしたいと思っています。そして、あなたの問題は、神の意志を知ることができないということです。でも、ジョークといえば、あなたは、源泉、つまり神が望まないことは何一つできないということです。「御心がなされますように」Ramesh S Balsekarラメッシ・S.バルセカール(「人生を心から楽しむ 罪悪感からの解放」158ページより)今回は、「犠牲の終わりとしてのクリスマス」という一節を...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  6. T15-5 神聖な瞬間と特別な関係

    T15-5 神聖な瞬間と特別な関係

    Yesterday is gone. 昨日は過ぎ去っています。Tomorrow has not yet come. 明日はまだやって来ていません。We have only today. 私たちには今日しかありません。Let us begin.さあ始めましょう。Mother Teresaマザー・テレサ 今回は、テキスト第十五章から、「神聖な瞬間と特別な関係」をご紹介します。少し先のテキスト第22章では、「神聖な関係」がテーマとなります。特別な関係は、エゴが取り仕切る諸悪の根源であるとして、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  7. T15-4 神聖な瞬間を実践する

    T15-4 神聖な瞬間を実践する

    I alone cannot change the world, but I can cast a stone across the waters to create many ripples.私ひとりでは世界を変えることはできませんが、私は一石を投じて、水面にたくさんのさざ波を創り出すことならできます。Mother Teresaマザー・テレサ 今回は、テキスト第十五章から、「神聖な瞬間の実践」という一節をご紹介します。すべての瞬間が神聖な瞬間1.「The holy instant is this instant and every instant. 神聖...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第15章(神聖な瞬間) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  8. T11-4 神の子が受け継いでいるもの

    T11-4 神の子が受け継いでいるもの

    Whoever possesses God in their being has Him in a divine manner, and He shines out to them in all things; for them all things taste of God and in all things it is God's image that they see.神のことを自分の本質的な生命として位置づける者はみな、聖なる作法で神を宿しているので、神は万物の中からその者を照らし出してくれる。彼らは、万物に神の趣きを味わい、自らの目にする万物に神の姿を見る。Meister Eckhart...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第11章(神かエゴか) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  9. T10-1 神の中に目覚める

    T10-1 神の中に目覚める

    Every child comes with the message that God is not yet discouraged of man. すべての子どもたちは、神はまだ人類に落胆していないというメッセージを携えてやってくる。Rabindranath Tagoreラビンドラナート・タゴールJesus replied: Love the Lord your God with all your heart and with all your soul and with all your mind.’ イエスは答えられた。「主であるあなたの神をあなたの全身全霊をこめて愛しなさい。」This is ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第10章(病の偶像) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  10. T9-1 現実の受容

    T9-1 現実の受容

    Most men would rather deny a hard truth than face it.ほとんどの人は、認めたくない真理に向き合おうするよりも、その真理を否認しようとするものだ。 George R.R. Martin ジョージ・R・R・マーティン ほとんどの人間は実のところ自由など求めていない。なぜなら、自由には責任が伴うからである。みんな、責任を負うことを恐れているのだ。ジクムント・フロイトナポレオン・ヒル:性についての正しい知識、それと正しい思考が、...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第9章(贖罪の受容) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  11. T5-7 神を選ぶ

    T5-7 神を選ぶ

    But your forgiveness is done here, which means you should be practical — and respectful of other people and their experience.しかし、あなたの赦しはここでなされるのだ。それが意味するのは、あなたは実践的であらねばならない、つまり、ほかの人々を敬い、彼らの存在に敬意を払うべきということだ。In other words, when you’re living your everyday life, be kind.言い換えれば、あなたは自分の日常を生きるに際し、優...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第5章(癒しと完全性) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  12. T4-7 創造とコミュニケーション

    T4-7 創造とコミュニケーション

    To love another person is to see the face of God. ほかの誰かを愛することは、神の顔を見ることだ。Victor Hugoヴィクトル・ユーゴーでは、何かが存在しないと言明するとき、わたしたちは何を主張しているのでしょうか。たとえば魔女は存在しないと主張するとき、この主張はそもそも何を意味するのでしょうか。事態をよく見て、真となる否定的な存在言明を定式化してみましょう。 魔女は存在しない。これに対して、こう反論す...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第4章(エゴという幻想) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  13. T21-1 忘れられた歌

    T21-1 忘れられた歌

    ベルクソンの洞察は示唆するところが大きい。私が夢中で試験問題を解いている時、油絵を描くことに没頭している時、電車に乗り遅れまいと必死に走っている時、私は純粋持続のうちにあり、私は自由なのだ。いや、このときじつは「私」も登場してこない。「われを忘れている」のである。中島義道「時間論」 君たちの時間は限られている。その時間を、他の誰かの人生を生きることで無駄遣いしてはいけない。ドグマにとらわれてはいけ...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第21章(理性と知覚) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  14. T28-2 原因と結果の逆転

    T28-2 原因と結果の逆転

    芝居を見るという経験には、心を救う効果、つまり治療の効果がある。そういう経験の属する次元を変えない限り、それは人生に必要不可欠なものだ。ところが経験の成立するレベルを混同すると、経験は、人生に危険なもの、人生を破壊するものになる。Michael Endeミヒャエル・エンデ およそ芝居とは、最高の出来でも影にすぎない。ただ、最低のものでもどこか見どころがある。ウィリアム・シェイクスピア「夏の夜の夢」人生は芝居の...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  15. T25-3 知覚と選択

    T25-3 知覚と選択

    願望は役に立たないどころか、邪魔をするだけなのだ。願望を実現させるための秘訣は、願望と縁を切り、その代わりに、意図、すなわち、所有し行動する決意を持つことである。Vadim Zelandヴァジム・ゼランドさらに手探りで歩いていくと、シリルは入口の扉の前に立っていた。この扉で路地は行きどまりだった。入口の上には看板がかかっていて、街灯がそれを照らしていた。ちょうど大道歌の挿絵のような素朴な筆づかいで、中世の猟師...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第25章(神の正義) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  16. T29-4 夢の中の登場人物たちの役割

    T29-4 夢の中の登場人物たちの役割

    If you want a love message to be heard, it has got to be sent out.あなたが愛のメッセージを聞きたいのなら、あなたからそのメッセージを送らなくてはなりません。Mother Teresaマザー・テレサ Instead of asking ‘what do I want from life?’ A more powerful question is, ‘what does life want from me?’「私は人生に何を望むか」と尋ねるよりも、もっと力強い問いは、「人生は私に何を求めているのか」と尋ねることだ。Ec...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    テキスト第29章(目覚め) このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  17. T28-5 恐怖の夢に代わるもの

    T28-5 恐怖の夢に代わるもの

    I have dreamed a dream, but now that dream is gone from me.私はかつてある夢を夢見ていた。しかし今ではその夢は私のもとから去っている。Morpheus (The Matrix Reloaded).モーフィアス今回はテキスト第二十八章から、「恐怖の夢に代わるもの」をご紹介します。恐怖の夢の終わり1.「God is the Alternate to dreams of fear. 神こそが恐怖の夢の代わりになってくれる大いなる存在です。」神が恐怖の夢の代わりになってくれて...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  18. T23-1 相容れない信念

    T23-1 相容れない信念

    自分自身を知るということ―この大切なことを私たち人間は無視しがちです。自分自身を知ることこそ、何かを築きあげることができる唯一の土台なのです。Jiddu Krishnamurtiジッドゥ・クリシュナムルティ私は知っています。男はみな、自分が信じるものに命を捧げ、女はみな、自分が信じるものに命を与えるのだということを。しかし、ときとして、人はほとんど何も信じないか、まったく何も信じないことさえあります。そのようなとき...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿
  19. T14-9 神聖さの反映

    T14-9 神聖さの反映

    Holiness does not consist in doing extraordinary things.並外れた物事をなすことが神聖なわけではありません。It consists in accepting, with a smile, what Jesus sends us.神聖さとは、イエス様が私たちに送ってくださるものを微笑みとともに受け入れることです。It consists in accepting and following the will of God.それは神の意志を受け入れて従うことなのです。Mother Teresaマザー・テレサ 今回は、テキスト第十四...

    テキスト このカテゴリ一覧を見る
    0 コメントの投稿