レッスン33「世界を見る別の見方がある」

レッスン31〜40 0

レッスン33です。

今日のテーマは「世界を見る別の見方がある」です。





長いほうの練習では、「世界を見る別の見方がある」という形で、短いほうでは「この状況を見る別の見方がある」という形で適用します。

昨日に引き続き、内面世界と外部世界を交互に切り替えながら、いずれの世界にも没入せずに、適度な距離感を保って、外の世界知覚する物理的な対象と内面世界に知覚する想念という主観的な対象を等しく見渡す感覚を味わいます。


人間、生きていれば、だれだって、へこみまくって、世界が自分に敵対していて、世界に自分の居場所なんてどこにもないとしか思えなくなって、ときに死にたくなるようなこともあります。

これまでに、そのような思いを抱いた経験のある方は、振り返って、過去の自分に、「辛いよね。よくわかるよ。でも、世界を見る別の見方があるんだよ。」と優しく語りかけてあげたいと思うはずですし、当然、身近にそのような状況で苦しんでいる大事な人がいたら、そのように話して、本当にその通りだと理解してほしいと思うことでしょう。

単に、時間を未来の自分にスライドさせるだけでも、苦境は自分を成長させる砥石として役に立つという認識で、世界を別の観点から見ることができます。

私たちアバターは、神の子がすべてを持ち、すべてである自分を断片化した幻想世界を眺める無数のカメラのひとつであるがゆえに、世界を限られた画角で切り取ったミクロの局面しか見えないし、しかも、それをカメラの前に被せたスライドによって濃厚に脚色した像としてしか見ることができません。

コースの学習は、この限られた狭く不明瞭な視覚の視野を拡大し視界の明瞭化を進めていくプロセスです。

その意味で、世界の基準では失敗とされるような苦境を体験することは、むしろ順境のままでは狭いままの視野を無理やり押し広げ、近視眼的にしか見通せなかった視力を強め、靄を晴らして遠くまで見通せるようにするのに役立つと言えます。

辛いときには、今日のレッスンを思い出して「世界を見る別の見方がある」、「この状況を見る別の見方がある」との中で唱えて自分の自己認識=世界認識を進化させるチャンスだと捉え直すようにしましょう。








Workbook Lesson 33



There is another way of looking at the world.
世界を見る別の見方がある。





There is another way of looking at the world.
世界を見る別の見方がある。



1. Today's idea is an attempt to recognize that you can shift your perception of the world in both its outer and inner aspects.
 今日の考えは、あなたには世界についての自分の知覚の仕方を外と内の両面で変えることができることに気づくよう試みるものです。

 A full five minutes should be devoted to the morning and evening applications.
 朝と夜の適用には、5分まるまる時間をじっくり使ってください。

 In these practice periods, the idea should be repeated as often as you find comfortable, though unhurried applications are essential.
 朝と夜の実習時間には、あなたが地よく感じるだけ頻繁にこの考えを繰り返してください。ただし、急がずに行うことが大切です。

 Alternate between surveying your outer and inner perceptions, but without an abrupt sense of shifting.
 外側に知覚するものと内側に知覚するものを交互に見渡すようにしてください。ただし、唐突に感じるような切り替え方にならないように気をつけてください。



2. Merely glance casually around the world you perceive as outside yourself, then close your eyes and survey your inner thoughts with equal casualness.
 ただ自分の外側に知覚する世界を何気なく見回して、それから目を閉じて、内側の思いを同じような気軽さで見渡してください。

 Try to remain equally uninvolved in both, and to maintain this detachment as you repeat the idea throughout the day.
 外を見ることにも内を見ることにも、等しく没頭しないように気をつけてください。そして、1日を通してこの考えを繰り返す際には、この距離感を保つようにしてください。



3. The shorter exercise periods should be as frequent as possible.
 短いほうの練習は、できるかぎり頻繁に行ってください。

 Specific applications of today's idea should also be made immediately, when any situation arises which tempts you to become disturbed.
 自分のがかき乱されるような出来事が生じた際には、すぐにその出来事に今日の考えを具体的に適用すべきです。

 For these applications, say:
 今日の考えを適用するに際しては、次のように言ってください。


There is another way of looking at this.
この状況を見る別の見方がある。



4. Remember to apply today's idea the instant you are aware of distress.
 自分がストレスを感じていることに気づいたら、忘れずに、すぐ今日の考えをあてはめてください。

 It may be necessary to take a minute or so to sit quietly and repeat the idea to yourself several times.
 その場合、静かに座って今日の考えを何回も自分に繰り返し言い聞かせるために、1分程度を確保する必要があるかもしれません。

 Closing your eyes will probably help in this form of application.
 その際には、目を閉じていたほうが、考えの適用の仕方としてはおそらく効果的でしょう。


名称未設定



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)