レッスン48「恐れることなど何もない」

レッスン41〜50 0

Nothing in life is to be feared. It is only to be understood.
人生に恐るべきことなど何もありません。それはただ理解すべきことなだけです。


Marie Curie
マリー・キュリー



レッスン48です。


今日のテーマは「恐れることなど何もない」です。



生きているうちに、いつかそれが真理であることを確信しながらこの言葉を本気で言ってみたい、と誰もが思うことでしょう。

恐怖とは、恐怖を感じる主体が、自分に危害が及ぶ可能性を認識して、危害が現実になった場合を思い描いて現在の安定・安心を喪失することになることを予期して心に不安や混乱が生じて動揺することです。

恐怖は、①主体がアイデンティティーを抱いて自分と同一視する範囲内に危害が及びうること、②危害が現実になりうること、双方の認識があってはじめて生じます。


①について、コースは、私たちはエゴ・身体ではなく、この世界の万人が神の子として私たちの兄弟であるとして、私たちのアイデンティティーを個人からすべての人類、万物へと拡張する教えのように思えるので、そうだとすれば、万物にアイデンティティーを抱くなら、危害が及びうる可能性のある範囲が拡大して、より恐怖を抱きやすくなるようにも思えます。

しかし、私たちのアイデンティティーは神の子であることなのであって、神の子とは、幻想世界の中のアバターである人間を寄せ集めた肉体の総和であるわけではありません。

人間と神の子の関係性は、人体内の細胞にとってのその身体を持つ人の心ないし魂、ゲーム世界の中のアバターにとってのテレビ画面の前に座ってプレイする子供のような関係であり、まったく次元が異なるものです。

したがって、①真のアイデンティティーを取り戻して、この幻想世界の中の人間ではなく、神の現実の中にいる大いなる霊としての神の子が本当の自分だという自覚を得ることは、この幻想世界とその中のすべての生き物たちを自分の分身として愛するようにさせはしても、本当の自分は世界とも世界の中の存在とも同一ではないという認識につながります。

他方、②この世界で生じうる危害は、どんなに深刻で甚大なものであっても、この世界かぎりのものでしかありえません。したがって、ゲームの画面の中でマリオが悲壮な死を遂げても、テレビの前の子供は元気なままだし、テレビ画面にどんなに恐ろしい妖怪や怪物や幽霊が映し出されていようとも、貞子のように画面からそれらの恐ろしい存在が這い出してくることありえないので、この幻想世界の危害が神の子に影響を及ぼすことは不可能です。

したがって、本当の自分である神の子には恐怖はありえないというのは真実だということです。






Workbook Lesson 48



There is nothing to fear.
恐れることなど何もない。





There is nothing to fear.
恐れることなど何もない。



1. The idea for today simply states a fact.
 今日の考えは、ただ単に事実を述べているだけです。

 It is not a fact to those who believe in illusions, but illusions are not facts.
 幻想を信じている者たちには、この考えは事実ではありませんが、幻想事実ではありません。

 In truth there is nothing to fear.
 本当の意味で、恐れることなど何もないのです。

 It is very easy to recognize this.
 このことを認めるのはとても簡単なことです。

 But it is very difficult to recognize it for those who want illusions to be true.
 しかし、幻想真実であってほしいと望む者たちにとっては、これが本当だと認めるのは非常に困難なことです。



2. Today's practice periods will be very short, very simple and very frequent.
 今日の実習時間は、とても短いものになるので、とても簡単に、かなり頻繁に行うことになります。

 Merely repeat the idea as often as possible.
 ただひたすら、「恐れることなど何もない」と、できるだけ頻繁に今日の考えを繰り返してください。

 You can use it with your eyes open at any time and in any situation.
 目を開いたままで、いつでも、いかなる状況においても、今日の考えを使うことができます。

 It is strongly recommended, however, that you take a minute or so whenever possible to close your eyes and repeat the idea slowly to yourself several times.
 とはいえ、できるときがあったら、いつでも1分ほど目を閉じて、今日の考えをゆっくりと何回も自分に繰り返し言い聞かせることを強く勧めておきます。

 It is particularly important that you use the idea immediately, should anything disturb your peace of mind.
 何かに自分の心の平安がかき乱されたときには、すぐに今日の考えを用いるようにすることがとりわけ重要です。



3. The presence of fear is a sure sign that you are trusting in your own strength.
 恐れを感じることは、あなたが自分だけの強さに頼ろうとしていることを示す確かな印です。

 The awareness that there is nothing to fear shows that somewhere in your mind, though not necessarily in a place you recognize as yet, you have remembered God, and let His strength take the place of your weakness.
 恐れることなど何もないと自覚するなら、それは、必ずしも自分ではまだ気づいていないにしても、あなたの心のどこかで、あなたが神を思い出して、神の力強さに自分の弱さに取って代わってもらうようにしたことを示しています。

 The instant you are willing to do this there is indeed nothing to fear.
 あなたがこのようにする意欲を持ったとたん、本当に、恐れることなど何もなくなってしまうのです。


名称未設定



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)