M4-10 神の教師の特性10(開かれた心)

マニュアル 0

神の教師の特性の最後「開かれた心」をご紹介します。





コースの学習が、この世界での学習とは逆で、「学習棄却」(Unlearning)、つまり、世界での学びによって刷り込まれた誤った学習成果を捨て去って忘れ去る、パソコンやスマホ等の端末を初期化するような作業だということが示されます。

「It is the function of God's teachers to bring true learning to the world.
 真の学び世界にもたらすことが神の教師たちの役目です。

 Properly speaking it is unlearning that they bring, for that is "true learning" in the world.
 正しく言うならば、神の教師たちがもたらすのは、それまでに学んだことを忘れ去ることです。というのも、この世界では、これまで学んだこと白紙に戻すことこそが『真の学び』になるからです。」

赦しによって価値判断による裁きを放棄することで、間違った学習で詰め込まれた無用なガラクタが心から取り除かれて、学習棄却が達成され、それによって扉を閉ざされていた心が開かれます。



Open-Mindedness
開かれた心



1. The centrality of open-mindedness, perhaps the last of the attributes the teacher of God acquires, is easily understood when its relation to forgiveness is recognized.
 おそらく神の教師が最後に獲得する属性となる開かれた心が持つ中心的な役割は、開かれた心が赦しと関連することに気づくなら、たやすく理解できるはずです。

 Open-mindedness comes with lack of judgment.
 裁かないことによって、心が開かれます。

 As judgment shuts the mind against God's Teacher, so open-mindedness invites Him to come in.
 価値判断して裁くことが、神の大いなる教師である聖霊に対して心を閉ざしてしまいます。したがって、心を開くことが、聖霊に入ってきてくれるよう招待することになります。

 As condemnation judges the Son of God as evil, so open-mindedness permits him to be judged by the Voice for God on His behalf.
 非難することは、神の子を邪悪な者と価値判断して裁くことになりますが、心が開かれた状態になることによって、神を代理して神を代弁する大いなる声によって神の子は裁いてもらえるようになります。

 As the projection of guilt upon him would send him to hell, so open-mindedness lets Christ's image be extended to him.
 罪悪感を神の子に投影すると、彼を地獄へ送ることになってしまいますが、開かれた心は、キリストの姿が彼に拡張されるようにします。

 Only the open-minded can be at peace, for they alone see reason for it.
 心の開かれた者だけが平安を得ることができます。なぜなら、心が開かれた者たちだけが平安の理由を理解できるからです。



2. How do the open-minded forgive?
 開かれた心を持つ者は、どのようにして赦すのでしょうか。

 They have let go all things that would prevent forgiveness.
 心が開けている者は、すでに赦しを妨げるようなあらゆる物事をすべて手放しています。

 They have in truth abandoned the world, and let it be restored to them in newness and in joy so glorious they could never have conceived of such a change.
 彼らは本当にこの世界を捨て去り、そして、世界を新しく喜びに満ちたものとして自分たちに戻してもらったのです。その世界は、あまりに栄光に満ちていて、彼らには一度も想像することもできなかったほど大きな変化でした。

 Nothing is now as it was formerly.
 今では何ひとつ、かつてそうであった通りではありません。

 Nothing but sparkles now which seemed so dull and lifeless before.
 以前には、あんなにもぼんやりと生気に欠けて見えていたものが、今では、すべてきらきらと輝きを放っています。

 And above all are all things welcoming, for threat is gone.
 そして何にもまして、脅威が去ってしまったので、すべての物事が歓迎すべきものとなります。

 No clouds remain to hide the face of Christ.
 キリストの顔を隠す雲は、もうひとつも残っていません。

 Now is the goal achieved.
 いまや、目標が達成されたのです。

 Forgiveness is the final goal of the curriculum.
 赦しこそ、カリキュラムの最終目標です。

 It paves the way for what goes far beyond all learning.
 赦しは、すべての学びを通り越した彼方まで続く道を地ならしします。

 The curriculum makes no effort to exceed its legitimate goal.
 このカリキュラムは、その本来の目標を超えるための努力を費やすようなことはまったくありません。

 Forgiveness is its single aim, at which all learning ultimately converges.
 赦しだけがカリキュラムのただひとつの狙いです。この赦しという標的に、すべての学習が究極的に狙いを集中しています。

 It is indeed enough.
 本当に赦しだけで十分だからです。



3. You may have noticed that the list of attributes of God's teachers does not include things that are the Son of God's inheritance.
 あなたはすでに、神の教師が身につけることになる属性のリストには、神の子が生まれ持って受け継いでいる属性が含まれていないことに気づいているかもしれません。

 Terms like love, sinlessness, perfection, knowledge and eternal truth do not appear in this context.
 潔白さ、完全さ、知識、そして、永遠真理といった言葉は、神の教師の属性として挙げられてはいません。

 They would be most inappropriate here.
 これらの言葉は、ここに挙げるには最もふさわしくないものなのです。

 What God has given is so far beyond our curriculum that learning but disappears in its presence.
 神が授けてくれたものは、本当に私たちのカリキュラムの射程範囲をはるかに超えているために、それを前にしては学びはただ消え去るだけです。

 Yet while its presence is obscured, the focus properly belongs on the curriculum.
 しかし、神の授けてくれたものの臨在が覆い隠されている間は、このカリキュラムに焦点を合わせることがふさわしいのです。

 It is the function of God's teachers to bring true learning to the world.
 真の学び世界にもたらすことが神の教師たちの役目です。

 Properly speaking it is unlearning that they bring, for that is "true learning" in the world.
 正しく言うならば、神の教師たちがもたらすのは、それまでに学んだことを忘れ去ることです。というのも、この世界では、これまで学んだこと白紙に戻すことこそが「真の学び」になるからです。

 It is given to the teachers of God to bring the glad tidings of complete forgiveness to the world.
 神の教師たちには、完全な赦しという喜ばしい便りをこの世界へともたらす機会が与えられているのです。

 Blessed indeed are they, for they are the bringers of salvation.
 彼らは本当に神聖な存在です。というのも、彼らは救済をもたらす者たちだからです。


次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (12)
奇跡のコース (5)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)