レッスン99「救済だけが、この地上で私が担う唯一の役目だ」

レッスン91〜100 0

The salvation of man is through love and in love.
人の救済は、を通じ、そして、の内になされる。



Viktor E. Frankl
ヴィクトール・フランクル




レッスン99です。

今日のテーマは「救済だけが、この地上で私が担う唯一の役目だ」です。







「Then let the Thought with which He has replaced all your mistakes enter the darkened places of your mind which thought the thoughts that never were His Will.
 それから、決して神の大いなる意志であったことのない小さな思いを抱いていたあなたの小さな心の暗くなった場所に、あなたのすべての間違いに神が置き換えてくれた大いなる思いが入りこめるようにしてください。



8. This part belongs to God, as does the rest.
 この暗くなった部分は、残りの部分がそうであるのと同じように、神に属しています。

 It does not think its solitary thoughts and make them real by hiding them from Him.
 この部分には、自分ひとりだけの思いを抱いているわけではないし、それらの思いを神から隠すことによって、それらが独自の思考として実在するようになるわけでもありません。

 Let in the light, and you will look upon no obstacle to what He wills for you.
 を入らせてください。そうすれば、あなたには、神があなたのために意図するものを何の妨げもなく見ることができるでしょう。

 Open your secrets to His kindly Light, and see how bright this Light still shines in you.
 あなたの秘密を神の優しいにさらけ出して、それでも、この大いなるが依然として自分の中で鮮明に輝いているのを見てください。



9. Practice His Thought today, and let His Light seek out and lighten up all darkened spots, and shine through them to join them to the rest.
 今日は、神の大いなる思いを実践して、神の大いなるに、暗くなった場所を見つけてそこを照らし、ほかの場所と一緒に輝きを行き渡らせてもらいなさい。

 It is God’s Will your mind be One with His.
 あなたの小さな心が神の心とひとつになることが神の大いなる意志です。」

この箇所は、ヴェーダーンタ哲学の不二一元論を確立したインド最大の哲学者シャンカラが用いた虚空と壺の喩えに似ています。

ブラフマンとアートマンの関係について、シャンカラは、虚空と壺(無明)に喩えます。すなわち、世界を遍く満たす虚空(ブラフマン)は、壺の中の空気(アートマン)として充満しており、壺の中の空気と虚空は別ではない(梵我一如)という説明です。

上記の箇所は、壺の中をで照らすことによって無明を晴らし、虚空と壺の中が一体であることを明らかにさせるものです。





Lesson 99 - Salvation is my only function here
レッスン99「救済だけが、この地上で私が担う唯一の役目だ」





1. Salvation and forgiveness are the same.
 救いと赦しは同じものです。

 They both imply that something has gone wrong; you need to be saved from or forgiven for; something amiss that needs corrective change, something apart or different from the Will of God.
 救いと赦しはともに、何かがうまく行かなかったことを前提にしています。それは、修正するために変化させることを必要とする何らかの間違い、つまり、神の大いなる意志と解離して相違している何かからあなたが救われ、赦される必要があることを示しています。

 Thus do both terms imply the thought of the impossible which has occurred, resulting in a state of conflict now between what is and what could never be.
 このように、救いと赦しという両方の言葉は、ありえないことが実際に起こって、結果として、実在するものと絶対に実在するはずのないものとの間にいまや葛藤する状態が生じていると想定することを前提としています。



2. Truth and illusions both are equal now, for both have happened.
 この前提に乗るなら、真理と幻想は両方ともすでに起こったという意味で、いまや対等となります。

 The impossible becomes the thing you need forgiveness for; salvation from.
 そうなると、あなたは、ありえないものを赦したり、ありえないものから救われる必要があることになります。

 Salvation thus becomes the borderland which stands between the truth and fantasies.
 こうして救済は、真理と空想の間に位置する境界地帯となります。

 It now reflects the truth because it is the means by which you can escape illusions.
 救済はあなたが幻想から脱出できるための手段なのだから、救済が今、真理を反映しているのは確かです。

 Yet it is not the truth because it has the function to undo all causeless things.
 しかし、救済は原因のない物事すべてを取り消すという機能を担うものなので、真理そのものではありません。



3. How could there be a meeting place at all where earth and Heaven can be reconciled within a mind where both of them exist?
 天と地がともに存在するひとつの心の中に、少しでも両者が和解できるような合流地点がどうして存在しうるでしょうか。

 The mind that sees illusions thinks them real.
 幻想を見ている小さな心は、幻想が実在すると思っています。

 They have existence in that they are thoughts.
 たしかに、幻想は、それが思考であるという意味では存在しています。

 And yet they are not real because the mind that thinks these thoughts is separate from God.
 それでも、幻想は実在するものではありません。なぜなら、これらの幻の想念を思考する小さな心は、神から分離しているからです。



4. What joins the separated mind and thoughts with Mind and Thought which are forever One?
 いったい何が、永遠にひとつのものである大いなる心と大いなる思いに、分離した小さな心や小さな思いを結びつけるというのでしょうか。

 What plan could hold the truth inviolate, yet recognize the need illusions bring, and offer means by which they are undone without attack, and with no touch of pain?
 真理を神聖で穢れのないままに保ちながら、幻想が生み出す必要性を認めて、攻撃することも少しも痛みを味わうこともなく幻想を取り消す手段を提供できるのはどんな計画でしょうか。

 What but a Thought of God could be this plan by which the never done is overlooked, and sins forgotten which were never real?
 この計画、すなわち、一度もなされていないものを看過して、決して実在したことのない数々の罪を忘れ去るための手段となりうるのは、神の大いなる思い以外にはありえないはずです。



5. The Holy Spirit holds this plan of God exactly as it was received of Him within the Mind of God, and in your own.
 聖霊は、この神の計画を、神の大いなる心の中で、つまり、あなた自身の心の中で、神から受け取ったそのままの状態で保ってくれています。

 It is apart from time in that its Source is timeless.
 その大いなる源は時間を超越しているので、神の計画は時間から隔絶しています。

 Yet it operates in time because of your belief that time is real.
 しかし、あなたが時間は本当にあると信じているがゆえに、神の計画は時間の中で作用します。

 Unshaken does the Holy Spirit look on what you see; on sin and pain and death, on grief and separation and on loss.
 聖霊は、あなたの目にする罪や苦痛や死、悲嘆や分離や喪失を見てもまったく動じることはありません。

 Yet does He know one thing must still be true; God still is Love, and this is not His Will.
 しかし、聖霊は、ひとつのことだけが依然として真理に違いないと知っています。それは、神は今もずっと大いなるのままなのだから、今あなたが見ている罪や分離は神の大いなる意志ではないということです。



6. This is the Thought Which brings illusions to the truth, and sees them as appearances behind which is the changeless and the sure.
 これが、幻想を真理へともたらし、幻想のことを、背後に不変で確実なものがある見せかけでしかないものとして見る大いなる思いです。

 This is the Thought which saves and which forgives, because It lays no faith in what is not created by the only Source It knows.
 これが、救い、そして赦す大いなる思いです。なぜなら、大いなる思いは、自らが知る唯一の大いなる源によって創造されていないものには何の信頼も寄せることはないからです。

 This is the Thought Whose function is to save by giving you Its function as your own.
 これが救うことを役割とする大いなる思いであり、あなたに自らの役目をあなた自身の役目として与えることによって救いを果たします。

 Salvation is your function with the One to Whom the plan was given.
 救済は、その計画を託された大いなる存在である聖霊とともにあなたが担う役目です。

 Now are you entrusted with this plan, along with Him.
 今、あなたはその聖霊と一緒にこの計画を任されました。

 He has one answer to appearances regardless of their form, their size, their depth, or any attribute they seem to have:
 形や大きさ、奥行きなど、その幻想がどんな属性を帯びているように見えようとも、聖霊はそれらの見せかけに対して次のようなひとつの答えを持っています。


Salvation is my only function here.
救済は、この地上での私の唯一の役目だ。

God still is Love, and this is not His Will.
神は大いなるのままなのだから、こんなものは神の大いなる意志ではない。



7. You who will yet work miracles, be sure you practice well the idea for today.
 あなたはこれから多くの奇跡を起こすことになるのだから、今日の考えをよく実習して確実に会得しておかねばなりません。

 Try to perceive the strength in what you say, for these are words in which your freedom lies.
 自分の言うことに力強さを知覚するように努めてください。というのは、これらの言葉によって、あなたは解放されるからです。

 Your Father loves you.
 あなたの父は、あなたをしています。

 All the world of pain is not His Will.
 苦痛の世界が少しでも神の大いなる意志であるはずがありません。

 Forgive yourself the thought He wanted this for you.
 神があなたに苦痛の世界を与えることを望んだなどと思っていた自分自身を赦しなさい。

 Then let the Thought with which He has replaced all your mistakes enter the darkened places of your mind which thought the thoughts that never were His Will.
 それから、決して神の大いなる意志であったことのない卑小な思いを抱いていたあなたの小さな心の暗くなった場所に、あなたのすべての間違いに神が置き換えてくれた大いなる思いが入りこめるようにしてください。



8. This part belongs to God, as does the rest.
 残りの部分がそうであるのと同じように、この暗くなった部分も神に属しています。

 It does not think its solitary thoughts and make them real by hiding them from Him.
 この部分は、その部分だけで独自の思いを思考しているわけではないし、それらの思いを神から隠すことによって、それらの思いを独自の思考として本物に変えられるわけでもありません。

 Let in the light, and you will look upon no obstacle to what He wills for you.
 を入らせてください。そうすれば、あなたには、神があなたのために意図するものを何の妨げもなく見ることができるでしょう。

 Open your secrets to His kindly Light, and see how bright this Light still shines in you.
 あなたの秘密を神の優しいの下にさらけ出して、それでもなお、この大いなるがいかに鮮明なまま、あなたの中で輝いているのか見てください。



9. Practice His Thought today, and let His Light seek out and lighten up all darkened spots, and shine through them to join them to the rest.
 今日は、神の大いなる思いを実践して、神の大いなるに、暗くなった場所を見つけてそこを照らし、ほかの場所と一緒に輝きを行き渡らせてもらいなさい。

 It is God’s Will your mind be One with His.
 あなたの小さな心が神の心とひとつになることが神の大いなる意志です。

 It is God’s Will that He has but one Son.
 神がただひとりの子だけを持つことが神の大いなる意志です。

 It is God’s Will that His one Son is you.
 神のひとり子があなたであることが神の大いなる意志です。

 Think of these things in practicing today, and start your longer practice periods with this instruction in the way of truth:
 今日、練習の中で、このような事柄について考えてください。そして、長いほうの実習を、真理の道へと導く次のような知識とともに始めてください。

Salvation is my only function here. Salvation and forgiveness are the same.
救済こそ、この地上での私の唯一の役目だ。救いと赦しは同じものだ。


 Then turn to Him who shares your function with you, and let Him teach you what you need to learn to lay all fear aside, and know your Self as Love Which has no opposite in you.
 それから、あなたとあなたの役割を共有している聖霊に頼んで、すべての恐怖を手放して、あなたの中で対極を持たない大いなるである自分の真の自己を知るために自分は何が学ぶを必要があるのか聖霊から教えてもらいなさい。



10. Forgive all thoughts which would oppose the truth of your completeness, unity and peace.
 あなたが完全で、ひとつに結ばれていて平安であるという真理に対立するあらゆる思いを赦してください。

 You cannot lose the gifts your Father gave.
 あなたは、自らの大いなる父から与えられた贈り物を失うことはできません。

 You do not want to be another self.
 あなたは、それ以外の別の自己になることを望んではいません。

 You have no function that is not of God.
 あなたには、神に由来しない役目など何もないのです。

 Forgive yourself the one you think you made.
 自分が作り出したと思う役目から自分を解放してください。

 Forgiveness and salvation are the same.
 赦しと救いは同じものです。

 Forgive what you have made, and you are saved.
 自分で作り出したものを赦してください。そうすれば、あなたは救われます。



11. You have a special message for today which has the power to remove all forms of doubt and fear forever from your mind.
 あなたが手にしている今日のメッセージには、あらゆる形の疑念や恐怖を永遠にあなたの心から取り除く力が備わっています。

 If you are tempted to believe them true, remember that appearances can not withstand the truth these mighty words contain:
 もしあなたがそれらの疑念や恐怖を本物だと信じたい誘惑に駆られたら、次のような力強い言葉に含まれる真理にただの見せかけが逆えるはずがないと思い出してください。


Salvation is my only function here. God still is Love, and this is not His Will.
救済は、この地上での私の唯一の役目だ。神は今なお大いなるのままなのだから、こんなことは神の意志ではない。



12. Your only function tells you you are One.
 あなたの唯一の役目が、あなたは一なるものであると告げています。

 Remind yourself of this between the times you give five minutes to be shared with Him Who shares God’s plan with you.
 神の計画をあなたと共有する聖霊と分かち合うためにあなたが5分間を捧げる間に、自分自身にこのことを思い出させてください。

 Remind yourself:
 次のように自分自身に思い出させてください。


Salvation is my only function here.
救済は、この地上での私の唯一の役目だ。


 Thus do you lay forgiveness on your mind, and let all fear be gently laid aside that Love may find Its rightful place in you, and show you that you are the Son of God.
 こうして、あなたは自分の心に赦しを置き、すべての恐れが優しく放棄されて、大いなるがあなたの中で自らにふさわしい居場所を見つけ、あなたが神の子であることをあなたに示してくれるようにするのです。



名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。




次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)