レッスン103「神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある」


幸福の追求は自己矛盾である。

幸福の追求は幸福を妨げる。



Viktor E. Frankl
ヴィクトール・フランクル

41-0ZYK38dL (2) (1)



アメリカでは幸せの追求が生まれながらの権利なのだ。このことは世界の他のどの憲法にも取り上げられていない。
このアメリカ憲法はまったく狂気そのものだ。「幸せの追求」だって? 誰一人これまでそれに成功した人はいない。そしてそれを試みた人々は、その人生で非常に不幸せで惨めになっている。
幸せ(happiness)は起こる(happen)のだ。おそらくそれが、あなた方がそれをhappinessと呼ぶ理由だろうーーそれはhappenするからだ。あなたはそれをどうすることもできないし、それを作り出すこともできない、そして、それを調達することもできない。幸せはあなたの努力を超越した何か、あなたを超越した何かなのだ。しかしあなたの庭に穴を掘るだけで、もしあなたがそれに完全に没頭するならばーー自分自身を含む世界全体を忘れるならば、それはそこにある。
・・・・
幸せは常にそこにあるが、あなたがそれを求めると、あなたは不幸せを発見する。求めることによって、あなたは幸せを取り逃すだろうーー幸せを取り逃すこと、それが不幸せというものなのだ。不幸せは追求とある関係を持っている。二つはひと組なのだ。もしあなたが「追求」すると、あなたは不幸せを発見する。そして、アメリカ憲法はすべてのアメリカ人に、彼らは「追求」しなければならない、という考えを与えているのだ。
そして、彼らは必死になって追求しているーー金、権力、宗教ーーそして彼らは幸せを見つける方法を教えてくれる人を探して、世界中を駆け回っているのだ。



OSHO(「Joy 喜び」60ページ)

9784309909998 (1) (1)



Happiness is a condition of mind not a result of circumstances.
幸福は心の状態なのであって、状況の結果ではない。

20230504232940402_0129105533 (1)

John Lubbock
ジョン・ラボック



The less we deserve good fortune, the more we hope for it.
幸運を得るに値しない者ほど、より強く幸運を望むものだ。



Lucius Annaeus Seneca
ルキウス・アンナエウス・セネカ






Happiness is not a goal, it is a by-product.
幸福は獲得すべき目的ではありません。幸福は副産物なのです。



Eleanor Roosevelt
エレノア・ルーズベルト



You will never be happy if you continue to search for what happiness consists of. You will never live if you are looking for the meaning of life.
あなたが幸せが何から成っているのか探し続けているかぎり、あなたは決して幸せにはなれないだろう。なぜなら、あなたが人生の意味を探し求めているかぎり、あなたは少しも人生を生きてはいないのだから。

albert camus_1128052054

Albert Camus
アルベール・カミュ

ihou (1) (1)



I don’t have to chase extraordinary moments to find happiness – it’s right in front of me if I’m paying attention and practicing gratitude.
幸福を見つけるために、特別な瞬間を追い求める必要はありません。なぜなら、感謝すべきことに注意を向けて実際に感謝の気持ちを抱きさえすれば、幸福は目の前にあるのですから。

Brown (1)_0320083005 (1) (1)

Casandra Brené Brown
ブレネ・ブラウン(アメリカの心理学者)



ただ自分のことだけでなく、いかに他の人の幸せに貢献するかが結局、最高の人生成功の秘訣だ・・・「貢献」について考えるなら、最も身近な人たちへのそれを真っ先に考えるべきだ。

Tomrath (1)_0519122416 (2) (1)

トム・ラス(「人生はあなただけのものじゃない」)




shutterstock_1961013871 (1)_1227061758 (1)

レッスン103です。

今日のテーマは「神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある」です。


はてしない物語でファンタージエン国を蝕んだ虚無のように





1.「Love has no limits, being everywhere.
 愛には限界はなく、愛は至るところにあります。

 And therefore joy is everywhere as well.
 だから、喜びも同じように、どこにでも無限にあります。

 Yet can the mind deny that this is so, believing there are gaps in love where sin can enter, bringing pain instead of joy.
 しかし、小さな心には、愛や喜びが無限に遍在することを否認することができます。この否認は、愛の中には罪の入りこむことのできる隙間があり、そこに喜びの代わりに苦痛を持ちこむことができると信じることによってなされます。

 This strange belief would limit happiness by redefining love as limited, and introducing opposition in what has no limit and no opposite.
 愛を制限されたものとして定義し直して、限界も反対も持たないものに対立を導入することによって、この奇妙な信念は幸福を制限しようとします。」





分離側の役者の中でも裏ボス的な大物"gap"

遍在する愛や喜びが、罪の入りこむ「隙間」を通じて、苦痛に取って代わられるという信念によって否認されてしまうということです。

「隙間」"gap"は、コースでの重要概念のひとつであり、たびたび出てきます。

kuroko-23-1024x1024 (1)

「隙間」は兄弟との間、身体と身体の間(T28-7 安全の方舟T28-4 打ち砕かれたかけらの中に潜むものは)にあるものとして用いられる場合と真理と幻想の間、現実と夢との間、小さな自己と大いなる自己との間(T28-5 恐怖の夢に代わるもの聖霊ってなに?レッスン151「すべての物事は、神に代わって語る声のこだまだ」W2ST-7.聖霊ってなに?)にあるものとして用いられる場合がありますが、根本的な神からの分離幻想が姿を変えたものでしかなく、いずれも同じです。

「自分とは分離した兄弟」は幻想であり、兄弟と自分の間に「隙間」があると思うということは、神とひとつに結ばれた一なる神の子であることから分離して幻想世界に身を置いて真理と幻想の間に「隙間」を作り出すことだからです。

この「隙間」というひとつの分離幻想が時間や空間となり、さまざまな形をとって表れてこの世界を生み出しています。

「For time and space are one illusion, which takes different forms.
 なぜなら、時間と空間はひとつの幻想であって、それがさまざまな形をとっているだけだからです。

 If it has been projected beyond your mind you think of it as time.
 もしそのひとつの幻想があなたの心の外側に投影されると、あなたはそれを時間として考えます。

 The nearer it is brought to where it is, the more you think of it in terms of space.
 その幻想がそのありかである心により近くもたらされると、あなたはそれを空間という観点で考えるようになります。」、T26-8 救いはもう、済んでいる1.)


恐れの醸し出すリアリティへの対処法

昨日のレッスンで述べたように、恐れは愛の不在にすぎず実体がない幻でしかないのに、まるで実在するものであるかのように幅を利かせます。

この勘違いへの対処は、次のような正しい関連づけのやり直しで誤りを訂正することです。

2.「God, being Love, is also happiness.
大いなる愛であるがゆえに、神はまた幸福でもある。

To fear Him is to be afraid of joy.
神を恐れることは、喜びを恐れることだ。


 Begin your periods of practicing today with this association, which corrects the false belief that God is fear.
 今日の長いほうの実習時間を、このように神を愛と幸福に結びつけることから始めてください。これによって、神が恐れだという間違った信念が訂正されます。」


幸福の追求は幸福を妨げる

冒頭のフランクル先生の幸福の追求は自己矛盾だという考え方は、ちょこちょことご紹介しているので、なんとなく発想は理解されている方も多いと思います。

私たちが人生に何かを期待し意味を求める姿勢で生きるかぎり、私たちは映画やアトラクションを楽しむお客さん意識で人生に参加しているのであり、消費者目線で自分の人生というコンテンツが提供してくれる内容の良し悪しを批評し、不平不満でいっぱいになり、人生が災厄をもたらすなら、自分を被害者とみなして憐れんで、他者や世界や人生を恨むことになります。


OSHOは幸福追求権は、世界の他の国の憲法には見られないと言っていますが、ほかに憲法で真正面から幸福追求権を定めている国があります。


そう、私たちの日本国です。

日本国憲法第13条は「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」と定めています。

この規定はアメリカの独立宣言が掲げた幸福追求権を明文化したものです。

アメリカ合衆国憲法そのものには幸福追求権に関する明文規定はありません。

OSHOの皮肉たっぷりの言葉は、日本国民にこそあてはまると言えるでしょう。


日本で普通に暮らして成長するかぎり、意識せずとも、自分は生得の権利として幸福になる権利がある、幸福を追求して手に入れなければならないという発想が身に染みてしまうということです。

この発想が生み出す不幸から脱するには、人生の意味のコペルニクス的転回を遂げるしか手立てはありません。

人生の意味のコペルニクス的転回は、私たちが人生に意味を求めるのではなく、逆に私たちのほうが人生から意味を求められているのだという立ち位置の根本的転回を迫ります。






Viktor E. Frankl
ヴィクトール・フランクル

生きる意味を問う

ここで必要なのは、生きる意味についての問いを百八十度方向転換することだ。わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ、ということを学び、絶望している人間に伝えねばならない。哲学用語を使えば、コペルニクス的転回が必要なのであり、もういいかげん、生きることの意味を問うことをやめ、わたしたち自身が問いの前に立っているということを思い知るべきなのだ。生きることは日々、そして時々刻々、問いかけてくる。わたしたちはその問いに答えを迫られている。考え込んだり言辞を弄することによってではなく、ひとえに行動によって、適切な態度によって、正しい答えは出される。生きるとはつまり、生きることの問いに正しく答える義務、生きることが各人に課す課題を果たす義務、時々刻々の要請を充たす義務を引き受けることにほかならない。

この要請と存在することの意味は、人により、また瞬間ごとに変化する。したがって、生きる意味を一般論で語ることはできないし、この意味への問いに一般論で答えることもできない。ここにいう生きることはけっして漠然としたなにかではなく、つねに具体的ななにかであって、したがって生きることがわたしたちに向けてくる要請も、とことん具体的である。この具体性が、ひとりひとりにたったの一度、他に類を見ない人それぞれの運命をもたらすのだ。だれも、そしてどんな運命も比類ない。どんな状況も二度と繰り返されない。そしてそれぞれの状況ごとに、人間は異なる対応を迫られる。具体的な状況は、あるときは運命をみずから進んで切り拓くことを求め、あるときは人生を味わいながら真価を発揮する機会をあたえ、またあるときは淡々と運命に甘んじることを求める。だがすべての状況はたったの一度、ふたつとないしかたで現象するのであり、そのたびに問いにたいするたったひとつの、ふたつとない正しい「答え」だけを受け入れる。そしてその答えは、具体的な状況にすでに用意されているのだ。

具体的な運命が人間を苦しめるなら、人はこの苦しみを責務と、たった一度だけ課される責務としなければならないだろう。人間は苦しみと向き合い、この苦しみに満ちた運命とともに全宇宙にたった一度、そしてふたつとないあり方で存在しているのだという意識にまで到達しなければならない。だれもその人から苦しみを取り除くことはできない。だれもその人の身代わりになって苦しみをとことん苦しむことはできない。この運命を引き当てたその人自身がこの苦しみを引きうけることに、ふたつとないなにかをなしとげるたった一度の可能性はあるのだ。

強制収容所にいたわたしたちにとって、こうしたすべてはけっして現実離れした思弁ではなかった。わたしたちにとってこのように考えることは、たったひとつ残された頼みの綱だった。それは生き延びる見込みなど皆無のときにわたしたちを絶望から踏みとどまらせる、唯一の考えだったのだ。わたしたちは生きる意味というような素朴な問題からすでに遠く、なにか創造的なことをしてなんらかの目的を実現させようなどとは一切考えていなかった。わたしたちにとって生きる意味とは、死もまた含む全体としての生きることの意味であって、「生きること」の意味だけに限定されない、苦しむことと死ぬことの意味にも裏づけされた、総体的な生きることの意味だった。この意味を求めて、わたしたちはもがいていた。


「夜と霧」(新版129ページ)




この人生の意味のコペルニクス的転回によって、私たちが自分の人生から求められている意味に応えようとして生きるとき、はじめて真に人生を生きはじめることになり(カミュ)、真に人生を生きることの副産物として(エレノア・ルーズベルト)幸福が訪れることになります。

T29-4 夢での役割

レッスン69「私の不平不満が私の中にある世界の光を隠してしまう」

が参考になると思います。




kame (1)_1226094537 (1)

Lesson 103 - God, being Love, is also happiness
レッスン103 神は、愛であるがゆえに、また幸せでもある





1. Happiness is an attribute of love.
 幸福は、愛の持つ属性のひとつです。

 It cannot be apart from it.
 幸福は愛から離れることはできません。

 Nor can it be experienced where love is not.
 それに、愛のないところで幸福を体験できるはずがありません。

 Love has no limits, being everywhere.
 愛には限界はなく、愛は至るところにあります。

 And therefore joy is everywhere as well.
 だから、愛と同じように、喜びはどこにでも無限にあります。

 Yet can the mind deny that this is so, believing there are gaps in love where sin can enter, bringing pain instead of joy.
 しかし、小さな心には、愛や喜びが無限に遍在することを否認することができます。この否認は、愛の中には罪の入りこむことのできる隙間があり、そこに喜びの代わりに苦痛を持ちこむことができると信じることによってなされます。

 This strange belief would limit happiness by redefining love as limited, and introducing opposition in what has no limit and no opposite.
 愛を制限されたものとして定義し直して、限界も反対も持たないものに対立を導入することによって、この奇妙な信念は幸福を制限しようとします。



2. Fear is associated then with love, and its results become the heritage of minds that think what they have made is real.
 そうなると、恐れは愛と関連づけられることになり、自分たちの作り出したものが本物だと思いこんでいる小さな心たちは、恐れの生み出す結果を受け入れるようになります。

 These images, with no reality in truth, bear witness to the fear of God, forgetting being Love, He must be joy.
 本当はまったく実在しないこのようなイメージが、大いなる愛であるがゆえに神は喜びであるに違いないということを忘れさせ、神が恐ろしいということが本当だと証明することになります。

 This basic error we will try again to bring to truth today, and teach ourselves:
 今日私たちは、この根本的な誤りを真理の下に再びもたらす試みをして、自分たちに次のことを教えます。


God, being Love, is also happiness.
大いなる愛であるがゆえに、神はまた幸福でもある。

To fear Him is to be afraid of joy.
神を恐れることは、喜びを恐れることだ。


 Begin your periods of practicing today with this association, which corrects the false belief that God is fear.
 今日の長いほうの実習時間を、このように神を愛と幸福に結びつけることから始めてください。これによって、神が恐れだという間違った信念が訂正されます。

 It also emphasizes happiness belongs to you, because of what He is.
 この考えはまた、神の本質のゆえに、幸せはあなたに属しているとも強調します。



3. Allow this one correction to be placed within your mind each waking hour today.
 今日、起きているうちの1時間ごとに、自分の心の中に、このひとつの修正を位置づけるようにしてください。

 Then welcome all the happiness it brings as truth replaces fear, and joy becomes what you expect to take the place of pain.
 それから、真理が恐れに置き換わるにつれてもたらされる幸せのすべてを歓迎してください。そうすれば、あなたは喜びが苦痛に置き換わることを期待するようになるでしょう。

 God, being Love, it will be given you.
 神は大いなる愛であるがゆえに、喜びがあなたに与えられるでしょう。

 Bolster this expectation frequently throughout the day, and quiet all your fears with this assurance, kind and wholly true:
 1日を通して頻繁にこの期待感を膨らませるようにして、そして、次のような優しく完全に真実である確信の言葉で、あなたのすべての恐怖を静まらせてください。


God, being Love, is also happiness.
大いなる愛であるがゆえに、神はまた幸せでもある。

And it is happiness I seek today.

そして、私が今日求めるのは幸せだ。

I cannot fail, because I seek the truth.
私は真理を求めるのだから、私が失敗することはありえない。


20150316115937f70_transparent (1)


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。







関連記事