T16-7 幻想の終焉

テキスト第16章(幻想を赦す) 0

質問者 では、世界は夢と同じなのでしょうか?
マハルシ あなたが夢を見ている間に、実在としての感覚の中で何かおかしいと感じることはないだろうか?あなたが何かまったく不可能な夢、たとえば、死んだはずの人と会話するような夢を見たとしよう。一瞬、あなたは夢の中でその夢を疑って自分自身に言うだろう。「彼は死んだのではなかったか?」けれどもあなたの心は、何とかしてその夢の出来事と和解して、夢の目的に合わせてその人が生きていてもよいとする。つまり夢は夢として、あなたがその実在を疑うことを許さないのである。夢でさえそうであるから、ましてあなたが目覚めの間に体験している世界の実在性を疑うことはできない。心自体が作り出した世界を、どうして心が非実在として受け入れることができよう。

ラマナ・マハルシ




テキストから、幻想の終焉についての一節をご紹介します。






特別な関係と神聖な関係世界の終焉すでに到達している目的地への旅が参考になると思います。


「1. It is impossible to let the past go without relinquishing the special relationship.
 特別な関係を放棄することなしには、過去を去らせるのは不可能です。」

特別な関係を放棄する必要がありますが、この放棄というのが、従来から結んできた特定の誰かとの間の関係性を放り出して誰とも関係を結ばないようにして世捨て人になれということを意味するわけではないということはたびたび触れています(T25-6 特別な役目)。

この放棄は、神聖な瞬間という手段を用いてエゴが悪用する特別な関係聖霊が活用する神聖な関係に変換してもらうという形で達成すべきものです。





テキスト 第十六章 



VII. The End of Illusions
七 幻想の終焉



1. It is impossible to let the past go without relinquishing the special relationship.
 特別な関係を放棄することなしには、過去を去らせるのは不可能です。

 For the special relationship is an attempt to re-enact the past and change it.
 というのは、特別な関係とは過去の出来事を再演して、過去を変えようと試みることだからです。

 Imagined slights, remembered pain, past disappointments, perceived injustices and deprivations all enter into the special relationship, which becomes a way in which you seek to restore your wounded self- esteem.
 侮辱されたという思いこみや、忘れられない苦悩、失望の経験や、不当な扱いを受けたり、自分のものを奪い取られたように感じたことなどのすべてが、この特別な関係の中に入りこんできます。そうして、その特別な関係は、あなたが自分の傷ついた自尊心を回復させようと試みるための道具となります。

 What basis would you have for choosing a special partner without the past?
 あなたは、過去以外には、特別な関係のパートナーを選ぶためのどんな基準も持ち合わせていません。

 Every such choice is made because of something "evil" in the past to which you cling, and for which must someone else atone.
 特別な関係を結ぶパートナーの選択はどれも、自分以外の誰かが償わなければならないとあなたが執着している過去の何らかの「凶事」のためになされるからです。

名称未設定

2. The special relationship takes vengeance on the past.
 特別な関係は、過去に対して復讐しようとします。

 By seeking to remove suffering in the past, it overlooks the present in its preoccupation with the past and its total commitment to it.
 特別な関係は、過去の苦悩を取り除こうとすることによって、過去に没頭し、過去に全身全霊を投じるので、現在を見落としてしまいます。

 No special relationship is experienced in the present.
 いかなる特別な関係も、現在において経験されることはありません。

 Shades of the past envelop it, and make it what it is.
 過去の影がその関係を包みこむことで、その関係を特別なものにするわけだからです。

 It has no meaning in the present, and if it means nothing now, it cannot have any real meaning at all.
 現在においては特別な関係は何の意味も持ちません。そして、今、特別な関係が何も意味しないとすれば、特別な関係が真に意味を持つことなど一切ありえません。

 How can you change the past except in fantasy?
 空想の中でなら別論、どうやってあなたに過去が変えられるでしょうか。

 And who can give you what you think the past deprived you of?
 そして、過去があなたから奪ったとあなたが思うものを、いったい誰があなたに与えられるでしょうか。

 The past is nothing.
 過去は無です。

 Do not seek to lay the blame for deprivation on it, for the past is gone.
 何かを奪われているような感覚の責任を過去に負わせようとしてはなりません。なぜなら、過去は去ってしまっているからです。

 You cannot really not let go what has already gone.
 実際には、すでに過ぎ去ってしまったものを手放さずにいることなど、あなたにはできません。

 It must be, therefore, that you are maintaining the illusion that it has not gone because you think it serves some purpose that you want fulfilled.
 したがって、あなたは自分が実現したいと願う何らかの目的に過去が役に立つと思うがゆえに、過去は過ぎ去っていないという幻想を保ち続けているに違いないのです。

 And it must also be that this purpose could not be fulfilled in the present, but only in the past.
 そしてまた、そんな目的は現在においては実現できず、過去においてしか満たすことができなかったものであるに違いありません。



3. Do not underestimate the intensity of the ego's drive for vengeance on the past.
 エゴが過去に復讐するようにと駆り立てる思いの苛烈さを甘く見ていてはなりません。

 It is completely savage and completely insane.
 その思いは徹底的に残忍で完全な狂気です。

 For the ego remembers everything you have done that has offended it, and seeks retribution of you.
 というのも、エゴはあなたがなしたことでエゴの機嫌を損ねたことをひとつ残らず覚えていて、あなたに報復する機会を窺っているからです。

 The fantasies it brings to its chosen relationships in which to act out its hate are fantasies of your destruction.
 エゴは、自らの憎しみを晴らす舞台として選んだ関係性の中に、あなたの破滅という空想をもたらします。

 For the ego holds the past against you, and in your escape from the past it sees itself deprived of the vengeance it believes you so justly merit.
 というのも、エゴは過去のことであなたを恨んでいるので、あなたが過去から逃げようとすると、エゴはあなたが当然に受けるにべきだと信じる復讐の機会をエゴ自身から奪われてしまうとみなすからです。

 Yet without your alliance in your own destruction, the ego could not hold you to the past.
 しかし、あなた自身を破滅させることにあなたが協力しないかぎり、エゴはあなたを過去に縛りつけておくことはできません。

 In the special relationship you are allowing your destruction to be.
 つまり、特別な関係を結ぶことで、あなたは自分が破滅することを容認しているのです。

 That this is insane is obvious.
 これが狂気の沙汰なのは、すぐにわかります。

 But what is less obvious is that the present is useless to you while you pursue the ego's goal as its ally.
 しかし、それほど簡単にはわからないのは、あなたがエゴの味方としてエゴの目標を追い求めている間は、現在はあなたにとって役に立たないものになってしまうことです。

名称未設定

4. The past is gone; seek not to preserve it in the special relationship that binds you to it, and would teach you salvation is past and so you must return to the past to find salvation.
 過去は過ぎ去っています。過去を特別な関係の中に保存しようとなどしないことです。特別な関係は、あなたを過去に縛りつけ、救いは過去にあり、したがって、あなたは救いを見出すために過去に戻らなければならないと教えようとします。

 There is no fantasy that does not contain the dream of retribution for the past.
 過去のことに報復する夢を含まない空想など、ひとつもありません。

 Would you act out the dream, or let it go?
 あなたは、そんな夢を実演したいのでしょうか、それとも手放したいのでしょうか。



5. In the special relationship it does not seem to be an acting out of vengeance that you seek.
 特別な関係の中にいると、自分が過去への復讐劇を実演することを求めているようには思えません。

 And even when the hatred and the savagery break briefly through, the illusion of love is not profoundly shaken.
 そして、たとえ憎しみや残忍さがちらりと姿を垣間見せたとしても、愛の幻想が根底から揺らぐようなこともありません。

 Yet the one thing the ego never allows to reach awareness is that the special relationship is the acting out of vengeance on yourself.
 しかし、エゴが絶対にあなたが気づくのを許さない唯一のことは、特別な関係は、あなた自身に対する復讐を実演する舞台だという事実です。

 Yet what else could it be?
 しかし、特別な関係がそれ以外の何でありうるでしょうか。

 In seeking the special relationship, you look not for glory in yourself.
 特別な関係を探し求める際に、あなたが自分自身の中に栄光を探すことはありません。

 You have denied that it is there, and the relationship becomes your substitute for it.
 あなたは栄光が自分の中にあることを否認してしまっているので、特別な関係を持つことがあなたには栄光の代用となります。

 And vengeance becomes your substitute for Atonement, and the escape from vengeance becomes your loss.
 そして、復讐することがあなたにとっては贖罪の代用となります。そうなると、復讐から脱することはあなたにとって損失だということになります。

名称未設定

6. Against the ego's insane notion of salvation the Holy Spirit gently lays the holy instant.
 エゴの救いについての狂気の考えに対して、聖霊は穏やかに神聖な瞬間を差し延べてくれます。

 We said before that the Holy Spirit must teach through comparisons, and uses opposites to point to truth.
 前にも述べたように、聖霊は必ず比較を用いて物事を教え、真理を指し示すために対極にあるものを用います。

 The holy instant is the opposite of the ego's fixed belief in salvation through vengeance for the past.
 神聖な瞬間は、過去に復讐することで救われるというエゴの強固な信念の対極にあります。

 In the holy instant it is understood that the past is gone, and with its passing the drive for vengeance has been uprooted and has disappeared.
 神聖な瞬間においては、過去は過ぎ去り、過去が去ることに伴って、復讐へと駆り立てる衝動は根こそぎにされて消え去っていることが理解できます。

 The stillness and the peace of now enfold you in perfect gentleness.
 今という時の静けさと平安が、完璧な優しさであなたを包みこみます。

 Everything is gone except the truth.
 真理だけを残して、あらゆるものが過ぎ去っています。



7. For a time you may attempt to bring illusions into the holy instant, to hinder your full awareness of the complete difference, in all respects, between your experience of truth and illusion.
 しばらくの間は、あなたは幻想神聖な瞬間の中に持ちこんで、自分が真理を体験することと幻想を体験することの間には、あらゆる面での完全な相違があると完全に自覚するのを妨げようとしてしまうかもしれません。

 Yet you will not attempt this long.
 しかし、あなたは、そう長くはこんな試みを続けようとはしないでしょう。

 In the holy instant the power of the Holy Spirit will prevail, because you joined Him.
 あなたは聖霊とひとつに結びついたので、神聖な瞬間の中に、聖霊の力が行き渡るからです。

 The illusions you bring with you will weaken the experience of Him for a while, and will prevent you from keeping the experience in your mind.
 あなたが自分と一緒に持ちこむ幻想が、しばらくの間、聖霊を体験することを希薄なものにし、あなたが聖霊の体験を自分の心の中に留めるのを妨げはするでしょう。

 Yet the holy instant is eternal, and your illusions of time will not prevent the timeless from being what it is, nor you from experiencing it as it is.
 しかし、神聖な瞬間は永遠のものなので、あなたが時間という幻想を錯覚したからといって、時間のない状態が本来の永遠のままでなくなったり、あなたが永遠をありのままに経験することが妨げられたりするはずがありません。

名称未設定

8. What God has given you is truly given, and will be truly received.
 神があなたに授けたものは、真に与えられたものなので、真に受け取られることになります。

 For God's gifts have no reality apart from your receiving them.
 なぜなら、神からの贈り物は、あなたに受け取ってもらえなければ何の実在性も持たないからです。

 Your receiving completes His giving.
 あなたが受け取ることが、神の与えるという行為を完了させるのです。

 You will receive because it is His Will to give.
 与えることが神の大いなる意志であるがゆえに、あなたは受け取ることになります。

 He gave the holy instant to be given you, and it is impossible that you receive it not because He gave it.
 神は、あなたに与えられるようにと神聖な瞬間を与えました。そして、神がたしかに与えたからには、あなたが神聖な瞬間を受け取らずにいることは不可能です。

 When He willed that His Son be free, His Son was free.
 神の子が自由であるようにと神が意図したとき、神の子は自由になりました。

 In the holy instant is His reminder that His Son will always be exactly as he was created.
 神聖な瞬間にあることが、神がわが子に自分がいつまでもまさに創造されたときのままであり続けることを思い出させるための手段です。

 And everything the Holy Spirit teaches is to remind you that you have received what God has given you.
 そして、聖霊が教えることはすべて、神があなたに授けてくれたものをあなたがたしかに受け取っていることを、あなたに思い出させるためのものなのです。



9. There is nothing you can hold against reality.
 あなたが現実に対して非難できるようなことは何ひとつありません。

 All that must be forgiven are the illusions you have held against your brothers.
 赦される必要があるのは、あなたが自分の兄弟たちを恨んで抱いてきた幻想だけです。

 Their reality has no past, and only illusions can be forgiven.
 兄弟たちの本質には、過去などありません。したがって、赦すことができるのはただ幻想だけなのです。

 God holds nothing against anyone, for He is incapable of illusions of any kind.
 神は誰に対しても何も非難することはありません。なぜなら、神はいかなる種類の幻想も抱くことができないからです。

 Release your brothers from the slavery of their illusions by forgiving them for the illusions you perceive in them.
 兄弟たちを赦して幻の姿を本当の彼らだと知覚する幻想を取り消すことによって、あなたの兄弟たちを彼らの幻の姿に隷属させる状態から解放してあげなさい。

 Thus will you learn that you have been forgiven, for it is you who offered them illusions.
 そうすることによって、あなたは自分がすでに赦されていると学ぶでしょう。というのは、兄弟たちに幻想を与えたのはあなただからです。

 In the holy instant this is done for you in time, to bring you the true condition of Heaven.
 神聖な瞬間において、天国に至る真の条件をあなたにもたらたすために、時間の中にいるあなたのためにこの赦しがなされます。

名称未設定

10. Remember that you always choose between truth and illusion; between the real Atonement that would heal and the ego's "atonement" that would destroy.
 つねに自分は真理と幻想のどちらかを選んでいるのだと覚えておきなさい。それは、癒しをもたらす真の贖罪と、破滅をもたらすエゴの「贖罪」の間の選択です。

 The power of God and all His Love, without limit, will support you as you seek only your place in the plan of Atonement arising from His Love.
 あなたが神の大いなる愛から生ずる贖罪の計画の中での自分の持ち場だけを探そうとするとき、神の力と神の大いなる愛のすべてが、限りなくあなたを支援してくれるでしょう。

 Be an ally of God and not the ego in seeking how Atonement can come to you.
 どうすれば贖罪があなたの許にやってくることができるか探求するに際しては、エゴではなく神の側につくようにしなさい。

 His help suffices, for His Messenger understands how to restore the Kingdom to you, and to place all your investment in salvation in your relationship with Him.
 神の助けがあれば十分です。というのも、神の大いなる使者はいかにして王国をあなたに回復させるか、そして、あなたがどのようにして自らの神との関係の中にある救済に全身全霊を投じたらよいのか、よく理解しているからです。



11. Seek and find His message in the holy instant, where all illusions are forgiven.
 すべての幻想が赦されている神聖な瞬間の中に神のメッセージを探し求めて見出しなさい。

 From there the miracle extends to bless everyone and to resolve all problems, be they perceived as great or small, possible or impossible.
 神聖な瞬間から奇跡は拡張し、あらゆる者たちを祝福し、たとえその問題が大きく見えようが小さく見えようが、解決が可能に思えようが不可能に思えようが、ひとつ残らず問題を解決してくれます。

 There is nothing that will not give place to Him and to His Majesty.
 神とその威厳に対して場所を譲らないものは何ひとつないからです。

 To join in close relationship with Him is to accept relationships as real, and through their reality to give over all illusions for the reality of your relationship with God.
 神と密接な関係において結びつくことは、さまざまな関係を実在するものとして受け入れ、それらの関係の実在性を通じて、あなたと神との関係の実在性に向けてすべての幻想を明け渡すことです。

 Praise be to your relationship with Him and to no other.
 讃えられるべきは、あなたと神との関係であって、神以外のものとの関係ではありません。

 The truth lies there and nowhere else.
 真理はあなたと神との関係の中にあるのであって、それ以外のどこにもありません。

 You choose this or nothing.
 あなたは神との関係を選ばなければ、無を選ぶことしかできません。

名称未設定

12. Forgive us our illusions, Father, and help us to accept our true relationship with You, in which there are no illusions, and where none can ever enter.
 大いなる父よ、私たちの抱く幻想を赦してください。そして、何ひとつ幻想が存在せず、これからも幻想が入りこむ余地のない、あなたとの真の関係を私たちが受け入れるのを助けてください。

 Our holiness is Yours.
 私たちの神聖さはあなたのものです。

 What can there be in us that needs forgiveness when Yours is perfect?
 あなたの神聖さは完全で欠けるところなどないというのに、私たちの中に赦しを必要とする何が存在しうるでしょうか。

 The sleep of forgetfulness is only the unwillingness to remember Your forgiveness and Your Love.
 記憶を失って眠る状態は、ただ、あなたの赦しとあなたの大いなる愛とを思い出す意欲が持てずにいることでしかありません。

 Let us not wander into temptation, for the temptation of the Son of God is not Your Will.
 私たちが誘惑の中に迷いこみませんように。なぜなら、神の子が誘惑されることはあなたの大いなる意志ではないからです。

 And let us receive only what You have given, and accept but this into the minds which You created and which You love.
 そして、私たちが、あなたに授けられたものだけを受け取り、ただこれだけを、あなたが創造し愛する心の中に受け入れられますように。

 Amen.
 アーメン。


名称未設定

次
関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)