T30-8 変わることのない現実

テキスト第30章(新たなる始まり) 0

現実」ということの意味が知りたければ、そのことに対する判断をすべて引っ込め、ただそれとともに深くじっとしています。人生のどんな状況においても、これをすることができます。
もしあなたが癌と宣告されたばかりだとしたら、どうでしょう。それなら、その癌とともにいます。自分が癌について持っている考えのすべてーーポジティブなものであれ、ネガティブなものであれーーは解釈にすぎないのだということを認めてください。癌の意味は、あなたが今決めつつあるのです。
これはこういう意味だと断定しないでください。それをそのままにし、それとともに動き、ともに呼吸してください。それについての考えから自由になれば、だんだんにその本質が理解できてきます。その理解を言語化することはできるかもしれませんし、できないかもしれません。そのことは重要ではありません。やがて洞察がやってきます。
物事の意味や目的は、あなた自身の心の奥底深くにあります。その意味を発見するには、自分の心を覗き込まねばなりません。外界のいわゆる客観的事象を眺めて意味を探そうとしても時間の無駄です。意味はそこにはありません。
・・・
物事の本質に迫りたいなら、あらゆる解釈から身を遠ざけ、状況とともにいることです。・・・判断や解釈から自由になることほど、やさしいことはありません。それをするのは極めて難しいと感じるかもしれません。でもそれは単にやり方を忘れてしまっただけです。
・・・
私が勧めているのは、あらゆるメソッドを捨てることです。メソッドは不要です。ただ判断、解釈、概念か、検証をやめればよいのです。「ただあること」以外は捨て去ります。そして、そのことの本質とともにいてください。そうすると、一見ばらばらな事柄の中から、思いやり深い恩寵が見えてきます。そのときあなたは意味を理解し、それがそのようであることに感謝します。

イエス・キリスト(ポール・フェリーニ著「無条件の愛 キリスト意識を鏡として」168ページ)




テキストから、「変わることのない現実」という一節をご紹介します。



このサイトでは、"Reality"の訳語として、奇跡講座その他で一般的に用いられている「実相」(生滅変化する仮の姿の奥にある真実)ではなく、「現実」という言葉を用いています。

言葉本来の意味からすると「現実」とは目の前に事実として現れているもの、つまり、実相が形をとって具現化したものをいうので、どちらかというと、ヴァーチャルリアリティー的に目の前に展開している仮想世界を意味する用語として幻想を指す意味合いを持たせるのがふさわしい言葉です。

その意味で、神の現実を意味する言葉としては、本来、「実相」が適当な言葉であるのは確かです。

しかし、一般に多くの人にとっては、「実相」という言葉はあまり馴染みがなく、形而上的な概念として捉えられがちなことは否めません。

そのため、コースでいう"Reality"を「実相」と表現すると、"Reality"は自分からかけ離れたものでしかないというように、机上の空論として響いてしまうように感じます。

それに比べて、「現実」には、厳然としてあるものというニュアンスを抱く人が多いと思います。

この世界が夢の世界で、本当に自分がいる場所に目覚めさせようというのがコースの目指すところであることからすると、この世界よりもずっと身近な実在性を持つものとしての印象を抱くには「実相」よりも「現実」のほうが適当ではないかという感覚です(同じようなニュアンスで"Real world"には「実相の世界」でなく「真の世界」の訳語を使っています)。


テキスト第三十章 



VIII. Changeless Reality
八 変わることのない現実



1. Appearances deceive, but can be changed.
 外見は欺きますが、変化させることができます。

 Reality is changeless.
 現実不変です。

 It does not deceive at all, and if you fail to see beyond appearances you are deceived.
 現実はまったく欺くことはありません。だから、もしあなたが外観を越えて見ることができないとしたら、あなたは騙されているのです。

 For everything you see will change, and yet you thought it real before, and now you think it real again.
 というのは、あなたが目にするものはすべて変わってゆくにもかかわらず、あなたは以前にはそれが現実だと思っていたし、そして、今度は再び変化したそれを現実だと思っているからです。

 Reality is thus reduced to form, and capable of change.
 こうして、現実は形あるものへと減縮されて、姿を変えられるようになります。

 Reality is changeless.
 しかし、現実は不変なるものです。

 It is this that makes it real, and keeps it separate from all appearances.
 この現実の不変性こそ、現実を現実たらしめ、あらゆる見せかけから現実を隔絶したままに保っているものです。

 It must transcend all form to be itself.
 現実が現実であるために、現実はあらゆる形態を超越していなければなりません。

 It cannot change.
 現実が変化することは不可能だからです。



2. The miracle is means to demonstrate that all appearances can change because they are appearances, and cannot have the changelessness reality entails.
 奇跡は、すべての外観は見せかけでしかないので変わりうるけれど、現実に必ず伴う不変性を持つことはできないと実証するための手段です。

 The miracle attests salvation from appearances by showing they can change.
 奇跡はそれらの外観が変わりうることを示すことによって、外観からの救いを証明します。

 Your brother has a changelessness in him beyond appearance and deception, both.
 あなたの兄弟は、外観や欺瞞を両方とも超えた不変性を自分自身の中に持っています。

 It is obscured by changing views of him that you perceive as his reality.
 兄弟が持つ不変性は、あなたが本当の彼だと知覚している彼の移り変わってゆく姿によって、覆い隠されています。

 The happy dream about him takes the form of the appearance of his perfect health, his perfect freedom from all forms of lack, and safety from disaster of all kinds.
 ある兄弟についての幸せな夢は、彼が完璧に健康であること、彼があらゆる形の欠乏から完璧に免れていること、彼があらゆる種類の惨事から安全であることという外見的な形をとります。

 The miracle is proof he is not bound by loss or suffering in any form, because it can so easily be changed.
 奇跡は、彼がいかなる形の損失や苦しみにも束縛されていないという証拠です。なぜなら、そんなことはいとも簡単に変えられるからです。

 This demonstrates that it was never real, and could not stem from his reality.
 このことは、あなたが知覚するいかなる種類の外観も決して本当ではなかったし、本当の彼から生じたものではありえなかったことを実証します。

 For that is changeless, and has no effects that anything in Heaven or on earth could ever alter.
 というのは、本当の彼は不変であり、天国のものであれ地上のものであれ、何ものの影響によっても変更されることなどありえないからです。

 But appearances are shown to be unreal because they change.
 しかし、外観はそれが変化するものであるがゆえに、本物ではありえないことが示されます。

名称未設定

3. What is temptation but a wish to make illusions real?
 誘惑とは、幻想を現実に作り変えたいという願望にほかなりません。

 It does not seem to be the wish that no reality be so.
 一見したところ、誘惑が現実を幻想に取って代わらせたいという願望であるようには思えません。

 Yet it is an assertion that some forms of idols have a powerful appeal that makes them harder to resist than those you would not want to have reality.
 しかし、誘惑とは、あなたが現実であることを望まない偶像よりも、ある形の偶像が抗いがたいほど強力に訴えかけてくる魅力を持っていることを肯認するものです。

 Temptation, then, is nothing more than this; a prayer the miracle touch not some dreams, but keep their unreality obscure and give to them reality instead.
 それゆえ、誘惑とは次のような祈りにほかなりません。その祈りとは、奇跡がある夢には影響を及ぼすことなく、ただその夢が実在しないことははっきりさせないままで、その代わりに、その夢に真実味を与えてほしいというものです。

 And Heaven gives no answer to the prayer, nor can a miracle be given you to heal appearances you do not like.
 しかし、天国はこんな祈りには答えてくれないし、あなたの気に入らない外見を癒すために奇跡を与えることもできません。

 You have established limits.
 あなたが限界を設定してしまっているせいです。

 What you ask is given you, but not of God Who knows no limits.
 あなたが求めるものは、あなたに与えられはしますが、それは限界を知らない神から与えられるのではありません。

 You have limited yourself.
 あなたは自分自身を制限してしまったからです。



4. Reality is changeless.
 現実が変わることはありません。

 Miracles but show what you have interposed between reality and your awareness is unreal, and does not interfere at all.
 奇跡はただ、あなたが現実と自分の自覚との間に差し挟んだものは本物ではないし、まったく何の障害にもならないことを示すだけです。

 The cost of the belief there must be some appearances beyond the hope of change is that the miracle cannot come forth from you consistently.
 中には変化する可能性もないような外観も存在するはずだと信じたりすれば、その代償として、奇跡はつねに変わりなくあなたから生じることができなくなります。

 For you have asked it be withheld from power to heal all dreams.
 というのは、あなたが奇跡にすべての夢を癒す力までは与えないでほしいと求めたからです。

 There is no miracle you cannot have when you desire healing.
 あなたが癒しを真に望むとき、あなたに叶えられない奇跡などひとつもありません。

 But there is no miracle that can be given you unless you want it.
 しかし、あなたが奇跡を望まないかぎり、ひとつとして奇跡が与えられることはありません。

 Choose what you would heal, and He Who gives all miracles has not been given freedom to bestow His gifts upon God's Son.
 あなたが癒そうとするものを選ぶなら、すべての奇跡を与えてくれる聖霊は、自らの贈り物を神の子に授ける自由を与えられないことになってしまいます。

 When he is tempted, he denies reality.
 その神の子が誘惑に屈すると、彼は現実を否認することになります。

 And he becomes the willing slave of what he chose instead.
 そして、彼はその代わりに、喜んで自らが選んだものの奴隷になってしまいます。

名称未設定

5. Because reality is changeless is a miracle already there to heal all things that change, and offer them to you to see in happy form, devoid of fear.
 現実は不変であるので、変化するすべてのものを癒すために奇跡はすでに存在しているし、あなたが恐れることなくそれを幸せな形で見ることができるように、変化するものすべてを差し延べてくれています。

 It will be given you to look upon your brother thus.
 自分の兄弟を恐れることなく幸せな形で見られるように、奇跡があなたに与えられるでしょう。

 But not while you would have it otherwise in some respects.
 しかし、あなたがいくらかの観点において、自分の兄弟を幸せな形でないものにしようとするかぎりは、奇跡は与えられません。

 For this but means you would not have him healed and whole.
 というのは、自分の兄弟を幸せでない者として見ることは、あなたに兄弟を癒されて完全なものにする気がないことを意味するだけだからです。

 The Christ in him is perfect.
 その兄弟の内なるキリストは完璧です。

 Is it this that you would look upon?
 あなたが兄弟の中に見たいのはこのキリストの姿でしょうか。

 Then let there be no dreams about him that you would prefer to seeing this.
 そうであるなら、その兄弟について抱くどんな夢想を差し置いてでも、あなたは兄弟をキリストの完璧な姿として見るようにすべきです。

 And you will see the Christ in him because you let Him come to you.
 そうすれば、あなたはキリストに自分の許に来てもらうようにすることになるので、あなたは兄弟の中にキリストを見るでしょう。

 And when He has appeared to you, you will be certain you are like Him, for He is the changeless in your brother and in you.
 そして、キリストがあなたに姿を現わすとき、あなたは自分がキリストと同じだと確信するでしょう。というのも、キリストこそ、あなたの兄弟とあなたの中にある不変なる存在だからです。



6. This will you look upon when you decide there is not one appearance you would hold in place of what your brother really is.
 あなたが、自分の兄弟の真の姿に置き換えて保ちたい外観などひとつも存在しないと決断したとき、あなたはこの不変なるキリストを見るでしょう。

 Let no temptation to prefer a dream allow uncertainty to enter here.
 夢のほうがましだという誘惑に負けて、不確実さをここに入りこませてはなりません。

 Be not made guilty and afraid when you are tempted by a dream of what he is.
 その兄弟をほかの誰かとして夢見たいという誘惑にさらされても、罪悪感を抱いたり怖がったりする必要はありません。

 But do not give it power to replace the changeless in him in your sight of him.
 ただし、その兄弟を見るに際して、彼の夢の姿に、彼の内なる不変なるキリストに取って代わる力を与えないようにしなさい。

 There is no false appearance but will fade, if you request a miracle instead.
 もしあなたがその代わりに奇跡を求めさえすれば、偽りの外観はどれもただ消え去ることしかできません。

 There is no pain from which he is not free, if you would have him be but what he is.
 もしあなたが兄弟をただありのままの彼でいられるようにすれば、彼はすべての苦痛から解放されます。

 Why should you fear to see the Christ in him?
 なぜあなたが、兄弟の中にキリストを見ることを恐れなければならないのでしょうか。

 You but behold yourself in what you see.
 あなたは自分が目にするものの中に、ただ自分自身を見るだけです。

 As he is healed are you made free of guilt, for his appearance is your own to you.
 兄弟が癒されるとき、あなたは罪悪感から解放されます。というのは、兄弟の姿がどのように見えるかがあなたにとって自分自身の姿となるからです。


名称未設定

次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)