レッスン226「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する」

レッスン221〜230 0

When I stand before God at the end of my life, I would hope that I would not have a single bit of talent left, and could say, 'I used everything you gave me. '
私が自分の人生の終わりに神の前に立ったとき、私は自分が天から授けられた才能をひとかけらも残さず使い果たしてこう言いたいと思っています。「私はあなたが私に与えてくれたすべてを使い切りました。」と。

Erma Bombeck
エルマ・ボンベック




レッスン226です。

「私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する」が今日のテーマです。



レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。


今日のレッスンは、何かにハマっている人がそこから抜け出すことを望む状態ならどんなものにもあてはまります。


1. もし私がそうすることを選ぶなら、私はこの会社から完全に去ることができる。

 この会社を去ることを可能にするのは、解雇されることではなく、仕事の目的について考え方を変えることだ。

 もし私が今見ているようにこの会社を価値あるものと信じるなら、会社は依然として私にとって価値あるものであり続けるだろう。

 しかし、もし私が会社を目にしても、会社に何の価値も見出さず、自分のものにしておきたいと望んだり、目標として探求したいと望むようなものを何も持たなければ、会社は私から去ってゆくだろう。

 というのも、私が真理に置き換わる幻想を探さなかったからだ。



1. もし私がそうすることを選ぶなら、私はこの男のもとから完全に去ることができる。

 彼から去ることを可能にするのは、関係が破綻することではなく、交際の目的について考え方を変えることだ。

 もし私が今見ているように彼を価値ある存在と信じるなら、彼は依然として私にとって価値を持ち続けるだろう。

 しかし、もし私が彼を目にしても、彼に何の価値も見出さず、自分のものにしておきたいと望んだり、目標として探求したいと望むようなものを何も持たなければ、彼は私から去ってゆくだろう。

 というのも、私が真理に置き換わる幻想を探さなかったからだ。



Lesson 226



My home awaits me. I will hasten there.
私の故郷が私を待っている。私は急いで帰郷する。



1. If I so choose, I can depart this world entirely.
 もし私がそうすることを選ぶなら、私はこの世界を完全に去ることができる。

 It is not death which makes this possible, but it is change of mind about the purpose of the world.
 この世界を去ることを可能にするのは、ではなく、世界目的に関する考え方を変えることだ。

 If I believe it has a value as I see it now, so will it still remain for me.
 もし私が今見ているようにこの世界価値あるものと信じるなら、世界は依然として私にとって価値あるものであり続けるだろう。

 But if I see no value in the world as I behold it, nothing that I want to keep as mine or search for as a goal, it will depart from me.
 しかし、もし、私が世界を目にしても、私が世界に何の価値も見出さず、私が自分のものにしておきたいと望んだり、目標として探求したいと望むようなものを何も持たなければ、世界は私から去ってゆくだろう。

 For I have not sought for illusions to replace the truth.
 というのも、私が真理の代わりになる幻想を探さなかったからだ。



2. Father, my home awaits my glad return.
 父よ、私の故郷は、私が喜んで帰郷するのを待っています。

 Your Arms are open and I hear Your Voice.
 あなたが歓迎してくれているので、私にはあなたの大いなる声が聞こえます。

 What need have I to linger in a place of vain desires and of shattered dreams, when Heaven can so easily be mine?
 天国がこんなにもたやすく自分のものになるというのに、私が空疎な願望や粉々に砕かれた夢のかけらしかないような場所にぐずついている必要などあるでしょうか。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)