レッスン229「私を創造してくれたのは愛であり、愛こそが私の本質だ」

レッスン221〜230 0

思いが「原因」で、体験はその「結果」です。もしあなたが人生に現れた結果が気に入らないのであれば、あなたの考えの性質を変えなければなりません。あなたのの中にがあれば、あなたの人生にはが生まれます。これが「天国」の意味です。
あなたのの中に恐れがあれば、あなたの人生には恐れが生まれます。これが「地獄」の意味です。
人生についてどう考えるか、その考え方をシフトすれば、人生の体験がシフトします。



マリアン・ウィリアムソン(「愛への帰還」49ページ)




レッスン229です。

「私を創造してくれたのはであり、こそが私の本質だ」が今日のテーマです。



レッスンに入る前に、特別解説1「赦しとは何か」をまずご覧ください。


「Love, which created me, is what I am.
 私を創造してくれたのは愛であり、愛こそが私の本質だ。」


この言葉には、私たちの神の子としてのアイデンティティーが凝縮されています。

愛とはすべてをひとつに結び合わせた状態と作用を意味します。

実在である愛は、そのほか、生命、光、神聖さ、強さ等々多様な顔を持ちますが、それらの本質は同じひとつの愛です。

神の子と同義である天国、王国は、すべてを持ち、すべてである状態ということでした。

創造とは分かち合う方法によって愛が自らの想念を拡張して増大する作用です。

愛である神が私を創造したということは、愛が自らの拡張として私=神の子という想念を抱いてそれを分かち合い、愛を増大させたということです。





Lesson 229


Love, which created me, is what I am.
私を創造してくれたのはであり、こそが私の本質だ。



1. I seek my own Identity, and find It in these words: "Love, which created me, is what I am."
 私は自分の真のアイデンティティー探求し、次の言葉の中にそれを見出す。それは「私を創造してくれたのはであり、こそが私の本質だ」という言葉だ。

 Now need I seek no more.
 もう私はこれ以上、何も探求する必要はない。

 Love has prevailed.
 が勝利したからだ。

 So still It waited for my coming home, that I will turn away no longer from the holy face of Christ.
 は本当に静かに私が帰郷するのを待っていたので、私はキリストの聖なる顔からこれ以上目を背けるつもりはない。

 And what I look upon attests the truth of the Identity I sought to lose, but which my Father has kept safe for me.
 そして、私の目にするものが、私が手放そうとしてきたけれど、私のために父が安全に保ってくれていたそのアイデンティティーこそが真理だと証明してくれる。



2. Father, my thanks to You for what I am; for keeping my Identity untouched and sinless, in the midst of all the thoughts of sin my foolish mind made up.
 父よ、私のばかげた思考が作りあげたどんなの思考にさらされようとも、あなたが私の真のアイデンティティーを無傷で潔白なまま保ってくれたおかげで、私が本当の私のままであることについて、私はあなたに感謝を捧げます。

 And thanks to You for saving me from them.
 そして、私を自分の愚かな思考から救ってくれてありがとうございます。

 Amen.
 アーメン。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)