レッスン236「私は、ただ私だけが支配しなければならない自分の心を支配する」

レッスン231〜240 0

民のいないになんの意味がある
国を頼むと民から託されているからこそ
俺はでいられるのだぞ
その民が、国など滅んでいいと言う
では俺は、なんのためにここにおるのだ!

十二国記 延 小松三郎尚隆



レッスン236です。

「私は、ただ私だけが支配しなければならない自分の支配する」が今日のテーマです。


まず、救済とは何かに目を通してから、レッスンに入りましょう。




私たちは、自分の王国支配するとしての責任を放棄して、臣下にすぎない諸々の願望が次々と私たちが空席にしている座に座って、各自が好き勝手に暴政を敷くのを容認しています。

私たち神の分霊たる魂との中の諸々の願望という思考とは精神的な想念であるという点では同じでも、本質的には異質なものです。

それは、神は光であり、その拡張である私たちの本質も光であるのに対して、願望は分離幻想によるエゴというスライドが光の前に置かれて色付けされて存在するように見えているだけの投影像、つまり、影であり、私たち光なくしては存在しえない虚構でしかないからです。

本来ひとつである神の大いなるが無数に分裂して小さなが生じたように見えても、大いなるを用いて思考するのが神という霊であるように、小さな心をスクリーンとして用いて思考するのは大いなる霊の一側面である魂です。

簡単に言えば、魂は生命そのものなのに対して、願望等の思考は魂の光を反映する生命の発露でしかなく、それ自体で生命を持つものではないという大きな相違があります。

魂が王座に就いているなら、王座から生命が流れ出し、王国の各機能が適切に成就されます。

これに対して、願望等の思考が王座に就いているのなら、その願望が魂の強い思いを受けて生命力を負託された程度次第では、しばらくは魂が王座にいるのと変わらない支配力を及ぼすことはできても、電池のようにいつかは空になってしまうので、やがて王国は枯れ果てて砂漠のように何も生み出せなくなります。

したがって、私たちの心は魂である私たち自身が支配しなければならず、魂である私たちとは光である神の分霊であるのだから、神とは異質な意志を持つものではなく、心を聖霊奉仕するよう捧げることしかできません。




Lesson 236



I rule my mind, which I alone must rule.
私は、ただ私だけが支配しなければならない自分の支配する。



1. I have a kingdom I must rule.
 私には自分で治めなければならない王国がある。

 At times, it does not seem I am its king at all.
 ときには、私がその王国であるようにはまったく思えないこともある。

 It seems to triumph over me, and tell me what to think, and what to do and feel.
 王国のほうが私を征服し、私に何を思い、何をし、何を感じるべきか命じているように思える。

 And yet it has been given me to serve whatever purpose I perceive in it.
 それでも、王国は、何であれ、私が王国に見出す目的を果たす役に立つようにと、私に授けられたものなのだ。

 My mind can only serve.
 私のはただ奉仕することができるだけだ。

 Today I give its service to the Holy Spirit to employ as He sees fit.
 今日、私は聖霊が私のにふさわしいと見るとおりに自分のを使ってもらうために、聖霊に私のを役立ててもらうことにする。

 I thus direct my mind, which I alone can rule.
 こうして、私は自分だけが支配できる私のを導く。

 And thus I set it free to do the Will of God.
 こうして、私は、神の大いなる意志をなすことができるように、自分の心を解放する。



2. Father, my mind is open to Your Thoughts, and closed today to every thought but Yours.
 父よ、私の心をあなたの大いなる思いへと開き、今日、あなたの思い以外のあらゆる思いに対して閉ざすことにします。

 I rule my mind, and offer it to You.
 私は自分の心を支配し、自分の心をあなたへと捧げます。

 Accept my gift, for it is Yours to me.
 私からの贈り物を受け入れてください。というのも、それはあなたから私に授けられた贈り物だからです。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)