レッスン239「わが父の栄光は私のものだ」

レッスン231〜240 0

謙虚さというのは、他のいかなる美徳よりも思い違いをされるものである。

ジョージ・サヴィル


過度に謙遜な人を真に受けてはいけない。ことに、自分で自分を皮肉るような態度を信用してはいけない。その背後には、たいがい虚栄心と名誉心の強烈な一服がひそんでいる。

カール・ヒルティ




レッスン239です。

今日のテーマは、「わが栄光は私のものだ」です。


まず、救済とは何かに目を通してから、レッスンに入りましょう。




「1. Let not the truth about ourselves today be hidden by a false humility.
 今日は、間違った謙虚さによって、私たちが本当は何者かという真理が隠されてしまわないようにしよう。」

しばしばコースでは、傲慢さと謙虚さについての誤解を解くようにと、両者の混同についての説明がなされます。

そもそも、自分が神の子であるという根本的なコースの主張自体が、通常人の感覚からすれば、常軌を逸したとんでもない狂気の沙汰です。

常識的に言って、神やキリストは自分たちとは無縁な高尚極まる存在で、自分たちはそのような神聖な存在によって救済してもらう必要のある愚かで深い出来損ないの卑小な生き物にすぎないし、たくさんいる人間や生き物の中で自分のことなど、神やキリストのような尊い存在がかまうはずがないと考えることは謙虚で正しいことだし、自分を神やキリストと同等視するなんて傲慢どころの次元ではない誇大妄想の極限で、狂気の沙汰もいいところだということになります。

この点については、レッスン61「私は世界の光だ」レッスン132「私は、これまで自分がこの世界はこうだと思いこんでいたすべての思考から、この世界を解放する」が参考になると思いますので、参照していただければと思います。

エゴとは、立ち位置があるべきところからずれているために、個性に光が正しく当たらずにできる影だと述べたことがあります。

個性自体は本来、価値中立で善も悪もないものですが、センタリングがまずくて、ふさわしい立ち位置からずれたエキセントリックなポジションにいるかぎり、光の当たらない裏の面が生まれ、その裏の面の側に色濃く影ができ、周囲が辟易するほど毒々しいエゴとなります。

このような人は、裏の面での自分の欠落を意識してしまい、真の自信を持てないので、目上の人には過剰にへりくだった謙虚な姿勢を取りつつ、自分より下に見ている人に対しては、見下した尊大な態度を取って心理的なバランスを取ろうとします。

正しくセンタリングができた小さな心は、自他一体感が基盤となるので、個性が光り輝きはしても、裏表はなく、周囲が毒気に当てられて困るということはありません。

このような人は、他者からの評価を受けなければ自我の安定を保てないということがないので、必要もなく傲慢になることも謙虚になることもありません。



健康な状態の身体では、体内の細胞たちには、さまざまな個性の大きな相違はあっても、ほとんど自己主張がありません。

無我の境地で細胞各自が粛々と自らの役目を幸せに果たしています。

これが、虫歯になったり、切り傷ができたり、感染症になったり、癌化したりして、激しい痛みを特定の部位が訴えて、人体内の特定の細胞や器官が自己を強烈に主張している状態は、身体の一部に不具合が生じている不健康状態です。

自分が本当は神の子であるという正しいアイデンティティーを持つことは、個としての自分、アバターへの自己同一化を解いて正しくセンタリングすることであり、我を真の自己に据えることによって、個としての小さな自己を持つアバターを健康な状態の細胞と同じような位置に置いて、個としての自分に囚われずに、全体に奉仕することに幸せを感じる無我の境地に至ることです。


Lesson 239



The glory of my Father is my own.
わが栄光は私のものだ。



1. Let not the truth about ourselves today be hidden by a false humility.
 今日は、間違った謙虚さによって、私たちが本当は何者かという真理が隠されてしまわないようにしよう。

 Let us instead be thankful for the gifts our Father gave us.
 その代わりに、私たちのなる神が私たちに与えてくれた贈り物に感謝することにしよう。

 Can we see in those with whom He shares His glory any trace of sin and guilt?
 神が神の栄光を分かち合う者たちの中に、少しでも罪悪感の痕跡を見ることなど、私たちにできるだろうか。

 And can it be that we are not among them, when He loves His Son forever and with perfect constancy, knowing he is as He created him?
 わが子が自分の創造したままだと知っている神が、永遠にまったく変わらないまま神の子を愛しているというのに、神の栄光を分かち合う者たちの中に私たちが含まれていないということがありうるだろうか。



2. We thank You, Father, for the light that shines forever in us.
 よ、永遠に私たちの中に輝く光について、私たちはあなたに感謝します。

 And we honor it, because You share it with us.
 そして、私たちはその光を尊びます。なぜなら、あなたがその光を私たちと分かち合ってくれるからです。

 We are one, united in this light and one with You, at peace with all creation and ourselves.
 私たちはひとつです。この光の中で結び合わされて、あなたとひとつであり、あらゆる創造物と私たち自身と調和しています。



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)