レッスン247「赦しなくしては、私は依然として盲目のままだろう」

レッスン241〜250 0

Everything has a lesson. Whether you can find it.
どんなことも教訓を宿している。問題は君にそれを見つけられるかどうかだ。


Lewis Carroll
ルイス・キャロル




レッスン247です。

赦しなくしては、私は依然として盲目のままだろう」が今日のテーマです。




まず、世界とは何かをご覧ください。



私たちは、肉眼でものを見て、自分は見えていると思っています。

しかし、私たちは、エゴ・身体というアバターを本当の自分だと自己同一視することで、世界や他者を自分と分離し、他者や自分の罪で世界を穢し、自分が本当は神の子であるという真理が見えなくなって盲目になっています。



AR拡張現実)とVR(仮想現実)というIT技術があります。

ARは、一時期大流行したポケモンGoのようなスマホやARグラスを介して現実の世界に仮想の視覚情報を重ねる技術であるのに対し、VRは、ゴーグル等のVR機器を用いて感覚器官を全面的に占拠してクローズドな架空世界にリアリティを付与する技術です。

私たちが現実だと思って生きているこの世界は、幻想で塗り潰されたVR世界ですが、赦しによってキリストのヴィジョンを得て見る真の世界は、神の現実である天国が透けて見えるAR世界のようなものだと言えるかもしれません。

情報テクノロジーの進化には目を見張るものがあります。

科学技術は人工的なものの極致であり、一見、コースの語るような神やキリストが登場する精神世界や宗教の分野とは対極にあるような印象があるかもしれません(環境破壊的な人類の進化も蟻塚と同じくらい「自然」の一部であることについてはT27-1 磔刑の絵)。

しかし、現在の情報化の進展は、電子機器の助けを借りるという形で、人間世界の霊化に向かっているのは明らかでしょう。

霊的世界は、想念の世界であり、時間や空間を超越し、思いが即座に実現する世界であり、今後、世界はどんどん霊的世界に近いものへと変貌を遂げてゆくでしょう。


とはいえ、自他分離意識が残るかぎりは、この世界がどれだけ霊化しようが、霊的世界の課題をそのままこの世界が引き継ぐことになるだけで、技術進化という環境面のお膳立てだけで自他一体の境地を獲得するのは難しいでしょう。

別の箇所(M8 簡単な奇跡と難しい奇跡ってあるの?レッスン133「私は、無価値なものに価値を置かないことにする」)でも触れましたが、霊的世界は(神の現実には至らない、個別の霊魂の存在する低次のものでも)思いが即座に実現する世界なので、思考を正しく上手に行える魂に比べて、思考が下手くそな魂はどうしても地獄の住人になってそこから抜け出せなくなってしまいます。

肉体の壁のない想念の世界だからといって必ずしも分かち合いの実現は容易ではありません。

私たち未熟な魂は、どうしても自分の殻に閉じこもって、他者の善意を自分への攻撃だと曲解して防衛姿勢をとってしまうので、他者の経験を自らの学びとして取り込むことが難しく、力になろうという他の魂が差し延べる支援もなかなか役に立ちません(なお、魂は究極的には実在しないのであり、本当は魂に未熟も成熟もなく、すべての魂は神の子が錯覚した自分の分霊、壮大な多重人格障害でしかなく、他者と自分は同じ存在だということは忘れてはなりません。)。

結局、自分で痛い目に遭ってそこから教訓を得て、学びを少しずつ進めていくしかなく、霊的世界では、思いが即時に実現するという究極の引き寄せ状態が仇となって(意識レベルの同調する者同士で他者の学習成果を転移する際にはとても効率的ではあっても、)、かえって、学びが遅々として進まない嫌いがあり、そのために、この世界のような時空によるバッファーを設けて思考の実現に遅延が生じて思い直しができるように設計された場所のほうが、自分で壁にぶち当たってフィードバックを受けながら学ぶうえでは効率的だといえます。

したがって、私たちは、世界の霊化に期待して、自分はがんばらなくても世界が勝手に進化してくれるから大丈夫だと、あぐらをかいているわけにはいきません。

結局、この世でもあの世でも、私たちの学びを妨げる最大の要因は分離意識です。

分離意識を「見える化」した分離の極致であるこの世界を使ってこそ、むしろ分離が錯覚であることがあの世よりも会得しやすいのかもしれません。









Lesson 247



Without forgiveness I will still be blind.
赦しなくしては、私は依然として盲目のままだろう。



1. Sin is the symbol of attack.
 罪は攻撃の象徴だ。

 Behold it anywhere, and I will suffer.
 罪をどこかに見ているかぎり、私は苦しむだろう。

 For forgiveness is the only means whereby Christ's vision comes to me.
 というのも、赦すことによってのみ私はキリストのヴィジョンを得ることができるからだ。

 Let me accept what His sight shows me as the simple truth, and I am healed completely.
 キリストの視覚が私に単純な真理として示してくれるものを私が受け入れられますように。そうすれば、私は完全に癒されます。

 Brother, come and let me look on you.
 兄弟よ、私のところに来て、私にあなたを見せてください。

 Your loveliness reflects my own.
 あなたの素晴らしさは、私の素晴らしさの反映です。

 Your sinlessness is mine.
 あなたの罪のなさは私の罪のなさです。

 You stand forgiven, and I stand with you.
 あなたは赦されています。そして、私はあなたとともにいます。



2. So would I look on everyone today.
 私は今日、みんなのことをこのように見ることにします。

 My brothers are Your Sons.
 私の兄弟たちは、あなたの子供たちだからです。

 Your Fatherhood created them, and gave them all to me as part of You, and my own Self as well.
 あなたの大いなる父性があなたの子供たちを創造し、彼らみんなをあなたの一部として、そしてまた、私自身の大いなる自己の一部として私に与えてくれました。

 Today I honor You through them, and thus I hope this day to recognize my Self.
 今日、私は彼らを通してあなたを尊び、そうすることで、今日という日が私の大いなる自己に気づかせてくれることを望みます。

名称未設定



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)