レッスン257「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください」

レッスン251〜260 0


君には君の霊以外に真の所有物はないことを肝に銘ずるがよい。断固として最上の生活形態を選べ。



ピタゴラス



レッスン257です。

「自分の目的が何なのか、私に思い出させてください」が今日のテーマです。




まず、罪とは何かをご覧ください。


神の平安に達するという目的を心に掲げて忘れずにいれば、その手段となる赦し以外の役目は、目的達成を促進するどころか阻害するだけなので、次第に目的矛盾するものとして、思考と行動から外れてゆくことになります。

心に掲げるといっても、日常の忙しさに紛れて、朝、今日1日はこの目的を忘れないようにしようと誓ったはずなのに、夜落ち着いて寝る間際になってようやく思い出すということもありえるし、むしろ、忘れるほうが自然なことです。

だから、忘れることに罪悪感を抱く必要はまったくありません。

ただし、自分なりの忘れてしまうパターンを経験的に見極めて、備忘のための仕組みづくりをすることは重要です。

指輪やアクセサリーや身に付けるものにリマインドのための言葉を刻印したり、象徴となる印を日常的に目にするところに配置する、スマホの待ち受け画面やアラーム機能やアプリを活用する、スマートウォッチを使うなど、自分にあった備忘システムを見つけられるとよいでしょう。



Lesson 257



Let me remember what my purpose is.
自分の目的が何なのか、私に思い出させてください。



1. If I forget my goal I can be but confused, unsure of what I am, and thus conflicted in my actions.
 もし私が自分の目標を忘れてしまったら、自分が何者なのか確信が持てなくなり、そのために自分の行動が矛盾してしまって、私は混乱せずにはいられない。

 No one can serve contradicting goals and serve them well.
 誰であれ、矛盾する目標を掲げながら、両方の目標をともにうまく果たすことのできる者はいない。

 Nor can he function without deep distress and great depression.
 しかも、彼は役目を果たそうとして、深刻な苦悩や深刻な憂鬱感を持たずにはいられない。

 Let us therefore be determined to remember what we want today, that we may unify our thoughts and actions meaningfully, and achieve only what God would have us do this day.
 だから、今日は、自分が何を望んでいるのか思い出すことに決めよう。そうすれば、私たちは、自分たちの思考と行動を有意義に統一して、この日に神が私たちになさせようとすることだけを成し遂げられるだろう。



2. Father, forgiveness is Your chosen means for our salvation.
 父よ、赦しこそ、私たちの救済のためにあなたが選んでくれた手段です。

 Let us not forget today that we can have no will but Yours.
 私たちがあなたの意志以外にはいかなる意志も抱くことができないことを、今日、私たちが忘れないようにさせてください。

 And thus our purpose must be Yours as well, if we would reach the peace You will for us.
 したがって、もし私たちがあなたが私たちのために意図する平安に到達することを意図するとすれば、私たちの目的は、あなたの目的でもあるに違いありません。


名称未設定



それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)