レッスン258「自分の目的地が神であることを私に思い出させてください。」

レッスン251〜260 0

The goal of prayer is the ear of God, a goal that can only be reached by patient and continued and continuous waiting upon Him, pouring out our heart to Him and permitting Him to speak to us.
祈りは最終的にの耳に辿り着くべきです。この目的地には、忍耐強く絶え間なく持続してを待ち続け、私たちの心をに注ぎ続けてが私たちに語りかけられるようにすることによってのみ到達できます。

Only by so doing can we expect to know Him, and as we come to know Him better we shall spend more time in His presence and find that presence a constant and ever-increasing delight.
そうすることによってのみ、私たちはを知ることを期待できます。そして、私たちがをよりよく知るにつれ、私たちは神の臨在においてより時を過ごすようになり、神の臨在に、絶え間なくいや増すばかりの喜びを見出すようになります。



E.M. Bounds
エドワード・マクケンドリー・バウンズ




レッスン258です。

「自分の目的地が神であることを私に思い出させてください。」が今日のテーマです。




まず、罪とは何かをご覧ください。


自分の真の目標を追い求めるためには、それを紛らわせる偽りの目標を排除すること、そして、真の目標を明確に掲げることが必要です。

そして、この真の目標は神を思い出すことであり、私たちの目指す最終目的地は神です。

よく自己啓発本で、「目的」とマイルストーンとしての「目標」と目標を目指して進む歩みとしての「課題」等の定義付けと区別の重要性が語られたりします。

この点で、"goal"を「目標」と訳すと違和感を覚えるという方もいるかもしれません。

今回のテーマは神への到達という究極の課題なので、「目標」ではなく「目的地」にしてみました。





Lesson 258



Let me remember that my goal is God.
自分の目的地がであることを私に思い出させてください。



1. All that is needful is to train our minds to overlook all little senseless aims, and to remember that our goal is God.
 必要なのは、あらゆる卑小で無意味な目的の数々を無視するよう私たちの心を訓練して、自分たちの目的地がであることを思い出すことだけだ。

 His memory is hidden in our minds, obscured but by our pointless little goals which offer nothing, and do not exist.
 ただ単に、何ももたらさず、存在もしないような私たちの的外れな取るに足らない目標にぼやかされているだけで、神の記憶は私たちの個別の心の中に隠されている。

 Shall we continue to allow God's grace to shine in unawareness, while the toys and trinkets of the world are sought instead?
 私たちは、この世界のおもちゃのようなガラクタを追い求めたまま、その間も輝きを放ち続けている神の恵みに気づかないままでいてよいのだろうか。

 God is our only goal, our only Love.
 こそ、私たちの唯一の最終目的地であり、私たちの唯一の大いなるだ。

 We have no aim but to remember Him.
 私たちは、思い出すこと以外にはいかなる目的も持っていない。



2. Our goal is but to follow in the way that leads to You.
 私たちが目指すのは、ただあなたへと至る道を辿ることだけです。

 We have no goal but this.
 私たちには、これ以外の目的地はありません。

 What could we want but to remember You?
 はたして私たちに、あなたを思い出すことをおいてほかに、何を望むことができるというのでしょう。

 What could we seek but our Identity?
 自分たちの真のアイデンティティーのほかに、いったい何を私たちが求めることができるでしょう。


名称未設定


それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (237)
┣  レッスン1〜10 (11)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (159)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (16)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)