レッスン272「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」

レッスン271〜280 0

権威は、それが信念や伝統の権威であろうと、あるいは道徳と呼ばれている習慣によるものであろうと、どれも邪悪なのである。

ジッドゥ・クリシュナムルティ




レッスン272です。

「どうして幻が神の子を満足させられるだろうか」が今日のテーマです。




まず、キリストとは何かをご覧ください。


アバターである私たちはエゴに支配されているので、自分の欲望を満たしさえしてくれるなら、幻でも十分お腹いっぱいになれるように思います。

というよりも、真理なんかよりも、自分が思う存分美しく、力強く豊かで、他者から賛美されて、やりたい放題できる権力も得られるのであれば、そっちのほうがずっといいように思います。

これはエゴからすればもっともな思考であり、身体の目というアバターのカメラから世界を見ているかぎり、この発想から逃れる術(すべ)はないままでしょう。

ここからの脱出は、はたらく細胞的な観点で言えば、自分のアイデンティティーを体内世界の一細胞・一器官からその人体を所有する魂へとシフトしないかぎりはありえません。

はてしない物語の後半のバスチアンの歩みを振り返って、ぜひ「汝の欲することをなせ」とのアウリンの裏に刻まれた言葉の意味を考えていただきたいと思います。

バスチアンと色のある死グラオーグラマーンの次の対話に耳を傾けてみましょう。

〜〜〜
それからまた数日後、少年とライオンはもう一度、とても大事なことをはなしあった。

バスチアンはライオンに宝のメダルの裏に記された文字を見てたずねた。「これは、どういう意味だろう?『汝の 欲する ことを なせ』というのは、ぼくがしたいことはなんでもしていいっていうことなんだろう、ね?」

 グラオーグラマーンの顔が急に、はっとするほど真剣になり、目がらんらんと燃えはじめた。

 「ちがいます。」あの、深い、遠雷のような声がいった。「それは、あなたさまが真に欲することをなすべきだということです。あなたさまの真の意志を持てということです。これ以上にむずかしいことはありません。」

 「ぼくの真の意志だって?」バスチアンは心にとまったそのことばをくりかえした。「それは、いったい何なんだ?」

 「それは、あなたさまがご存じないあなたさまご自身の深い秘密です。」

 「どうしたら、それがぼくにわかるだろう?」

 「いくつもの望みの道をたどってゆかれることです。一つ一つ、最後まで。それがあなたさまをご自分の真に欲すること、真の意志へと導いてくれるでしょう。」

 「それならそれほどむずかしいとも思えないけど。」バスチアンはいった。

 「いや、これはあらゆる道の中で、一番危険な道なのです。」ライオンはいった。

 「どうしてだい?」バスチアンはたずねた。「ぼくは怖れないぞ。」

 「怖れるとか怖れないとかではない。」グラオーグラマーンは声を荒げていった。「この道をゆくには、この上ない誠実さと細心の注意がなければならないのです。この道ほど決定的に迷ってしまいやすい道はほかにないのですから。」

 「それは、ぼくたちの持つ望みがいつもよい望みだとはかぎらないからかい?」

 ライオンは尻尾でそばの砂をぴしゃりと打った。そして耳を伏せ鼻にしわを寄せた。目は火を吹いていた。つづいてグラオーグラマーンがまたあの大地をゆるがす声を発したとき、バスチアンは思わず頭をすくめた。

 「望みとは何か、よいとはどういうことか、わかっておられるのですかっ?」
〜〜〜
(「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ作 上田真而子 佐藤真理子 訳 岩波書店 317頁より引用)

T24-1 愛の代用としての特別性


「英雄の旅」も参考になると思います。






Lesson 272


How can illusions satisfy God's Son?
どうして幻が神の子を満足させられるだろうか。



1. Father, the truth belongs to me.
 父よ、真理は私のものです。

 My home is set in Heaven by Your Will and mine.
 あなたの大いなる意志と私の意志によって、わが家のありかは天国と決まっています。

 Can dreams content me?
 が私を満足させられるでしょうか。

 Can illusions bring me happiness?
 幻想が私に幸福をもたらせるでしょうか。

 What but Your memory can satisfy Your Son?
 あなたの記憶以外のいったい何があなたの子を満足させられるでしょうか。

 I will accept no less than You have given me.
 私は、あなたが私に授けてくれたものに満たないものを受け入れるつもりはありません。

 I am surrounded by Your Love, forever still, forever gentle and forever safe.
 私はあなたの大いなる愛に包みこまれて、永遠に静けさの中にあり、永遠に穏やかで、永遠に安全です。

 God's Son must be as You created him.
 神の子は、あなたが彼を創造したままであるに違いありません。



2. Today we pass illusions by.
 今日、私たちは、幻想を通り過ぎます。

 And if we hear temptation call to us to stay and linger in a dream, we turn aside and ask ourselves if we, the Sons of God, could be content with dreams, when Heaven can be chosen just as easily as hell, and love will happily replace all fear.
 そして、もし自分たちをの中に留めて長居させようと誘惑する呼びかけを私たちが聞いたなら、私たちはそれを受け流して、次のように自問します。地獄を選ぶのと同じくらい容易に天国を選ぶことができ、あらゆる恐怖が喜びに満たされて愛に置き換わるというのに、神の子である私たちがなどで満足していられるだろうか、と。


名称未設定

それでは、ブリトニーさんのレッスンです。



次

関連記事

気に入ったらシェア!

  • B!
  • LINE
  •         
 松山 健 Matsuyama Ken
この記事を書いた人:  松山 健 Matsuyama Ken

コメント0件

コメントはまだありません
未分類 (11)
奇跡のコース (6)
書籍 (4)
朗読 (1)
映画 (2)
アフォリズム (11)
教材 (3)
ネット (1)
テキスト (262)
┣  テキスト第1章(奇跡の意味) (7)
┣  テキスト第2章(分離と贖罪) (8)
┣  テキスト第3章(潔白な知覚) (7)
┣  テキスト第4章(エゴという幻想) (8)
┣  テキスト第5章(癒しと完全性) (8)
┣  テキスト第6章(愛のレッスン) (8)
┣  テキスト第7章(王国の贈り物) (11)
┣  テキスト第8章(戻りの旅路) (9)
┣  テキスト第9章(贖罪の受容) (8)
┣  テキスト第10章(病の偶像) (6)
┣  テキスト第11章(神かエゴか) (9)
┣  テキスト第12章(聖霊のカリキュラム) (8)
┣  テキスト第13章(罪なき世界) (12)
┣  テキスト第14章(真理のための教え) (11)
┣  テキスト第15章(神聖な瞬間) (11)
┣  テキスト第16章(幻想を赦す) (7)
┣  テキスト第17章(赦しと神聖な関係) (8)
┣  テキスト第18章(夢の消滅) (9)
┣  テキスト第19章(平安の達成) (9)
┣  テキスト第20章(神聖さのヴィジョン) (8)
┣  テキスト第21章(理性と知覚) (9)
┣  テキスト第22章(救いと神聖な関係) (7)
┣  テキスト第23章(自分自身との戦い) (5)
┣  テキスト第24章(特別であるという目標) (8)
┣  テキスト第25章(神の正義) (9)
┣  テキスト第26章(移行) (10)
┣  テキスト第27章(夢を癒す) (8)
┣  テキスト第28章(恐れを取り消す) (7)
┣  テキスト第29章(目覚め) (9)
┣  テキスト第30章(新たなる始まり) (8)
┗  テキスト第31章(最後のヴィジョン) (8)
ワークブック・パート① (238)
┣  レッスン1〜10 (10)
┣  レッスン11〜20 (10)
┣  レッスン21〜30 (10)
┣  レッスン31〜40 (10)
┣  レッスン41〜50 (10)
┣  レッスン51〜60 (11)
┣  レッスン61〜70 (10)
┣  レッスン71〜80 (10)
┣  レッスン81〜90 (11)
┣  レッスン91〜100 (10)
┣  レッスン101〜110 (10)
┣  レッスン111〜120 (11)
┣  レッスン121〜130 (10)
┣  レッスン131〜140 (10)
┣  レッスン141〜150 (11)
┣  レッスン151〜160 (10)
┣  レッスン161〜170 (10)
┣  レッスン171〜180 (11)
┣  レッスン181〜190 (11)
┣  レッスン191〜200 (10)
┣  レッスン201〜210 (11)
┗  レッスン211〜220 (10)
ワークブック・パート② (158)
┣  ワークブック・パート②特別解説 (15)
┣  レッスン221〜230 (10)
┣  レッスン231〜240 (10)
┣  レッスン241〜250 (10)
┣  レッスン251〜260 (10)
┣  レッスン261〜270 (10)
┣  レッスン271〜280 (10)
┣  レッスン281〜290 (10)
┣  レッスン291〜300 (10)
┣  レッスン301〜310 (10)
┣  レッスン311〜320 (10)
┣  レッスン321〜330 (10)
┣  レッスン331〜340 (10)
┣  レッスン341〜350 (10)
┣  レッスン351〜360 (10)
┗  レッスン361〜365 (3)
マニュアル (42)
心理療法 (13)
用語解説 (8)
祈りの歌 (15)